ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

赤川花火大会の穴場7選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

2019/04/08

 

赤川花火大会は山形県鶴岡市で
開催され今年で26回目を迎えます。

まさに山形の夏の風物詩「赤川花火大会」

山形の花火大会でも随一の規模と人気を誇り、
毎年30万人以上の見物客が訪れる山形の夏のビッグイベントです。

今回はそんな花火大会の中でも
「全国デザイン花火競技会」として、

“日本最高峰”の花火師たちが一堂に会する
「赤川花火大会」について紹介します!

赤川花火大会名物の最大上げ幅700mに渡り、
花火が同時に打ち上げられる光景は、
まさに圧巻で観る人の目を釘付けにしますね♪

 

 

スポンサーリンク

赤川花火大会の令和元年基本情報

●開催日:8月19日(土)  予想

※悪天候や河川敷の増水時は翌日8月20日(日)に順延

 

●打ち上げ時間:19時~21時

 

●打ち上げ場所:山形県鶴岡市赤川河畔(羽黒橋~三川橋)

 

●打ち上げ数:12.000発

 

 

 

赤川花火大会2018年見どころは?

赤川花火大会の見どころはまず、
最初のカウントダウンでしょう。

オープニングから会場全体が一体になれる
アイデアでとても嬉しいですよね。

そして「全国デザイン花火競技会」という内容通り、
意匠を凝らした花火が1万2000発も打ち上がるのが素晴らしいです。

河川敷いっぱいを使ってのエンディングまで目が離せず、
最後は感動を覚えます。

特にエンディングは、
BGMと花火の美しさが相まって、
毎年たくさんの人が感極まって泣いてしまいます。

この花火大会は有料の特別観覧席で観るのが
圧倒的におすすめなのですが、

特別観覧席を購入できなかった場合、

以下の穴場スポットで花火を観覧するのもおすすめです。

 


スポンサーリンク





 

赤川花火大会の穴場スポット7選

花火師たちが腕を競い合う赤川花火大会の花火を
観るのにおすすめの穴場スポットを紹介します。

三川橋付近

比較的人混みも少なく場所取りもしやすいですし、
視界を遮る建築物もなくはっきりと花火を観られます。

 

 

羽黒町側の土手

打ち上げ会場の対岸になります。

農道や農地が多いせいか、人もそこまで多くありません。

虫除け対策をしっかりして場所取りをしましょう。

 

 

鶴岡市立朝暘第五小学校の運動場

花火打ち上げ場所から真正面にある場所なので、
花火をきれいに観られますし広い敷地でゆったりと観られます。

 

 

鶴岡東公園

駐車スペースや広場があるので、
グループや家族連れでの花火観覧におすすめですが、

周囲に民家が近いので、
迷惑にならないよう花火を楽しみましょう。

 

 

ブルボン羽黒工場付近

打ち上げ会場をはさみ鶴岡駅とは
反対方向なので人出は少なくなりますが、

それでいて臨場感ある花火を楽しめる穴場スポットです。

 

 

 

北日本羽黒食品

大手菓子メーカーの工場です。

打ち上げ会場とは反対に立地しているため、人込みは少ないです。

驚くほど臨場感のある花火が楽しめる穴場スポットですよ。

 

 

 

大会公式無料観覧席

穴場というよりはメジャーな観覧席ですよ。

当日朝7:00から先着順で場所取りが出来ます。

早起きが出来れば最前列での観覧も可能ですね。

 


スポンサーリンク





 

 

赤川花火大会の屋台はどうなの?

花火大会と言えば、夜店も楽しみですね。

地元ならではのB級グルメから
絶品グルメが楽しめる夜店情報はこちらです。

赤川花火大会では夜店が無料観覧席周辺に出ますので、

ぜひお祭り気分を堪能してください。

また、会場に一番近いコンビニならこちらです。

花火大会が始まる前に必要な物を揃えて下さい。

 

 

 

赤川花火大会の駐車場情報と交通規制は!

赤川花火大会では会場から、
徒歩約30分の場所で500台分の無料駐車場が設けられます。

会場周辺にも有料駐車場がありますが、
毎年30万人を超える見物客が超える花火大会ですので、

駐車場は早い時間帯に満車となってしまいます。

確実に入庫したいのでしたら、
できるだけ午前中に現地まで移動しましょう。

もし駐車場が満車となっていた場合は、
羽越本線の酒田駅付近の駐車場を利用して、

そこから電車で現地まで向かうことおすすめします。

花火大会は9時~23時まで交通規制が実施され、
会場付近は車両通行止めになり歩行者天国が実施されます。

花火大会が終わった後の帰りの時間帯は
大渋滞となりますので、

渋滞を少しでも避けて帰路に着きたいのでしたら、
花火の打ち上げが終わる前に移動することをおすすめします。

 

 

 

赤川花火大会2018年の有料席・チケット情報

それでは、ここからは赤川花火大会で用意してくださっている

「特別観覧席」についてお知らせしていきますね!

赤川花火大会では花火も音楽も、
咲き狂う花火たちの衝撃まで

つぶさに感じ取ることのできるSA席から、
レジャーシート付の嬉しいD席まで
用途に応じた嬉しい6種類の観覧席が用意されています。

それでは、さっそくですが一挙にご紹介♪

●SA席:23,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

とっておき! 厚めの敷き物で座り心地も良好。

最前列で花火と音楽が“もっとも楽しめる”特等席♪

 

●A席:17,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

花火と音楽の迫力は十二分っ! 厚手の敷き物で仕切られたマス席で、

家族や仲間と一緒に花火を楽しめます。

 

●SB席:15,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

芝グランド+レジャーシート付♪

快適に過ごすならクッションの持参をオススメ。

 

●B席:10,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

SB席と同じく、芝グランドにレジャーシート付となっています。

少人数で寝転んで花火を観るなんて贅沢も♪

 

●C席:10,000円

(定員2名)

2人掛けのいわゆるラブチェアで花火を観覧できるC席は

カップルや新婚さんに超ピッタリ!

二人でロマンチックなひとときをどうぞ♪

 

●D席:8,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

定員まで座れば一人2,000円もしない超リーズナブルなマス席です。

土グランドにレジャーシートなので、クッションは必須!

 

申し込み先ですが、
初めての方はローソンの一般販売を利用とのこと。

IDを持っているリピーターさんは
赤川花火大会公式オンラインショップでの先行販売で購入可能です♪

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

夏の思い出にふさわしい花火師の競演による、
百花繚乱の花火をぜひその目で確かめて下さい。

徳川四天王の一・酒井家が治めつづけ、
由緒ある建築物の残る鶴岡の町とともに、

指折りの花火師たちが夜空に描き出す
豪華絢爛たる花火絵巻を楽しみに夏をお待ちくださいね♪

 

◆こんな記事も読まれています

高崎まつり大花火大会の穴場9選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

令和元年安倍川花火大会の穴場5選と見どころや歴史、屋台情報をご紹介!

山形花火大会の穴場8選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

令和元年隅田川花火大会の穴場12選と見どころや花火がよく見えるレストランは!

令和元年芦屋サマーカーニバルの穴場9選・見どころや駐車場情報をご紹介!

 


スポンサーリンク





 

-花火大会
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク