ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

足立花火大会令和元年日程、見どころや穴場、場所取り方法をご紹介!

2019/04/22

 

約100年以上の歴史のある足立の花火は、
東京で夏に行なわれる花火のうち、
最も早く開催される花火大会です。

 

「夏の花火は足立から…」をテーマに、
荒川に、1万2000発が打ち上げられ、
63万人を超える見物客で大混雑します。

東京の花火大会で有名なものというと
明治神宮の花火大会や隅田川の花火大会といったところですが、
実は「足立の花火大会」も人気があるんです。

プログラムは全4幕構成。

うち後半2幕はBGM音楽花火となります。

 

スターマイン、
小型煙火、
仕掛花火(足立の花火名物のナイアガラほか)など、
迫力ある花火が楽しめます。

この記事では、2019年の第41回足立の花火
開催日程や場所取りに最もおススメの穴場スポット、
「扇大橋」周辺へのアクセス、最寄りの駅などの
情報をご紹介しましょう!

東京下町でおよそ100年の歴史がある
花火大会を楽しんでみてはいかがですか?

 

 

スポンサーリンク

足立の花火令和元年の開催日程や会場は?

令和元年の足立の花火大会の
日程や見どころを簡単解説していきます

まずは基本情報です。

開催日:2019年7月20日(土曜日)

 

打ち上げ時間:19:30~20:30

※荒天の場合は中止

 

会場:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

 

打上数:約1万2000発

 

公衆トイレ:約300基

 

わづか1時間で1万発以上の花火が打ちあがり
高密度な様々な花火を楽しめるのが最大の特徴です。♪

下町情緒あふれる河川敷で
7月の終わりに花火を楽しむのもオツなものですね。

また、足立区は区の木としてさくらが指定されているので、
仕掛け花火「満開のしだれ桜」も見どころです。

夏の夜空に咲く花火の桜
ぜひ堪能してもらいたいところです。


スポンサーリンク




 

足立の花火2019穴場でおすすめの場所は?

ズバリ「扇大橋」周辺です!

正直、迫力は、有料席にはかないません。

少し打ち上げ会場から離れますが、
扇大橋駅から歩いてすぐなのでおススメです。

のんびり座って食事やお酒を飲みながら、
花火見たいという人なら絶対満足していただける場所だと思います。

打ち上げ花火の場所から離れているだけあって、
場所取り争奪戦は気にする必要はありませんよ(^^)

小さいお子様連れでも快適に花火鑑賞を楽しめますね。

 

西新井橋付近の川原

足立の花火を楽しむには、
まずどこの河川敷のスポットに陣取るかというのがポイントですが、

おススメなのは、
西新井駅から徒歩5分ほどの西新井橋付近。

ここから河川敷に下りていって鑑賞する地元民は多いですね。

もちろんガラガラではないですが、
人ごみでギュウギュウ詰めということにもならないので
カップルでも安心して行けるかと思いますよ。

あとは、

・千住新橋グラウンド周辺(虹の広場など)

・荒川江北橋緑地

・あらかわ福祉体験広場

と、どれも川沿いの緑地となりますが、
口コミや個人的には「扇大橋」付近がおすすめです。

多数ある穴場スポットの中で、
名物のナイアガラの滝は残念ながら見ることはできませんが、
それ以外は花火の口コミ評価も高く人気の場所となっています。

 

 

 

アクセスと場所取りの時間、屋台はあるの?

最寄駅

千住側(荒川南岸 ※右岸)

JR常磐線
東武スカイツリーライン
東京メトロ千代田線・日比谷線
つくばエクスプレス
「北千住」駅より徒歩15分

 

京成線本線
「千住大橋」駅、「牛田(うしだ)」駅より徒歩20分

都営日暮里・舎人ライナー
「足立小台(あだちおだい)」駅より徒歩25分

 

 

 西新井側(荒川北岸 ※左岸)

東武スカイツリーライン
「小菅(こすげ)」駅
「五反野(ごたんの)」駅
「梅島(うめじま)」駅より徒歩15分都営日暮里・舎人ライナー
「扇大橋(おおぎおおはし)駅」より徒歩25分

 

 

 

場所取り

だいたい毎年夕方ごろから
近隣各駅が混み合う印象なので、

16時ごろから屋台を楽しみながら、
スポットに向かうとちょうどいいと思いますよ。

 

18時を越えると
場所によってはかなり人でごった返すので、

ご家族連れであれば、
早めの場所取りを心がけたほうが良さそうですね。

 

 

屋台はあるの?

もちろん花火大会に欠かせない
屋台も出店していますよ。

最近は昔ながらの屋台に加えて、
オシャレなキッチンカーが名物料理を出したりもしていますね。

 


スポンサーリンク




 

足立の花火、有料席は?屋形船は?

足立の花火では有料席という形では
予約などを行っていません。

しかし、協賛席という形

1組3,000円の申し込みで2名分の
「観光交流協会観覧場所入場券」がゲットできます。

千住側と西新井側に分かれていますが、
一人当たり1,500円は破格の安さですよ。

屋形船は、
荒川や隅田川は通年屋形船が活躍中です。

もちろん花火大会の時だって
乗れちゃいますので、

少し優雅な花火鑑賞を
楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

・網さだ

・あみ達

・石川丸

 

これ以外にも
多数の屋形船が運航しておりますので、
チェックしてみてくださいね。

どちらも食事や飲み物が付いていて
お得なプラン、もちろん屋形船内にトイレもあるので
花火大会のときに困りがちなトイレ問題もありませんね。

 

 

 

トイレ情報

花火大会の心配事の1つ「トイレ情報」についてです。

開催会場の河川敷に仮設トイレが
設置されますが数が少ないです。

また、足立花火大会のトイレに限った事ではありませんが、
あまり仮設トイレはキレイではないですよね。

北千住駅直結のルミネやマルイといった
商業施設の綺麗なトイレに事前にいっておくのがオススメです。

 


スポンサーリンク




足立の花火2019の終了後に食事をしたいなら

足立の花火を満喫した後ですね♪

屋台を楽しめるとは言え、
花火大会に夢中でお腹を満たせていない
可能性が多いにあります。

花火を見ながら
ビールを楽しんだのならば、
もう少し飲んでから帰りたいなぁー

という気持ちになっているかもしれませんね。

そのような時は、
迷わず北千住駅に向かうのがオススメです。

 

いくつか会場から近い駅がありましたが、
1番栄えていて飲食店が充実しているのは
間違いなく北千住駅です。

多少、帰りの電車が遠回りになってしまうとしても、
最後まで楽しむために北千住駅に向かうと良いでしょう。

 

 

 

まとめ

都内で夏の思い出を誰よりも
早くつくるなら「足立の花火」です。

アクセスや屋台を楽しむ事を考えると
北千住駅から行くのがオススメ。

早めに駅に向かって、トイレも済ませて場所取り。

会場に向かうまでに屋台で腹ごしらえをして、
河川敷で話を楽しみながら、

万全の状態で花火を待つのが良いでしょうね♪

 

◆こんな記事も読まれています

江戸川区花火大会令和元年日程と見どころ、穴場スポットと有料情報をご紹介!

諏訪湖花火大会令和元年日程と見どころ、穴場9選と有料情報をご紹介!

長岡花火大会令和元年日程・観覧席やよく見える隠れスポットも多数ご紹介します!

足立花火大会令和元年日程、見どころや穴場、場所取り方法をご紹介!

大曲花火大会令和元年日程と見どころ、穴場スポットと有料情報をご紹介!

 


スポンサーリンク




-花火大会
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク