花粉症を根本から治す方法はあるの?免疫療法の効果と気をつけることとは!

健康の知恵

花粉症の症状を和らげる治療だけでは、
アレルギー体質を治すことはできませんよね。

では、アレルギー体質を根本的に治す方法はあるのでしょうか?

免疫療法は、
スギやハウスダストなどの原因物質を(抗原)を注射して、

だんだん免疫を付けていく治療法です。

この治療をすることで、
アレルギー体質が改善していきます。

 



家電・家具のお届けレンタルサービス「かして!どっとこむ」のプログラムです。
業界トップのシェアと実績を誇るサービスで、年間通じて需要が安定しているのが特長です。

 

 

 

スポンサーリンク

免疫療法が予防接種と違うのは?

ちょうど、予防接種が
病原生の少ないウィルスや死んだウィルスを注射して、

免疫をつけるのと似ています。

しかし、予防接種と違う点もあります。

予防接種は一回、あるいは数回注射すれば、

免疫がつきますが、

免疫療法の場合は、
数十回注射をしなければなりません。

ちなみに僕の場合で恐縮なのですが、

僕も20歳の学生の時に、
古いアパート暮らしで、ひどいアレルギー性鼻炎に苦しみました。

夜は咳をすれば最後、
喉を掻っ切られるような痛みで、

喉が ”ヒーヒー” と泣き出して、
早朝まで眠ることができませんでした。

それで、耳鼻咽頭科で血液検査をして、
スギ花粉とハウスダストが原因と診断され、

それから、週に1回の体質改善注射を

なんと、2年間も続けました ;^^:

すみません、話を戻すのですが、
では具体的にどのようにするのがいいのでしょうか?

まずは、
アレルギーの原因物質を調べないといけません。

現在、
日本の保険制度でできる免疫療法は、

おもにスギ、ハウスダスト(ダニ)、ブタクサの三種です。

ですから、

それ以外のアレルギーには、
残念ながらこの療法は使えません。

 

アレルギーは遺伝する?免疫療法と舌下療法で体質改善するには??

免疫療法の効果とは?花粉症を根本からは治す方法はあるの?

舌下免疫療法は自宅でできて痛みもなく、副作用も少ないって本当?




▼手数料が業界最安値水準!
現物最低50円(税抜)~、信用最低0円(税抜)~!
▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料※、出金手数料も0円
※クイック入金をご利用いただいた場合
▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。
▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応
 

アレルギー症状をかなりの割合で改善!

初めに原因物質が何なのかを知って、

それに合った注射を選択します。

注射をするときには、
まず薄い抗原を注射します。

そして一、二週間、間を開けて、
だんだん抗原の濃度を上げていきます。

そして維持量に達したら、
同じ濃さで注射を続けていきます。

そして、二、三年間続けていくと効果があります。

僕も2年間、免疫注射を続けましたが、

確かに以前よりは良くなりましたが、
今でも、お線香の煙などには敏感に反応したりもしますね。

でも、医師が適切に診断し、
免疫療法に効果がありそうな患者さんを見極めて、

しっかり治療を行えば、
アレルギー症状をかなりの割合で改善することができます。

ある報告では、免疫療法の結果、

7割の人が鼻や目の症状が楽になり、

2割の人が薬なしで花粉シーズンを過ごせました。

また、花粉が大量飛散した年でも、
6割の人が無症状ですごせたという報告もあります。

 

↓ ここもクリックして見てください!!



家電・家具のお届けレンタルサービス「かして!どっとこむ」のプログラムです。
業界トップのシェアと実績を誇るサービスで、年間通じて需要が安定しているのが特長です。

 

アレルギー性鼻炎の症状が軽くなるのは免疫機能の低下が原因かも?

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

花粉症cmでお悩みの方へ!その症状と原因、検査と治療法とは!!

 

↓ ここもクリックして見てください!!



▼手数料が業界最安値水準!
現物最低50円(税抜)~、信用最低0円(税抜)~!
▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料※、出金手数料も0円
※クイック入金をご利用いただいた場合
▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。
▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

最後に

でも、注意点もあるのです。

頻度は高くありませんが、
注射には副作用が起こる可能性があるということです。

注射したところが赤く大きく膨れたり、

全身に蕁麻疹がでたり、
ごくまれにはアナフィラキーショックといって、

血圧が下がって危険な状態になることもあります。

しかし、

免疫療法を行っている
アレルギーの専門医であれば、

そのような副作用に対応できますので、

安心してください。