ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

板橋花火大会令和元年日程と大ナイアガラの滝、穴場と場所取り方法をご紹介!

2019/04/22

 

板橋花火大会2019についてご紹介させて頂きますね。

板橋花火大会は趣向を凝らした花火が
次々打ち上がる楽しい花火大会。

昭和時代に埼玉県戸田市との県境を
整理したことを記念に開催されたイベントで、

昭和27年より現在まで続いている
歴史ある花火イベントの一つです。

2つの花火大会が同時開催しており、

板橋側はいたばし花火大会

戸田側は戸田橋花火大会が開催されます。

板橋側は芸術玉や都内最大の尺五寸玉などの花火が上がり、

戸田側は迫力ある尺玉や鮮やかなスターマインが打ち上がります。

板橋花火大会で打ち上げられる花火の数は
両方合わせて12,000発

仕掛け花火にも力を入れており
「実力のいたばし」とも言われているんですよ。

東京三大花火大会とも遜色ない大規模花火イベントへ、
是非足を踏み入れてみませんか。

この記事では、
板橋花火大会令和元年についてご紹介させて頂きますね。

 

 

スポンサーリンク

板橋花火大会令和元年の日程や雨天時は?

日程:2019年8月3日(土) 19:00~20:30

 

板橋花火大会は戸田橋花火大会とともに、
毎年8月の第一週になる土曜日に開催されています。

雨天時は翌日の6日(日)に振替となるのが毎年の恒例です。

折角来たけれど、
雨が降って何も見れなかったということのないよう、

天気予報も事前にしっかり確認しておきましょう。

小雨程度ならば決行します。

最初の一時間は大型の打ち上げ花火が続き、
残り一時間半は仕掛け花火等の特殊な打ち上げが続きます。

 

板橋花火大会は都内最大と言われる「尺五寸玉」

関東最長級と言われる長さ700mの仕掛け花火

「大ナイアガラの滝」が一番の見どころです。

ナイアガラの滝は水面に降り注ぐ火の粉が美しい、
人気の仕掛け花火の1つ。

総延長700mと、
関東最大級のナイアガラの光の滝は壮観で、
カラフルな打ち上げ花火とともに水上を鮮やかに彩ります。

ほかにも、
”空中ナイアガラの滝”や、

5箇所から打ち上げられる
“夜空の大万華鏡”など見どころだらけ。

また、
話題性のあるものとのコラボ花火も開催しており、
妖怪ウォッチ花火もあげられました。

今年のコラボも見逃せませんよ。

 

 

板橋花火大会へのアクセスは何がお勧め?

板橋花火大会では、
公共交通機関を使用してのアクセスが推奨されています。

車での来場は、
板橋区側から不可と指定されているので、

電車を使用しての
アクセスルートを考えておくとよいですね。

ちなみに会場付近のほとんどが、
当日は車両進入禁止区域となります。

会場の主な最寄駅は、
JR埼京線の浮間舟渡駅、
都営三田線の高島平駅、
西台駅、
蓮根駅下車の4つ
で、

いずれも会場までは30分かけて歩く必要があります。

他は東武東上線の成増駅か東武練馬駅より、
国際興業バスを利用するという方法もありますよ。

ちなみにJR浮間舟渡駅は毎年大混雑となります。

比較的通りやすいのは、
都営三田線の高島平駅からのルートで、

他ルートに比べると
混雑度合いは随分緩和されるようですよ。

他には西台駅は会場中央に近い為、
浮間船渡駅と同じく混雑ポイントとなります。

 

多少の差はあれど原則として、
どの駅も混雑することには変わりがない為、

SuicaやPASMOには、
前もって乗車分の金額を入れておく必要があります。

駅で足を止められてしまうと
それだけ会場での場所取りにも響く為、
素早く動ける準備が大事になってきます。

一般観覧場所は、
基本的に会場の両端になりますが、

JRに近い右側のエリアは
混雑しやすい面があります。

観覧場所を押さえるという意味でも、

左側エリアに早く向かえる
高島平駅ルートが楽々移動できるでしょう。

 

 

 

板橋花火大会を十二分に楽しむための最適な穴場スポット5つ!

板橋花火大会は戸田橋と合わせて人出が
約90万人と非常に大勢の人が訪れます。

当然ながら人気のスポットは場所取りなども大変です。

それこそ朝からすでに場所取りしてる人もいるぐらいですが、
あまり混雑していない場所で見たいって人もいますよね。

また当日にそんなに早くから行けない人も多いので、
厳選した穴場スポットを5つをご紹介します。

 

野草広場(荒川上流)

ここは大会の指定エリアではありますが、
会場からは1番離れています。

そうは言っても迫力のある花火を十分に見ることができ、
離れているということもあり比較的空いています。

また駅も高島平駅から行くと混雑を避けることができます。

最寄り駅は高島平から徒歩で
だいたい25分ぐらいとなっています。

 

 

戸田競艇場付近

ここは人混みを避けたい場合に
オススメな穴場になります。

戸田側のほうは比較的空いている傾向にありますが、
さらに戸田競艇所付近はさらに空いています。

人混みが嫌だったり、開始時間ギリギリの場合は
ここに来てみるのもいいかなと思います。

最寄り駅は戸田公園から徒歩だと
だいたい40分ぐらいとなっています。

 

 

芝生広場

ここは板橋側で野草広場の隣となっています。

こちらのほうが打ち上げ場所に近いのですが、
そのぶん混み合う傾向にあります。

少し早目に行けるようだったら、
こちらのほうが近くで見れますね。

最寄り駅は高島平から徒歩で
だいたい25分ほどとなっています。

 

 

