ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

横須賀花火大会の穴場7選・令和元年日程と見どころや有料情報はこちら!

2019/04/14

 

日本の歴史で激動の幕末を迎えるきっかけとなった
ペリー来航150周年を記念して2003年から始まったのが、
「よこすか開国祭」です。

横須賀花火大会(よこすか開国祭 開国花火大会)が
2018年も開催されます。

毎年20万人以上が観賞する人気の花火大会で、
横須賀市民には欠かせない夏の風物詩となっています。

約30分という短い間に5,000発が打ち上がり、
凝縮されたプログラムが展開されます。

この30分のために20万人という人が集まるのも、
水中花火や空中ナイアガラという、

魅力ある花火が打ち上がるからなんです。

真夏の横須賀の夜空に舞い上がり、
華やかに彩ります。

この記事では横須賀花火大会の日程と見どころ、
無料で花火を観られる穴場スポットをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

横須賀花火大会令和元年の基本情報

●開催日:2018年8月3日(土)

 

●打ち上げ時間:19:15~19:45

 

●打ち上げ場所:神奈川県横須賀市 / うみかぜ公園、三笠公園ほか

荒天の場合は中止となり順延はありませんのでご注意ください。

 

●打上げ数:約5000発

 

●アクセス:京浜急行横須賀中央駅東口から徒歩25分

 

●駐車場:駐車場はありません。

 

●公衆トイレ:常設6ヶ所、仮設6ヶ所(予定)

 
 


スポンサーリンク






 
 

よこすか開国祭花火大会の有料席は?

例年、よこすか開国祭花火大会では有料席のチケットが販売されます。

花火観賞するなら、有料席が一番ですよね。

そこで、ここでは
よこすか開国祭花火大会の有料席情報を紹介していきます。

 

●販売開始日:2019年6月15日(土)

●有料席の種類:市民協賛観覧席(自由席)

●料金:1席2,000円

●座席数:2,500席

● 申込方法

チケットぴあにて申込み受付ができます。

有料席のチケットは売切れ次第販売終了となりますので、

お求めの場合は、早めに申込むことをおすすめします。

 

 

 

横須賀花火大会の穴場スポット7選

横須賀花火大会では
東京湾沖で打ち上げられますので、
花火観覧場所が豊富です。

そのなかでも無料で観られる厳選の穴場を7つ紹介します。

うみかぜ公園

メイン会場となる「うみかぜ公園」ですが、

観覧エリアも広くありますので、
ゆっくりと花火を観られますよ。

公園周辺には多数屋台が出ていますので、
美味しいものを食べながら花火を楽しめますね。

 

 

 

 横須賀米軍基地(横須賀海軍施設)

横須賀米軍基地になりますが

通常、一般の人は入ることができません。

ですが、よこすか開国祭花火大会の当日は

「ネイビーフレンドシップデー」と称して

横須賀米軍基地の一部が
10:00から21:00まで開放されます。

三笠公園よりの場所は
花火が見やすい穴場スポットになります。

人気の穴場スポットですので
早めに行って、
場所取りをすることをおすすめします。

 

 

 

猿島

東京湾で唯一の無人島である
猿島からの花火観賞は超おすすめです。

島内ではBBQや釣り、
歴史遺産の散策も楽しめますよ。

花火大会当日は、
観賞ツアーが予定されているので

普段と違う場所から花火を見たい方は
ぜひ検討してください。

 

 

 

 

中央公園

高台にある公園ですので

スターマインなど
空高く舞い上がる花火をきれいに観られます。

水中花火などの低い位置からの
仕掛花火などは見えづらくなりますので、
ご注意ください。

 

 

 

新浦安港

アクセスは最寄り駅の
県立大学駅から近いので良好ですが、

人出が比較的多くなるので、
早いうちに場所取りすることをおすすめします。

 

 

 

海辺つり公園

新浦安港に隣接する公園で
広い仕切りの芝生広場やボードウォークがあります。

打ち上げ会場から少し離れているため、

花火は小さくなりますが、
ゆっくりと花火を観られますので、

お子さん連れの方におすすめです。

 

 

 

大津漁港の三春町岸壁

海辺つり公園から南東にある三春町の岸壁は、

花火の大きさは海辺つり公園より小さくなりますが、
近くにスーパーやドン・キホーテがあり、
トイレや飲食には便利です。

 
 


スポンサーリンク






 
 

より花火を楽しむためのポイント!

横須賀花火大会をより楽しむために、
待ち合わせや行きと
帰りのアクセス方法をおさえておきましょう。

まず、待ち合わせスポットは
横須賀中央駅のモアーズシティ前、
もしくは県立大学駅がおすすめです。

花火大会当日の周辺地域は、
待ち合わせするにしても混雑がひどいので
なるべくわかりやすい場所にしましょう。

また、
横須賀中央駅の東口は
混雑がすさまじいので、

汐入駅を利用するのも手ですよ。

帰りは、
横須賀中央、汐入駅ともに混みあうので
横須賀駅まで歩くのもいいですよ。

アメリカをはじめ、
世界各国のお店がそろう横須賀ですので、
ちょっと散歩気分で歩くのもおすすめです。

 

 

 

最後に

昼は開国祭で、
夜は花火大会で横須賀での一日を楽しむことができます。

花火をきれいに観られる
観覧場所もたくさんありますので、

ベストポジションで横須賀の海を背景に
美しく舞い上がる花火を観てくださいね。

 

こんな記事も読まれています

令和元年葛飾納涼花火大会の穴場7選と見どころや有料情報はこちら!

令和元年あしや花火大会の穴場7選と見どころやおススメホテル情報をご紹介!

鎌倉火大会の穴場8選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

熱海海上花火大会の穴場7選・令和元年日程と見どころや有料情報をご紹介!

手賀沼花火大会令和元年日程と見どころ、穴場5選と有料情報!
 

 


スポンサーリンク





 

 

-花火大会
-, , , , , ,

スポンサーリンク