ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

肌の乾燥対策に効果を発揮する食べ物!5つの栄養素で驚きのうるおい!

2018/09/15

 

かゆみやカサカサの乾燥肌を改善するには、
食べ物で体質改善することと保湿が重要ですね!

 

この記事では、
乾燥肌を悪化させる食べ物、
飲み物やうるおいを取り戻せる食べ物など

まとめましたので参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

乾燥肌と食べ物の関係とは

乾燥肌は、化粧水や美容液など
外側からのスキンケアに目を向けがちですが、

実は体の内側も大きく影響しています。

偏った食事を続けて栄養が不足すると、
体にこのような事が起こります。

・代謝が悪化する

・体内の環境が悪化する

代謝が悪化すると、
肌表面を守る皮脂の分泌が減ってしまうため、
乾燥しやすい状態になります。

また、
体内の環境が悪化すると
体内が汚れやすくなり、

その汚れをキレイにするために
悪いものを肌から外へ出そうします。

その汚れや悪いものが肌表面に表れて、
肌の乾燥や肌荒れなどが起こりやすくなります。

 

化粧水や美容液・クリームなどで
一生懸命肌のケアをしても、

体の内側が乱れた状態では、
潤いが逃げて肌が乾燥してしまいます。

栄養をバランス良く摂り入れていけば、
体の内側から健康的になっていきます。

肌の乾燥が気になる方は、
スキンケアだけでなく食生活も見直していきましょう!

 

 


スポンサーリンク






 

乾燥肌を悪化させる食べ物・飲み物

まずは、
乾燥肌を悪化させてしまう食べ物・飲み物をご紹介します。

これらの食べ物・飲み物を
日常的に多く摂っていないか見直してみてください。

 

コーヒー

コーヒーに多く含まれるカフェインには、
血管を収縮させる働きや、体を冷やす働きがあります。

この働きによって代謝が悪くなり、
乾燥肌に繋がります。

 

カフェインは、コーヒーだけでなく
ココア・チョコレート・緑茶・紅茶などにも含まれています。

また、
カフェインには利尿を促す働きがあり、
多くの水分が排出されて、
体も肌も水分不足になり乾燥しやすくなります。

 

ファストフード・スナック菓子など

塩分・脂分が多いファストフードやスナック菓子を過剰に摂り過ぎると、
体の代謝が悪くなることがあると言われています。

気軽に食べられるので、
頻繁に食べている方も多いと思いますが、
食べ過ぎないようにしましょう。

 

 

冷たい飲み物・アイスクリームなど

体を冷やす食べ物・飲み物をたくさん摂ると、
体の血行・代謝が悪くなり、
乾燥肌が酷くなってしまう場合
があります。

アイスクリームや、キンキンに
冷えた飲み物ばかり摂らないようにしましょう。

 

甘いお菓子・ケーキ、清涼飲料水など

甘いお菓子・ケーキや清涼飲料水など、
糖分が多いものを摂り過ぎると、
体内の環境が悪化しやすく
なります。

特に清涼飲料水などの甘い飲み物は
たくさん飲んでしまいがちなので、

飲み物からの糖分摂取にも気を付けましょう。

 

 

 


スポンサーリンク






 

 

うるおいを取り戻せる食べ物5つ

ターンオーバーを促進する食べ物

肌の保湿に大切な角質層は、
破壊されても28日ごとに新しく作られます。

これをターンオーバーと言います。

 

ビタミンAには、
このターンオーバーを促進させる働きがあるのです。

その他、
皮脂腺や汗腺の働きを高めたり、
肌にうるおいを与えたりする効果もあります。

 

ビタミンAが不足すると肌が弱くなり、
乾燥しやすくなってしまいますので、毎日の摂取を心がけましょう。

また、
普段の食事でも比較的摂りやすい栄養素ですので、
妊娠中は過剰摂取に気をつけましょう。

 

<ビタミンAを多く含む食材>

うなぎ
レバー
緑黄色野菜

にんじん

 

 

 

粘膜を保護し代謝が活発になる食べ物

ビタミンB群には、
代謝を促進したり、

肌や粘膜を保護したり、
ハリや弾力を与える働きがある栄養素があります。

 

中でも、
ビタミンB1、B2、B6、B12が乾燥肌を改善するのに効果的です。

これらビタミンB群は水に溶けやすいので、
ゆでて調理する場合にはゆで汁もいっしょに摂取できるような、
スープや煮物などのメニューが最適です。

ビタミンB1には
糖質をエネルギーに変える働きをサポートする栄養素です。

エネルギーがなければターンオーバーが促進されず、
肌表面に水分を沢山蓄える力が弱まってしまいます。

そのため肌のカサカサやかゆみなどの乾燥対策には、
ビタミンB1は欠かせない栄養素なのです。

 

