ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

令和元年関門海峡花火大会の穴場7+7選と見どころや有料情報をご紹介!

2019/04/07

 

山口県下関市と九州最北端の門司港の間にある
関門海峡で行われる夏の風物詩、関門海峡花火大会は、
毎年規模を拡大して両岸で合わせて15000発もの花火が打ち上げられます。

両岸から競うように打ち上げられる、
めくるめく花火のオンパレードは圧巻です。

関門海峡花火大会は、
西日本の花火大会の中では最大級の規模と言われていて、
毎年、120万人以上の来場者数を誇る人気の花火大会です。

門司側は玉の連発音楽花火
下関側は尺5寸の大玉打ち上げ、水中花火などが見どころですね♪

海岸からでも、
山の上からでも眺められるので、
花火と一緒に夜景を楽しむ事が出来ます。

そこで、
令和元年の関門海峡花火大会の開催日程や有料情報、
おススメの穴場スポットや見どころ、
駐車場や交通規制情報などをご紹介します♪

 

 

スポンサーリンク

関門海峡花火大会の令和元年の基本情報

関門海峡の沖合い300mの台船から競うよう
打ち上げられる海上花火のオンパレードは大変美しく、
見るものを魅了します。

 

関門海峡周辺の夜景と共
関門海峡花火大会のコラボが人気の秘密ではないでしょうか。

●開催日:2019年8月13日(火)

※雨天決行、荒天中止となります。

 

●開催時間:19:50~20:40

 

●開催場所:関門海峡

○福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)

電車で行く場合はJR門司港駅から徒歩5分ほどになります。

○山口県下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺

電車で行く場合はJR下関駅から徒歩15分ほどになります。

 

●打ち上げ数:約15000発(門司側・下関側の合計)

○門司港側:7,500発

○下関側 :7,500発

 

●昨年の来場者数:120万人(門司側と下関側あわせて)

●所在地:福岡県北九州市門司区 西海岸埋立地

●問い合わせ先:093-331-8781(海峡花火大会実行委員会)

●駐車場:会場周辺の駐車場は基本的にありません

●交通規制:あり(17:00~24:00、会場周辺)

●公衆トイレ:会場内に仮設トイレ100基

 

 

 

関門海峡花火大会の見どころは?

関門海峡ではじめて花火が打ち上げられたのは、1985年。

「下関21世紀協会」が帰省してくる人たちを迎えるためにはじめました。

そして、1998年には門司側で
「みなと・鉄道100年記念」として花火大会を開催。

このときから合同イベントとして、
打ち上げのタイミングを合わせて
花火が打ち上げられるようになりました。

打上数15000発も、全国屈指の規模です。

とにかく、スケールが大きいです!

フィナーレに打ち上げられる超特大花火は、
開花直径が450mもの大きさで、その大きさがいかに大きいかが分かります。

 

超特大の大きさに大きな感動が生まれますよ♪

本州と九州を結ぶ、
貿易都市の夜景の全てを一度に
堪能でき、お互いが競うように、打ち上げる花火は必見です。

 
 


スポンサーリンク






 
 

関門海峡花火大会の有料情報

下関側の有料席

有料チャリティエリア

 ○一般入場料…500円(1人)

 ○特別観覧席…1,000円(1人・但し小学生以上)

詳しくは、「一般財団法人 下関21世紀協会(083-223-2001)」まで♪

 

 

門司側の有料席

○協賛金      :1口    5,000円  1口につきイス1脚 新聞にお名前掲載

○特別協賛金    :1口 12,000円    1口で5人座れる桟敷席

○特別協賛金(S席):1口 15,000円   最前列限定5人座れる桟敷席

○ペア席      :1口   7,000円  1口につきペア椅子席1脚(二人)

○環境整備協力席A :1口   1,000円

○環境整備協力席B :1口    500円

 

環境整備協力席については指定席などはなく、
エリア内での自由観覧となっています。

門司側についての詳細は
「海峡花火大会実行委員会門司(093-331-8781)」まで♪

 
 


スポンサーリンク






 
 

関門海峡花火大会の穴場門司側7選と下関側7選

門司側の穴場スポット

○和布刈公園・ノーフォーク広場

門司城址にある広場です。

左には門司港側から打ち上がる花火、
右には下関側から同時に打ち上がる花火が見られる穴場スポット。

打ち上げ場所から数キロ離れてるから、音は小さめ。

 

 

 

○文字ケ関公園

ノーフォーク広場駅から
ノーフォーク広場へ行く途中に小さな公園があります。

花火の直線上からは少しそれますが、
打ち上げが見られる観賞スポットです。

 

 

 

○風師山の展望広場

門司港側で、関門海峡と門司港の夜景、

下関の夜景をいっぺんに楽しむことができる

おすすめの穴場スポットは、風師山の展望広場です。

景色がとても美しいのでカップルにもおすすめです♪

 

 

 

○芝生広場

あまり知られていませんが、
パーキングエリアの駐車場奥に芝生スペースがあり
ベンチなどが設置されています。

右手の木々が邪魔をして、
下関側の花火は見えづらいですが、
門司側の花火は良く見えます。

シートを敷いてビールを飲みながら、
のんびりと鑑賞なんてことも可能です。

 

 

 

○九州鉄道記念館の西駐車場

少しビルが邪魔になるときもあるけど、
車を駐車したまま花火を見られる穴場スポット。

少し移動して線路をまたぐ橋まで出ると、
屋台街がある西海岸に出られるみたいです。

 

 

 

○片上海岸

下関の夜景と花火のコラボが
たっぷり楽しめるおすすめの穴場スポットです。

早めに現地入りして場所取りをすれば
いいポジションで花火が堪能できると思いますよ。

 

 

 

○めかりパーキングエリア

駐車場が満車になっていると

PAには入れなくなる可能性が高いので注意が必要。

下関側の花火も見える人気の穴場スポット!