戸田公園近くの河川敷

基本的には戸田側のほうが空いています。

ただ名物であるナイアガラは板橋側で行われるので、
こちら側だと見れないと思うかもしれません。

ただこの付近はナイアガラは、

多少は小さく見える感じになりますが、

普通に見れるし、

打ち上げ花火はよく見えるのでおすすめです。

最寄り駅は戸田公園駅より徒歩で
だいたい25分ほどとなっています。

 

 

スーパー「イズミヤ」板橋店屋上

ここは今までとはちょっと趣向を変えた場所になりますが、

スーパー「イズミヤ」板橋店の屋上が解放されることがあります。

ただ毎年解放してるわけでないので、
事前の確認が必要となっています。

打ち上げ場所からは離れてはしますが、
買い出しはすぐ下でできる上にトイレも完備で、
混雑とかもないのでいいですね。

最寄り駅は志村坂上から徒歩で
だいたい10分ぐらいとなっています。

 


スポンサーリンク




板橋花火大会2019の有料席情報!

穴場といえば・・・。

有料席を買ってしまうことです!!

なぜなら板橋花火大会では、
当日まで場所取りができないからです。

とても厳しいわけですね。

今年の有料席の情報は
まだ発表されていませんが、

去年と大幅に変わることはないので、
去年の情報を参考に記載いていきます。

有料席は板橋側のほうに設置されます。

例年通りならチケットの販売は6月下旬です。

チケットの料金は陸上競技場の席は以下です。

【イス席】

1名:3,600円

 

【テーブル席】

4名:28,000円

 

【グループ席】

8名28800円

 

S席の料金は以下となっています。

【イス】

1名:3,100円

 

【グループ席】

8名:24,800円

 

A席は以下となっています。

【イス】

1名:2,600円

 

【グループ】

8名:20,800円

 

【芝生斜面】

8名:20,800円

 

 

 

逆側からならナイアガラが観覧できるエリア

逆側からなら、
ナイアガラが観覧できるエリアもあります。

県境にある戸田市の戸田公園です。

こちらは花火をよく観賞できる上に、
JR戸田公園駅が30分内の距離にあるので、

帰りも混雑に巻き込まれずに済むという隠れた穴場です。

 

野草広場も一般席の中では比較的混雑のゆるい穴場です。

最寄り駅の高島平駅から移動もしやすい場所です。

ゆっくり誰にも邪魔されず花火が見たい
カップルやご家族の場合は、
川口センターホテルがお勧めです。

ホテルから花火が観賞できる上に、
駅にも近く移動がスムーズなのが魅力です。

スターマインや大型花火ならここからも十分観賞できますよ。

 

 

 


スポンサーリンク




 

船上で花火を楽しむなら!

屋形船濱田屋(03-3881-2314)

釣り船けやき丸(090-2242-4548)がおすすめです。

それぞれ花火鑑賞プランがあるので、

船からいつもと違った雰囲気の花火を

のんびり味わうことができますよ。

 

 

 

 

花火を見ながらご飯も食べたい!屋台情報ご紹介

花火の打ち上げ時間が
ちょうど夕飯時なのもあり、

花火を見ながら屋台飯も
楽しみたいという方は多いでしょう。

 

暑い時期ですし、
かき氷などで喉も潤したいタイミング。

屋台の場所等についてをまとめてご案内致しますね。

 

まず屋台の出没スポットとして、
西台駅や高島平駅を始めとした
駅から会場までの道のり全般です。

 

ここを通りながら、
食料を確保していく方も多いので、

移動経路に屋台が一気に集う形になるようですね。

また、観覧エリアにも出店は配置されます。

こちらは有料エリアから、
一般エリアまで幅広く屋台が出店しているので、

花火が始まるのを席で待ちながら、
のんびり食事を楽しむことができます。

ちなみに板橋花火大会は
屋台が点在する傾向があるので、

駅周辺の市街地なら居酒屋や
食堂等もこの日限定で屋台出店を行なっています。

普通の屋台ものとは、
違うちょっと美味しいものを食べたい場合は、
こちらを狙ってみるのもお勧めですよ。

有料席エリアにはフードコートもあり、
世界中のグルメが味わえます。

 

打ち上げ前に購入して、
食べながら花火鑑賞が最高ですね。

 

ショッピングを楽しむなら、
アリオ川口や三井ショッピングパークララガーデン川口などが
おすすめです。

食べ物やファッション、
雑貨などいろいろ揃っているので、
花火前後に立ち寄ってもいいですね。

 

 

最後に

板橋区側で観覧エリアが整備されていて、
有料席もお手頃価格な板橋花火大会は、

のんびりとしつつ、
大規模な花火イベントを楽しみたい方には
大変おすすめです。

フォトコンテストもやっているので、
ベストショットを応募して
豪華賞品を目指すのもいいですね。

都内最大と言われる目玉花火、
尺五寸玉の美しい巨大な花火、
彩り豊かで鮮やかなスターマイン。

同時開催の戸田橋花火大会も
楽しめるので魅力2倍です。

夏の思い出作りの一つとして、
今年の夏は是非板橋花火大会へ足を
運んでみてください。

近くに熱帯環境植物館もあるので、
お子さん連れの方は、
子供の夏休みの勉強にもなるのでおすすめですよ。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです♪

◆こんな記事も読まれています

江戸川区花火大会令和元年日程と見どころ、穴場スポットと有料情報をご紹介!

諏訪湖花火大会令和元年日程と見どころ、穴場9選と有料情報をご紹介!

長岡花火大会令和元年日程・観覧席やよく見える隠れスポットも多数ご紹介します!

足立花火大会令和元年日程、見どころや穴場、場所取り方法をご紹介!

大曲花火大会令和元年日程と見どころ、穴場スポットと有料情報をご紹介!

 

 


スポンサーリンク




-花火大会
-, , , , , , , , , , , ,

スポンサーリンク