ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

生活の知恵

結婚式の費用っていくらかかるの?その平均相場や地域別相場、招待人数は?

2018/09/16

ご結婚おめでとうございます!

と言いたいところですが、

“ いざ結婚”となった時にいちばん気になるのが

「いったい結婚式の費用はいくらくらいかかるのか」という点ですね。

自分たちの結婚式はどうするべきなの、
”安いのがいいの?それとも高いの?”と気になるところですね。

結婚式の形式や人数等によって、かかる費用は変わってきます。

結婚式、披露宴、新婚旅行まで合わせると
相場的には、300万円~400万円とも言われます。

これに新居での新生活にかかる費用を含めると、
トータルで500万円~600万円にものぼりますんね :^^;

 

 

スポンサーリンク

結婚式費用の内訳、それぞれの平均相場は?

結婚式の費用は、
平均相場で300万円から350万円かかると言われていますが、

内訳としてはどんなものがあるのでしょうか。

①新婦の衣装(45万円~50万円)
②新郎の衣装(16万円~17万円)
③挙式料(10万円~25万円)
④写真撮影の依頼(21万円~22万円)
⑤ビデオ撮影の依頼(17万円~19万円)
⑥会場の装飾(10万円)
⑦ゲストのお料理、ドリンク(一人あたり2万円)
⑧引き出物、引き菓子(一人あたり6000円~7000円)

などがあります。

だいたい150万円+ゲストの人数分のお料理、引き出物の値段になります。

一番費用が高いのは、
新婦の衣装で平均的な相場は45万円~50万円くらい。

ウェディングドレスとカラードレスの組み合わせが一番多く、
ウェディングドレスのみという場合もあります。

お色直し2回というのは逆に少ないようでした。

新郎の衣装は
タキシードのみというパターンが一番多く、
平均的相場は16万円~17万円ほど。

挙式料も結婚式費用の中では多くを占める部分で、
平均相場は10万円~25万円ほど。

ただ挙式スタイルによっても金額が変わり、
費用が安くつくのは人前式で
実費以外は費用が不要という場合もあるようです。

キリスト教式や神前式もありますが、
キリスト教式のほうが少し割高になります。

写真をプロに頼むと21万円~22万円ほど、
ビデオ撮影を依頼すれば17万円~19万円ほどかかります。

装花は新郎新婦が座るメイン卓が
5万円~8万円、ゲスト卓が1万円~2万円ほど。

ただし、ゲスト卓が増えればそれだけ
装花の費用も上がります。

ゲストのお料理と飲み物は一人あたり約2万円ほど、
引き出物や引き菓子に関しては、

費用の相場として一人あたり6,000円~7,000円くらいのようでした。

 

 

結婚式以外にかかる諸費用

婚約して結婚式まで、
結婚式以外にかかる費用もいろいろとありますよね。

これも結構な金額なのですね!

平均的なものを紹介していきますね。

 

結納

結納金は地域によっても差がありますが、
だいたい50万~100万ぐらいです。

結納の方法も関東や関西では違っていたり、
最近は略式で結納をしたり、
家族のお顔合わせの食事会を結納代わりにする方も増えています。

 

 

結婚指輪代も忘れずに!

婚約指輪と結婚指輪をあわせて55万4000円。

指輪へのお金のかけ方は、
カップルによってかなり差がでてくるところです。

意外と見落とされがちな指輪代。

2人で吟味して選んで下さい。

 

媒酌人へのお礼

最近は、媒酌人を立てないという方が多くなっていますが、

もし媒酌人を立てて結婚式をした場合は、
お礼の金は、頂いたご祝儀の金額の「倍返し」が相場となっています。

平均すると、20~30万円程度になります。

 


スポンサーリンク






 

挙式スタイルによって、相場が変わる!

大きくわけると 、
「教会式」「神前式」「人前式」の3つに分類されますが、

最も費用がかかるのは、教会式。

もっとも安いのは人前式です。

 

教会式の場合、
式までの間に何回か教会に通うことで、
一般の人でも挙式ができる、という教会もあります。

結婚式場やホテルなどで披露宴と挙式の両方を依頼する場合は、
挙式代も見積り項目の中に入っています。

結婚式のみ単体の場合の費用は20万円くらいが相場だそうです。

 

 

 

ゲスト人数ごとの平均費用は?

