ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

令和元年隅田川花火大会の穴場12選と見どころや花火がよく見えるレストランは!

2019/04/08

日本の風物詩の代表的なものといえば花火ですよね。

第1会場及び第2会場含めて約2万発の花火が夜空を彩ります。

花火職人の技能と伝統は現在まで引き継がれ、
隅田川花火大会では花火コンクールが行われますね♪

隅田川花火大会の第一会場では、
「花火コンクール」が開催され、
様々な芸術花火を鑑賞できます。

隅田川花火大会の第二会場では、
創作花火やスターマインが大きな見どころになっています。

 

2012年からはスカイツリーの姿と一緒に花火を楽しめたり、
スカイツリーから花火を楽しむこともでき、
新たな見どころとなっています!

関東だけでなく全国的に有名な隅田川花火大会の内容、
2018年の日程・時間、見どころ、穴場、交通規制情報などをご紹介いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会の基本情報

●日程:2018年7月27日(土)

 

●時間:19:05~20:30(予定)

※荒天の場合には、翌日の28日(日)に順延されます。

 

●場所

第一会場:桜橋下流~言問橋上流

第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

 

●花火の打ち上げ数

第一会場:10,350発

第二会場:11,650発

 

●予想来場者数:95万人以上

 

●アクセス

第一会場:

東武スカイツリーライン-スカイツリー駅から徒歩13分ぐらい

東武スカイツリーライン-曳舟駅から徒歩15分ぐらい

東武スカイツリーライン-東向島駅から徒歩20分ぐらい

京成押上線-京成曳舟駅から徒歩20分ぐらい

 

第二会場:

東武線・都営線・東京メトロ-浅草駅から徒歩10分ぐらい

都営浅草線-本所吾妻橋駅から徒歩10分ぐらい

都営線-蔵前駅から徒歩10分ぐらい

都営線、JR総武線-両国駅から徒歩10分ぐらい

 

 

 

 

 

隅田川花火大会の見どころ

「隅田川花火大会」の歴史
なんと江戸時代から続いています。

1733年(享保18年)から始まり、
280年以上の歴史を持っている花火大会は
ちょっと他ではみられません。

 

なんといっても日本最古の花火大会です。

江戸っ子たちが粋に掛け声をあげて
夜空に咲く一瞬の大輪を楽しんだのでしょうね。

打ち上げされる花火の合計は2万発以上!

2017年は、
第一会場で10,350発、
第二会場で10650発が打ち上がりました。

そのなかにはコンクール玉というものがあり、
こちらは競技大会用の花火になります。

第一会場で打ち上がるのですが、
全国の花火師が腕によりをかけて作り上げた
渾身の一発が炸裂するのです。

BGMに合わせて打ち上がるスターマインなども素敵ですが、
是非こちらのコンクール玉にも注目して観てください。

 


スポンサーリンク






 
 

いにしえの時代からの花火を堪能しませんか?

今からたった100年ちょっと前なのに、
江戸時代って私たちの生活からとても遠いもののように感じますよね。

でも、江戸っ子もこの花火を毎年楽しんでいたんだと思ったら、
なんだかわくわくしてきませんか?

ちょっとぐらいの人混みも平気だと思えるぐらい、
花火は日本人の奥底に眠る感情を揺さぶる何かを持っています。

 

デートに、家族みんなで、
大切な友人と、老いらくの恋に、人に開かせない関係に、
等しく花火は素晴らしいひと時をプレゼントしてくれるでしょう。

心の底から「この人のそばにいてよかった」
思える関係の人と眺めるのならば、
どんな喧騒も届かないはずです。

たまには大切な人の手を握って、
並んで一緒に空を見上げましょう。

 

 

 

 

隅田川花火大会の穴場12選とは!

