ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

紅葉

奥入瀬渓流の紅葉2019年の見ごろや紅葉スポット7選と駐車場状況。

2019/07/13

お盆を過ぎると
奥入瀬渓流は秋色に変わる準備が始まります。

そして、9月中旬ぐらいになると
朝晩ぐっと冷え込むようになり、

この冷え込みが、
10月からの紅葉を美しいものにしていきます。

奥入瀬渓流にはいくつもの滝が点在していて、
銚子大滝、阿修羅の流れ、雲井の滝など
多くの景勝地があるんですよ。

赤黄茶にそまると葉と
まだ少し残る緑が見事に調和され、

まるで計算されたかのように
渓流の水の流れと合わさって、

自然の神秘を感じられる
季節へのあたりの景色が変わっていくんです。

この記事では、
そこで奥入瀬渓流の紅葉2018の見頃や、

アクセス情報など、奥入瀬渓流の紅葉の魅力
お伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉の見ごろっていつ?

紅葉の見ごろは、年によって若干違うのですが、

●色づき始め:10月上旬ぐらい

 

●見頃時期:10月下旬~11月上旬

 

●主な標高:200m

 

●主な紅葉樹:ブナ、カエデ、ヤマモミジ、ミズナラ、オニグルミ、トチノキ、カツラ

 

●住所:青森県十和田市奥入瀬渓流

 

●アクセス

○車:十和田ICから約1時間30分

○電車:八戸駅からバスで約2時間

○七戸十和田駅からタクシー・レンタカーで約1時間20分

○新青森駅からバスで約1時間30分

まだまだ、東京などは暖かい日もありますが、
東北青森では、すでに秋から冬の気温に近づくころです。

日中は暖かくても、
朝晩は冷え込みがある時期ですし、

水が流れる渓流付近での紅葉ですので、
寒さの普段以上に感じられると思いますよ。

ぜひ温かくして紅葉をご覧ください。

 

 

 

奥入瀬渓流の紅葉の見どころ7選

奥入瀬渓流は紅葉の時期だけでなく、
さまざまな姿を見せる渓流の美しい流れと
14の滝を楽しむことができます。

それは四季を通じての景勝地であり、

国の特別名勝、天然記念物に指定されているほどのもの!

渓流を平行する国道は瀑布街道と呼ばれています。

紅葉と一緒に見たら、
より感動が深まる見どころを7つをお伝えしますね!

 

石ヶ戸付近

奥入瀬渓流の流れ(石ヶ戸付近)

奥入瀬渓流石ヶ戸付近の光景。

紅葉した木々の隙間から木洩れ日が渓流を照らし出しています。

 

 

 

子ノ口付近

紅葉の奥入瀬渓流 十和田湖の子の口付近で撮影。

10月中旬の光景。

早朝だったのでまだ朝靄が立ち込めています。

この辺りは紅葉真っ盛りでしたが、
ふもとの焼山付近はまだこれからと

 

 

 

阿修羅の流れ

こちらは奥入瀬の代名詞といっていいほどもの!

奥入瀬渓流の中で一番流れが急なところ、
岩を押し名指さんばかりの激しい流れと水しぶきは
「阿修羅」を思わせる圧巻の光景。

 

 

 

銚子大滝

奥入瀬渓流の本流にかかる唯一の滝。

高さ7m、幅20mという大きな滝で
マイナスイオンがたくさん!

子ノ口から約1.6kmとほど近く、
日によっては早朝だと朝もやがかかって、
幻想的な風景を見ることもできます。

 

 

 

姉妹の滝

我が家が3姉妹なので、
そういった意味でもおすすめしたい滝ですね♪

国道沿いに流れていて、
大きな木をはさんで右に姉の滝、
左に妹の滝が流れています。

 

 

 

雲井の滝

雲井の滝は落差が約20mある、
奥入瀬渓流を体表する滝のひとつです。

紅葉でカラフルに囲まれた断崖から
三段になって流れ落ちるこの滝は、
滝つぼがないので直接岩盤に当たって落ち、
その水しぶきが雲のようにみえるんです。

そう、そこから、
「雲井の滝」と呼ばれるようになったんですね~。

冬には氷瀑にもなって、冬でも見ごたえは満点!!

