ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

花火大会

勝毎花火大会の令和元年穴場5選と見どころや有料情報をご紹介!

2019/04/07

 

北海道で規模が最大とも言われている
勝毎花火大会も今回で69回目を迎えます。

道内の花火大会では最大規模で20万人近い人が集まる花火大会が、
帯広市で開かれる「勝毎花火」ですね。

始まりは戦前
十勝に北海道で始めての花火大会を開催しようと

十勝毎日新聞社の初代社長が各方面に尽力して
昭和初期に開催されて今年で第69回を数えるまでになりました。

ここから毎日新聞と十勝で「勝毎」と命名されました。

勝毎花火令和元年を楽しむためのポイントや、
実際に行ってみないと分からない、
知っておくとよい情報などをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

勝毎花火大会の基本情報

●日程:令和元年8月13日(火)

 

●打上時間:19:30~20:50

 

●打上会場:十勝川河川敷特設会場

 

●打上場所:十勝大橋下流400m付近

 

●打上げ数:20000発

 

●動員数:約20万人

 

●連絡先:0155-22-7555(十勝新聞社事業局)

 

●交通規制:9:00~22:00(会場周辺立ち入り禁止区域あり)

 

●アクセス

○車

新千歳からは約2時間、札幌からは約2時間30分ほどで帯広です。

会場周辺には駐車場はありませんので注意してください。

離れたところに駐車場が設置されます。

どちらの駐車場からもシャトルバス
(片道おとな400円、こども200円)が運行されますのでご利用ください。

大型の駐車場ですが、夕方には大体埋まってしまいます。

余裕を持つなら15時頃までには駐車をするのが確実です。

○列車(帯広駅からの行き方)

帯広駅から駅前発のシャトルバス
(おとな200円、こども100円)に乗車できます。

5分ほどで会場に到着します。

※このシャトルバスは往路のみの運行ですので注意してください。

(帯広駅までは徒歩約20分)

 

●駐車場

○アグリアリーナ特設駐車場(無料、2000台)

住所:河東郡音更町音更西2線9番1号 音更IC北側

○北愛国交流広場特設駐車場(無料、2000台)

住所:帯広市愛国町10番1

 

 

 

勝毎花火大会の見どころは?

北海道の花火大会の中では桁違いの規模を誇ります。

2万発の花火が打ち上げられることで、
道内でも数多く花火大会は開催されますがケタ違いの花火の量です。

打ち上げスペースの幅が400mもあるので、
目の前で見ると視界一面花火のすさまじい迫力です

 

音楽やレーザー光線など
臨場感あふれた演出で楽しませてくれます。

プログラムは6部で構成されていて、
雰囲気の違う花火をたくさん見ることが出来ます。

そしてなんといっても、
グランドフィナーレを飾る「錦冠(にしきかむろ)花火」

空から花火が降ってくるような錯覚を起こすほどの
迫力と圧倒的な美しさです。

このフィナーレは
日本でもトップクラスといってもいいのではないでしょうか。

 


スポンサーリンク






 

勝毎花火大会の無料席での場所取り方法

一般観覧席では、
かなり早い人は前日深夜に行ってシートを敷いて
場所取りする人もいるそうです。

場所をとったら撤収されないためにも
離れないのが原則なので根気が必要ですが…。

家族で見る方などは、
スペースもとりますから当日午前中までには
場所取りしておくのが理想です。

 

長時間すわることになりかねないですから、
熱中症対策や日焼け対策をしっかりしてくださいね。

トイレや飲食店でもかなりの列になりますから、
事前に済ませてなるべく最小限の利用に抑えるようにしましょう。

携帯もつながりにくくなるほどですので、
待ち合わせの打ち合わせなども事前に十分にしておいてくださいね。

 

 

 

勝毎花火大会が見える穴場5選

混雑が苦手で、
花火をもっとゆっくり楽しみたいという方に
穴場スポットをご紹介します。

鈴蘭公園の展望台(河東郡音更町鈴蘭公園2番地)

十勝大橋の近くにある、
春には桜の名所としても知られている公園です。

公園が少し高い位置にあるので、
会場が見渡すことが出来ます。

展望スペースは絶好のスポットです。

ただ、穴場スポットも中でもかなり有名な場所ですし、
会場にも近く花火もとてもきれいに見えるので、結構混みます。

夕方には場所取りを済ませておくほうがいいかもしれません。
トイレもありますのでその点は安心です。

 

 

 

すずらん大橋の下にある河川敷

会場からだいぶ離れてしまい、
花火の最中の音楽や打ち上げの音などは残念ながらほとんど聞こえません。

しかし花火はきれいに見えますので、
徹底的に混雑を避けたい方にはおすすめです。
トイレも完備されています。

 

 

 

札内ガーデン温泉の展望台

幕別町札内にある札内ガーデン温泉の展望台は、
会場からは多少離れてはいますが高い場所にあるので障害物がなく、
花火がきれいに見えます。

花火見物ついでに温泉にゆっくりつかるというのもいいですよね。

 

 

 

 

帯広競馬場

会場から離れてはいますが、

冷房完備で快適に花火を見ることができ、
雰囲気を楽しむには十分でしょう。

競馬場でもイベントが行われたりするので、
そちらも一緒に楽しむのもいいですね。

 

 

 

音更側の堤防(音更町宝来南2条)

会場の対岸に位置しています。

ここまでかなり歩くことになる為穴場となっています。

会場の帯広側の方が混雑は激しいですが、
実は花火の打ち上げ自体は音更町側で行われているため、
かなり迫力のある花火が楽しめます。

ただし屋台などはでていないので注意してください。

 

 

 

 

勝毎花火大会の屋台は?

本来屋台は北海道の花火大会会場では
あまりたくさん出ているのを見かけないのですが、

勝毎ではたくさん屋台が出ていますよ。

お弁当から焼き鳥などの屋台メニューまで種類は様々ですが、
かなり混みます。

20分~30分は待つ事もありますので、
周辺で購入して持ち込むのもいいかもしれません。

花火が終わったら屋台が投売りを始めたりしますので、
運よく買えたら得した気分になりますね。

 

 


スポンサーリンク






 

 

勝海花火大会の有料情報は?

総合的な演出を十分に堪能したいなら、
おすすめは間違いなく有料席のチケットを購入すること
例年、以下の3つのタイプのチケットが販売されています。

○ファミリー席:マス指定 定員4名 17,280円

○ペア席:パイプ椅子指定 定員2名 8,640円

○自由席:ブロック指定(ブロック内自由) 4,320円

 

一人4,320円という値段は、全然高くないと思います。

そして、このチケットはかなりの人気ですぐに売り切れてしまいます。

 

 

 

 

最後に

これぞ北海道と言える広大な土地や山々を見られる
十勝地方を代表する帯広市。

観光地としても有名で
観光スポットやグルメも潤沢にあります。

開催は、お盆の時期なので、
親子三世代で見に来る人もたくさんいるのではないでしょうか。

夏といえど夜はそれなりに寒くなりますから、
薄着や浴衣の方はブランケットや上着を持っていかれるといいですよ。

北海道はお盆を境に一気に秋に近づきますので

夏の最後を素敵に彩ってくれると思いますよ。

 

◆こんな記事も読まれています

関門海峡花火大会の2018年穴場7+7選と見どころや有料情報をご紹介!

2018年川越花火大会の穴場10選と見どころや有料情報をご紹介!

いせさき花火大会の2018年穴場16選と見どころや有料情報をご紹介!

益城町花火大会の2018年穴場と見どころや有料情報をご紹介!

木更津港まつり花火大会の穴場7選・2018日程と見どころや有料情報はこちら!

 

 


スポンサーリンク






 

-花火大会
-, , , , , ,

スポンサーリンク