隅田川花火大会は100万人近い人が、
全国各地から集まる花火大会です。

穴場スポットをご存知であれば、
混雑している中でも、ゆったりと花火大会を鑑賞できると思いますよ。

穴場スポットをご紹介いたしますので、
よろしければご参考になさってください。

 

東白鬚橋公園

ここは比較的会場に近い場所で
混雑もそこまでしないスポットです。

しかも、ゴザも無料で貸出してくれていました。

ただ最近は結構紹介されているので、
人が多くなると貸出とかも止めてしまうかも。

また去年など段々と混雑してきたとの情報もあるので、
早めに行ったほうがいいかもしれません。

鐘ヶ淵駅より徒歩で9分ぐらいのところになります。

 

 

 

水戸街道(国道6号線)

隅田川花火大会は都内の狭い地区での開催なので、
座って見れる場所は本当にわずかに限られています。

ほとんどの場所が歩きながら鑑賞になります。

そんな中でも、第一会場と第二会場の花火を見れる
水戸街道向島5丁目バス停付近は穴場スポットです。

4丁目のファミリーマートが目印です。

 

 

 

桜橋中学校周辺

ここは打ち上げ場所にかなり近いのですが、
早朝から行かなくても場所を確保しなくても大丈夫ですね。

ただかなり花火を見やすいところでもあるので、
昼ごろには行ったほうがいいかなと思います。

浅草駅からちょっと遠いですが、
だいたい16分ぐらいとなっています。

 

 

 

汐入公園内土手

JR常磐線の南千住駅、
東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅から
水神大橋を渡った土手ですが、

地元の人だけが行くような場所なので、
比較的ゆったりと鑑賞できると思いますよ。

 

 

 

コモディイイダ東向島店(屋上駐車場)

先着300名程で屋上駐車場を開放してくれているそうで、
地元の人のためのまさに穴場スポットです。

隅田川から近く絶景ポイントです。

ただしポイントカードなどを作る条件があるそうなので
念のためお店に問い合せてみると良いでしょう。

 

 

 

銅像堀公園

間近で打ち上げられる花火をゆったり見ることができます。

近くに高い建物もなく眺めも最高の穴場スポットです!

 

 

 

タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)の展望塔

少し遠いですが、
タワーホール船堀展望塔から花火を見ることができます!

小さ目ですが、第一、第二両会場の花火を
両方観ることができる上、あまり混みません。

しかも展望塔への入場料は無料です。

ちょっと花火を楽しみたい人向けの穴場スポットです。

 

 

浅草寺境内

意外と見落とすのが、浅草寺です!

多少は混みますが、そこまでではありません!

お寺の境内の雰囲気が花火とよくく合うので、
浴衣で風情をじっくり味わえます!

 

 

両国国技館周辺

この辺は打ち上げ場所からちょっと離れているので、
さすがにそこまで混んでいません。

当日に他の場所はもう混雑でみれない場合は、
諦めてここに来てもいいかもしれません。

 

 

タワーホール船堀の展望台

ここは展望台から花火を見ることができます。

ちょっと会場からは遠いですが、
十分に見ることはできます。

また展望台も無料ですね。

船堀の駅からだいたい徒歩で3分ぐらいとなっています。

 

 

 

東京スカイツリー展望デッキ(有料情報)

7月2日~10日から、
4000円(スカイツリーグッズのお土産付き)で
約700枚限定
で販売!

されましたので、今年も販売される可能性が高いと思います!

東京の夜景と共に花火大会の様子が楽しめる
おすすめの穴場スポットです。

 

 

 

隅田川花火鑑賞クルーズ(有料情報)

クルーズ船に乗って、二会場両方の花火を見られる
浅草吾妻橋付近の絶景ポイントでお食事と共に楽しめます。

ちなみに、料金は30,000円(乗船代+食事+飲み放題+落語家公園)で120名限定です。

 

 

 

 

花火が見えるレストラン

●天空ラウンジ TOP of FREE

花火大会に合わせた特別コースをご用意。31階からの眺めは最高!