<ビタミンB1を多く含む食材>

豚肉
緑黄色野菜
豆類
牛乳

ビタミンB2は粘膜を保護し、
新代謝を促進する働きがある栄養素です。

そのため健康な髪質、
肌質を維持するのに重要な栄養素です。

<ビタミンB2を多く含む食材>

レバー
納豆
緑黄色野菜

 

ビタミンB6は体内に摂取した
タンパク質をアミノ酸に分解する働きがあります。

 

ここで生成されたアミノ酸によって、
肌の水分を保つ働きがある天然保湿因子が作られます。

そのため乾燥肌対策にはビタミンB6の摂取が欠かせません。

 

<ビタミンB6を多く含む食材>

ニンニク
レバー
かつお

ビタミンB12は神経細胞を正常に保つことで、
皮膚の新陳代謝を促します。

このため、肌にハリや弾力を与えることができます。

<ビタミンB12を多く含む食材>

イワシ
貝類
レバー

 

 

肌のバリア機能を強化させる食べ物

レモン、オレンジ、キューイ

「ビタミンCが肌に良い」というのは周知の事実ですよね。

サプリメントで摂取する人も多いのでは?

ビタミンCが肌に良い所以は、
コラーゲンの生成を助けたり、
皮膚の抵抗力を高めたりする効果がある
ことです。

 

これによって
肌のバリア機能を強化させるので、
乾燥肌の改善に適しているのです。

居酒屋で唐揚げを注文すると、
必ずレモンが添えてありますよね。

タンパク質の唐揚げに、
ビタミンCのレモン汁をかけることは、
肌にとってとても良いことだと言えます。

 

<ビタミンCを多く含む食材>

オレンジなどの柑橘類
アセロラ
キウイフルーツ

 

 

抗酸化作用がある食べ物

タミンEには、
抗酸化作用があるので、血液の循環を良くします。

これによって皮膚の新陳代謝を高め、血色の良い肌になります。

また、栄養分が行き渡ることで、肌に潤いももたらします。

 

<ビタミンEを多く含む食材>

カボチャ
アーモンド
大豆

 

 

 

体内の水分を保持する食べ物

セラミドには、
細胞と細胞をくっつける働きがあります。

 

そのためキメを整え外部からの異物が
肌に侵入するのを防いでくれます。

また逆に、
体内の水分を保持する役割もしていますので、
肌の乾燥にピッタリの食べ物です。

 

このセラミドは30代から減少し、
減少することで肌の乾燥を招いてしまいますので、
食べ物で積極的に摂取したいですね。

 

<セラミドを多く含む食材>

こんにゃく
大豆

 

 

 

 

乾燥肌を予防する5つの食事対策 まとめ

まとめてみますと、
たとえば、献立の例としてですが

朝食は、豆乳(又は牛乳)とパン、目玉焼きにベーコン、
ちょっとしたサラダもしくは昨日の残りのひじきとこんにゃくと大豆の煮物とか。

 

昼食は、外食ならバランスよく。

和食なら、ご飯に魚と味噌汁とか。

アセロラジュースを仕事の一息など、ちょっとしたときに飲むのも良し。

 

夕食は、牛乳(又は豆乳)、ドレッシングをかけたサラダ、
もしくは肉(たまにレバー)と野菜の炒め物に、
魚のおかず、玄米ご飯、ひじきとこんにゃくの煮物、冷奴などにするのも
バランス良く栄養素が摂れて良いと思います。

 

時には、
スパイスの効いたものや、カレーなどにするのも良いでしょう。

乾燥肌に良いものが入った食品を、
飽きない色々な方法で、
ちょっと意識して摂ってみてくださいね。

 

◆こんな記事も読まれています

アットノンとケシミンの違い?顔のシミやニキビ跡にもに効果的なのは??

毛穴の開きを治す2つの方法と洗顔料で選ぶべき2つのポイント!

夏の乾燥肌の原因と症状!乾燥肌の対策はどうすればいい??

9月病や秋バテによる体調不良?心の症状と体の症状の原因と対処法とは!

あがり症を克服するために極度の緊張を解消する2つの対処法とは!!

 
 


スポンサーリンク






 
 

-暮らしのトラブル
-, , , , ,

スポンサーリンク