車道からも見ることができるので、
ぜひ立ち寄って見ていただきたい滝の1つです。

 

 

 

獅子岩

これは子ノ口方向から見ると獅子に見える、という岩。

こういうのは子供は大好きですからね!

黄色や赤の落ち葉が獅子岩に落ちると、
よりたてがみのように見えますが・・・

さるに似ているとか、いろんな意見があるようです。

 

 

 

 

奥入瀬渓流紅葉の早朝の風景も格別ですよ!

訪れるなら、森の目覚める時間を狙うといいですよ!

奥入瀬渓流の紅葉は、
早朝に最も格別な美しさをたたえます。

目覚めたばかりの木々にしたたる夜露、
朝日に光るダイヤモンドを散りばめた紅葉。

野鳥のさえずりをバックコーラスにして、
渓流のせせらぎが美しい協奏曲を奏でます。

黄色、赤、オレンジなどに色づいた葉に渓流の白、

そして岩に生える苔の緑と見事な色彩美は感動です。

多くの観光客の出足よりも、
一足早い時間に訪れれば、
混雑も避けられて一石二鳥。

ぜひ朝の澄んだ空気の中を、歩いてみて下さいね。

 

 

 

奥入瀬渓流の紅葉はどんな服装でいけばいい?

奥入瀬渓流の気温は、

10月中旬:最高 15℃~16℃ぐらい
      最低 5℃~6℃ぐらい

10月下旬:最高 12℃~14℃ぐらい
      最低 2℃~4℃ぐらい

 

さすが本州最北端の県だけはあって、
10月中旬以降になると結構気温は下がっていますね。

日中でも紅葉の時期には、
15℃前後ぐらいになってしまっていますので、

セーターはあった方がよいですね。

特に、朝方などの早い時間帯に
紅葉をご覧になるのであれば、

ダウンコートなどの防寒対策は
しっかりとしていかないと
紅葉どころではなくってしまいますね。

 

あと、手袋や防寒用に帽子もあった方がよいですね。

ぜひとも防寒をしっかりとして、
紅葉を美しさを堪能してください。

あと、遊歩道がせまいので、
雨傘は不向きです。

雨が降ることも想定して、
カッパなどを用意しておいた方が
よいかもしれないですね。

 


スポンサーリンク






 

奥入瀬渓流の紅葉は駐車場はあるの?

子ノ口バス停付近及び奥入瀬湧水館付近に
無料の駐車場が用意されています。

ちなみに、子ノ口バス停付近に近い渓流は
滝が多いコースになっていますので、

滝も一緒に楽しみたい方にはおススメです。

逆に、奥入瀬湧水館付近の渓流は
静かな森になっていますので、
静かな森を楽しみたいのであれば、

こちら側の駐車場に止めて
紅葉をご覧になった方がよいと思います。

なお、渓流沿いに14キロにわたって
遊歩道が設置されています。

全区間の紅葉をご覧になろうとすると
かなりの距離歩くことになります。

また、
トイレや休憩できるところも限られていますので、

トイレを見つけたら、
早めに用を済ませたほうよいと思います。

 

 

まとめ

奥入瀬渓流は特別保護地区に指定されていて、
動植物(山菜を含む)の採取が禁止されていますし、

傷をつけたり、折ったりすることも禁止されています。

そのような保護があるからこそ、
きれいな紅葉を見学できるだと思います。

きれいな紅葉をこれから先も見れるように、
自然を大切に、紅葉の渓流を楽しんできてください。
 
 

◆こんな記事も読まれています

定山渓の紅葉2019年の見ごろ時期や紅葉スポット5選や周辺情報!

十和田湖の紅葉2019年の見ごろ時期や紅葉スポットや周辺穴場情報!

愛知茶臼山高原の紅葉2019年の見ごろ時期や紅葉スポット穴場や周辺情報

八甲田山の紅葉2019年の見ごろや紅葉スポット5選や周辺情報!

高台寺周辺の紅葉2019年の見ごろは?穴場スポット4選と渋滞混雑は?

奥多摩の紅葉2019年の見頃は?見どころスポット5選と混雑状況!
 
 


スポンサーリンク






 
 

-紅葉
-, , , ,

スポンサーリンク