 

 

 

下関側の穴場スポット

○火の山公園

山頂からの展望は格別で
瀬戸内海や日本海が一望
できます。

18時前にはついておかないと、
花火を見る人でいっぱいになっちゃうみたいです。

 

 

 

○巌流島

前もって計画を立ててほしい穴場ですね!

混雑しないし、
巌流島で見る花火はかなり迫力があります!

門司港レトロ内桟橋か、下関の唐戸桟橋から
関門汽船の巌流島行き渡船
が出ています。

 

 

 

○海響館

出口のところが前面ガラス張りになっているから、

花火は見れるし、
しかもクーラーが効いてるから涼しく花火観賞ができます。

 

 

 

○壇ノ浦パーキングエリア

壇ノ浦パーキングエリアそのものは有名なスポットであります。

しかも、お昼前後には車でのパーキングエリアの入場制限がかかるため、

良い場所を確保するためには、

暑い中で午前中から場所取りをする必要があります。

また、花火大会開始前後は
関門橋や周辺の料金所なども大変な渋滞が発生します。

しかし、壇ノ浦パーキングエリアは外部から
徒歩で入場することができる珍しいサービスエリアでもあるのです。

 

特に門司方面の花火が良く見えます。

 

 

 

○あるかぽーと下関・カモンワーフ周辺

 

 

 

○海峡ゆめタワー

 

 

 

○唐戸市場

唐戸市場は、新鮮魚介類など販売するお店が並ぶ市場です。

また2階にはその新鮮魚介類を使ったお寿司の店などがあり、
その場で新鮮な魚を食べることができます。

市場前は、
お隣のカモンワーフと一体化したオープンデッキになっており、
海峡を行き交う船や九州と繋がる関門橋を真近に見ることができます。

 

 

 

 

 

関門海峡花火大会会場までのアクセス

門司側へのアクセス方法

○門司会場:JR門司港駅から徒歩5分 


○門司港周辺の駐車場

門司港側はJR門司港駅のすぐそばが会場ですので、
車で行く方は小倉などで車を駐車してから電車で行くのがおすすめです。

○門司側の交通規制

西海岸埋立地へは、13時から車両進入禁止です。

 

 

下関側へのアクセス方法

○下関会場:JR下関駅から徒歩15分

 

○下関側の駐車場

当日17時~深夜0時まで、
JR長府駅前の下関市競艇場の駐車場をご利用ください。

長府以遠また勝山方面の方は駐車後、
JR線、またはバスを利用して快適に花火会場へ行き帰りできます。

特に花火終了後は市内中心部の交通が麻痺しますので、

公共交通機関を使っての移動が大変に便利です。

○下関中心部交通規制

・午後4時~午後10時30分:唐戸から細江周辺

・下関海峡交番周辺は、午前9時から午後11時30分迄一部規制区域有り

・JR下関駅前、人口地盤下「山口銀行駐車場・

・ヴェルタワー下関からJR下関駅前までの全て」

・8月13日19:00~23:00迄全面車両通行止め(歩行者専用)となります。

 

 

 

海峡花火大会開催に伴う渋滞等について

8月13日海峡花火大会開催のため、
めかりパーキングエリア(門司側)・壇ノ浦パーキングエリア(下関側)は、
当日のお昼頃から夜にかけて非常に混雑して、
利用できない場合がありますのでご注意ください。

休憩施設のご利用は、
隣の吉志パーキングエリア(九州自動車道)
王司パーキングエリア(中国自動車道)をご利用下さい。

また、花火大会開催時は、
下関インターを中心に高速道路の本線も渋滞が予想されます。

 
 


スポンサーリンク






 
 

最後に

関門海峡花火大会は2か所会場を利用して
約1万5000発の花火を使用する日本最大級の花火大会です。

アクセスの良さもさることながら、
関門海峡という恵まれたロケーションで、
関門海峡と下関、門司港の夜景
一緒に楽しむことができるのが最大の魅力です。

 

絶対に見る価値があるので、
興味のある方は是非見に来てくださいね♪

 

◆こんな記事も読まれています

勝毎花火大会の2018年穴場5選と見どころや有料情報をご紹介!

2018年川越花火大会の穴場10選と見どころや有料情報をご紹介!

いせさき花火大会の2018年穴場16選と見どころや有料情報をご紹介!

益城町花火大会の2018年穴場と見どころや有料情報をご紹介!

木更津港まつり花火大会の穴場7選・2018日程と見どころや有料情報はこちら!

 
 


スポンサーリンク






 
 

-花火大会
-, , , , , , ,

スポンサーリンク