 

●アサヒビールビル21階 レストランアラスカ

東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒグループ本社ビル21階

アサヒビールビルでは、以下のレストランでも花火が見られます♪

 

●アサヒスカイルーム(最上階展望ラウンジ)

 

●ラ・ラネニータ 吾妻橋店(21階)

レストランアラスカと同じアサヒビールタワーの最上階にあるイタリアンです。

隅田川花火大会第二会場の目の前とあって、

視界を遮られることなく存分に花火を楽しむことができます。

 

●割烹・天ぷら 金泉

隅田川花火大会を室内で楽しむのに最強の立地!

食事、飲み物、屋上での花火鑑賞付きで15000円とリーズナブル。

東京メトロ浅草駅から徒歩5分で便利。

 

●日本料理もちづき(21階)

 

●「浅草むぎとろ Lounge Vista 天空」

 

●東京ソラマチのレストラン

 

●鳥貴族両国店:東京都墨田区 両国3-26-5 両国ビルディング 7F

 

●ブラッスリーオザミ
東京スカイツリーソラマチ30階にあるレストランです。

 

●レストランアラスカ 吾妻橋店

地上100mの高さにあり、眼下に隅田川が広がります。

 


スポンサーリンク






 

隅田川花火大会の周辺トイレ情報

隅田川沿いに公園がありますので、
公園のトイレは多数ありますし、

仮設トイレも多数ありますが、
100万人以上の来場者がある中ではこれでも混雑は必須です。

下車駅のトイレを利用したり、
コンビニやファーストフード店、

浅草駅を利用される方は、
「エキミせ」のトイレを利用するときれいなトイレを利用できすよ。

 

 

隅田川花火大会の交通規制情報

打ち上げ会場の周辺道路は、
交通規制がかかっていて車の通行はできません。

また、当日は、打ち上げ場所のすぐ横に
首都高速6号向島線があるため、

6時半ごろから8時半ごろまで
首都高速6号向島線の両国JCTから
堀切JCTで通行止めとなっております。

周辺の道路だけでなく、
首都高速6号向島線も通行止めになる関係で
首都高速道路の渋滞が予想されますので、ご注意ください。

 

 

隅田川花火大会まで何して過ごすのがいい?

せっかくの花火大会だから、
ちょっと早めに家を出て観光や散策を楽しむのはいかがでしょうか?

浅草寺

浅草といえば浅草寺ですよね!

せっかく来たなら浅草寺への参拝はいかがですか?

シンボルの雷門をはじめ本堂や宝蔵門、五重塔など見どころたっぷり。

日本一「凶」が多いというおみくじを引いてみるのも楽しい(笑)

仲見世通りで食べ歩きやお土産を購入するのもおすすめ。

 

 

浅草 花やしき

花やしきといえば日本最古の遊園地として有名ですよね。

下町らしいレトロなアトラクションがたくさんあるので、
子どもだけでなく大人も楽しめます。

他にも落語などを楽しめる
東洋館や木馬亭・浅草演芸ホール、定番の東京スカイツリー、

ちょっと電車で移動して上野動物園など、
花火が始まるまで楽しめるスポットが充実しています。

 

最後に

人出も100万人近い為、会場周辺は混雑必至です。

その中でも、
少しでもゆったり見れるというポイントから
ご紹介してきました。

穴場スポットなどを利用しますと、
比較的ゆったりと花火を鑑賞できるのではないかと思います。

全国からえりすぐりの花火の共演の花火コンクールを含め、
ぜひ隅田川の花火大会をご堪能ください♪

 

◆こんな記事も読まれています

高崎まつり大花火大会の穴場9選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

赤川花火大会の穴場7選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

山形花火大会の穴場8選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

令和元年安倍川花火大会の穴場5選と見どころや歴史、屋台情報をご紹介!

令和元年芦屋サマーカーニバルの穴場9選・見どころや駐車場情報をご紹介!

 
 


スポンサーリンク






 
 

-花火大会
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク