ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

紅葉

香嵐渓の紅葉2018年の見ごろは?絶好スポット6選と渋滞情報!

2018/09/16

香嵐渓(こうらんけい)は、
愛知県豊田市足助町(あすけちょう)にある、
巴川(ともえがわ)によって出来た渓谷です。

東海地区を代表する紅葉の名所として、
とても人気の高いスポットです。

愛知県豊田市にある香嵐渓は、
11種のカエデが約4000本植えられており、

秋になると赤や黄色に色付く紅葉が人気で、
ライトアップも行われている人気スポットとなっています。

この記事では、
香嵐渓2018年の紅葉の見ごろや、

香嵐渓もみじまつりのライトアップ、
おすすめスポットについても紹介していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

香嵐渓の紅葉2018基本情報

江戸時代のはじめ、
香積寺(こうじゃくじ)の住職が巴川からの参道に、

お経を一巻詠み上げるごとに
もみじを一本ずつ植えたのが始まりといわれています。

 

その後、大正末期から昭和初期にかけて
住民がボランティアでもみじの植樹を行い、

現在のような素晴らしい景色が生まれました。

 

◆紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

 

◆住所:愛知県豊田市 足助町飯盛

 

◆アクセス:

【電車】名鉄名古屋本線東岡崎駅から名鉄バス足助行きで1時間10分、香嵐渓下車すぐ

【車】東海環状自動車道豊田勘八ICから国道153号を足助方面へ車で13km

 

◆駐車場:有料駐車場あり・1000円(1600台) ※11月以外は500円

 

◆お問い合わせ:0565-62-1272(足助観光協会)

 

 

 

 

香嵐渓の紅葉2018見どころ

香嵐渓の紅葉の見どころといえば、
赤や黄色に染まった色鮮やかな「もみじ」
川沿いにズラーっと立ち並んでいる光景!

それが川に映って「うわぁ~キレイ!」

感動の声が漏れると同時に
目が輝いてしまうほどの美しさですね♪

そして例年11月の『香嵐渓もみじまつり』では、
様々なイベントが開催されています。

期間中は日没以降、
紅葉がライトアップもされて、
とても幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

 

 

 

香嵐渓もみじまつり

昼間の真っ赤な紅葉から夕暮れ時へ、
ライトアップされた黄金色に輝く紅葉が見事!必見です!

◆場所:足助・香嵐渓広場(愛知県豊田市足助町飯盛)

◆期間:2018年11月1日~30日(予定)

◆ライトアップ時間:日没~21:00 ※期間中毎日

◆料金:無料 ※香嵐渓広場に隣接している三州足助屋敷への入館料は300円

◆お問い合わせ:0565-62-1272(足助観光協会)

また土日を中心に、
香嵐渓広場で茶会、猿まわし、
伝統的な太鼓や演武、足助祭りの御囃子など、
様々なイベントが催されます。

足助屋敷前には、
五平餅や刀削麺、
鮎の塩焼きなどの屋台も並びます。

 

 


スポンサーリンク





 

 

香嵐渓紅葉の絶景スポット6選

香嵐渓広場

香嵐渓の紅葉の定番スポットが「香嵐渓広場」です。

ここが中心となり「もみじまつり」が開催され、
ライトアップも行われます。

まずは押さえておきたいおすすめの場所です。

見頃の時期には大変多くの人で賑わう場所として
例年多くの観光客がいろいろなところから訪れます。

 

 

巴橋

渓谷の入り口とも言える巴橋(ともえばし)は、
飯盛山を一望できる絶景ポイントです。

赤や黄色に色づく木々と針葉樹が見事な飯盛山。

昼間の景色も素敵ですが、
夜のライトアップも美しく、
まるで山が燃えたかのように見えます。

 

 

待月橋

待月橋ともみじ、
赤と赤の色合いが鮮やかになりました。

香嵐渓のシンボル的存在で、
朱色の欄干が美しい待月橋(たいげつきょう)

撮影スポットとしてとても人気の高い場所です。

飯盛山側の岸には『五色もみじ』と呼ばれるもみじがあり、

その名の通り、緑・黄緑・黄・橙・赤と
五色のグラデーションで紅葉していくのが楽しめます。

 

 

観音山

観音山の山頂にある
「観音寺」は香嵐渓の紅葉の穴場スポットです。

観音寺への山道は道の両側から紅葉に覆われて、

紅葉のトンネルとなっていて、
名所とも言われているほど
きれいな紅葉を見ることができるところです。

山頂には展望棟があり、
ここから見ることができる
香嵐渓の見頃の紅葉は大変美しいと評判です。

見頃は11月の上旬から下旬にかけてとなっています。

 

 

足助城

足助城は15世紀頃に、
鈴木氏が築城したと言われている城がありました。

平成5年に櫓や長屋などが復元されています。

足助城も素敵な紅葉を
見ることができる場所として穴場とされています。

景色の良い場所にあり、
街を見下ろしながら城の歴史に思いを馳せることができます。

9時から16時30分まで開城していて、
大人300円、高校生100円、中学生以下無料で入場することができます。

 

 

三州足助屋敷

香嵐渓広場近くにある「三州足助屋敷」

日本の昔ながらの暮らしや
風景を感じることができる場所です。

民族資料館などがあり、紙すきや機織りなど
さまざまな体験ができるところとなっています。

昔の雰囲気を感じながら、
きれいな紅葉を見ることができる貴重な場所と言えます。

 

 

 

香嵐渓の紅葉の見頃時期の混雑情報

香嵐渓へのアクセス経路は限られています。

よって紅葉の見頃のシーズン、
特に土日や勤労感謝の日ともなると
午前中から混雑することがあります。

 

穴場時間は平日の早朝や
ライトアップの時間の遅い時間帯をチョイスすると
比較的混雑がなく見頃の紅葉を楽しむことができます。

子供連れの場合は
特におもちゃや飲み物、食べ物などを
事前に準備しておくことをおすすめします。
 
 


スポンサーリンク






 
 

最後に

香嵐渓は、
もみじの本数や種類の多さだけでなく
山や川、足助の古い街並みやお寺などがあり、
情緒ある美しい紅葉が楽しめる場所。

ライトアップされた紅葉、
真っ赤なもみじのトンネルなど、
別世界にタイムスリップしたかのような気分になれそうですよね♪

香嵐渓もみじまつりでは、
期間中ほぼ毎日イベントが行われているので、
子ども連れでも楽しく紅葉狩りが出来ます。

ぜひ、家族皆さんで紅葉を楽しんでくださいね!

 

◆こんな記事も読まれています

新宿御苑の紅葉2018年の見ごろは?アクセスやおすすめスポット6選と混雑状況!

永観堂禅林寺の紅葉2018年の見ごろは?境内絶景スポット4選と紅葉周辺情報

鶏足寺の紅葉2018年の見ごろは?周辺散策スポットや渋滞駐車場情報!

長瀞2018年の3大紅葉スポットとライトアップ&穴場スポット12選!

養老渓谷の紅葉2018年の見ごろは?養老八景と渋滞回避方法とは!

 
 


スポンサーリンク






 
 

-紅葉
-, , , , ,

スポンサーリンク