ゲストの人数によって費用は変わりますが、その人数ごとの平均費用をご紹介しましょう。

 

50人のゲストを招待する場合。

平均費用は220万円~250万円ほどかかるようです。

 

 

80人のゲストを招待した場合。

平均費用は350万円~400万円ほど。

なかには500万円かかったという人も意外に多いようです。

 

100人のゲストを招待した場合。

平均相場は、400万円~600万円ほどかかるようです。

どういった式場で結婚式を挙げるのかによっても金額は大きく変わってくるようです。

上は、披露宴会場で式をあげた場合ですが、
ホテルで式を挙げるとなると、さらに値段がかかります。

50人招待で、250万円~290万円ほど、
格式のあるホテルで挙げた場合には320万円~350万円ほどかかるようです。

 

 

地域別の平均費用と招待人数は?

北海道の結婚式の平均費用は、

・平均192.3万円で、招待人数の平均は86名
・札幌以外の地区では、200~300名ということも珍しくないようです。

 

東北地方

・青森・秋田・岩手「結婚式費用平均336.2万円(招待人数平均106.6名)」
・宮城・山形「結婚式費用平均345.6万円(招待人数平均78.1名)」
・福島「結婚式費用平均360.4万円(招待人数平均91名)」

 

北関東と首都圏

・茨城・栃木・群馬「費用総額平均367.9万円(招待人数平均77.8名)」
・首都圏「費用総額平均341.7万円(招待人数平均66.9名)

 

中部地方

・新潟「結婚費用平均353万円(招待人数平均70.7名)」
・長野、山梨「結婚費用平均350.4万円(招待人数平均74.8名)」
・富山、石川、福井「結婚費用平均333.5万円招待人数平均(61.6名)
・静岡「結婚費用平均348.9万円(招待人数平均75.4名)
・東海「結婚費用平均328.8万円(招待人数平均60.3名)

 

関西地方

・結婚式費用平均は、316.1万円で招待人数平均は、61.3名。

 

中国地方

・岡山・広島・山口・鳥取・島根「結婚式費用平均321.2万円(招待人数平均66.4名)」

 

四国地方

・結婚式費用平均は、355.4万円、招待人数平均は、79.8名となっています。

 

九州地方

結婚費用平均は、363.0万円で招待人数平均は、98.3名です。

 
 

親から援助をもらっている人はどれくらい?

親や親族から援助があった人は、
74.6%と4分の3程度は援助があったようです。

また、その費用平均は183万2000円。

かなりの費用援助が出ていますね。

結婚費用に対して、親や親族が援助をした金額は、
100万円台が34.2%、200万円台が23.5%となっており、

約6割は100万円から300万円未満の分布に入っています。

一方で100万円未満も2割強になっており、
親からの援助を無条件にあてにするのも難しそうです。

まずは親からの援助の有無を確認してから、
披露宴の規模を考えたほうが無難ですね。

 

 

結婚式の費用の借り入れ ブライダルローン

ハレの日に備えて、
コツコツと貯金(貯蓄)をするのは大切なことですが、
結納、結婚式、ハネムーンのトータルで、
300~400万円の費用のうち、
「すべてを貯金だけで用意するのはちょっと難しい」というお二人へ。

結婚にかかる費用の全額でなくても、
挙式費用の1/3でも、1/4でも、
つまり「不足分だけ」を借り入れしたいという場合には、

銀行などの金融機関でブライダルローンというプランがあるようです。

返済も分割でできますので、
収入に応じてプランを組むことができます。

返済方法、金利などを比較してみてはいかがでしょうか。

ブライダルローンを使用するためには、
”結婚のためにかかる費用のうちのひとつに使うお金である”ことを
銀行に説明する必要があります。

 

 

まとめ

結婚式の費用や地域別の平均費用についてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

正直、すっごくお金が必要なので
びっくりされているのではないでしょうか?

せっかくの結婚式だから、
節約したくないと思う方も多いと思いますが、

後になってみて、
予算を大幅にオーバーしたということも少なくありません。

はじめに予算計画をしっかりと立てて、
譲れないポイントや節約できる部分を考えておくと失敗がないですよ!

どうかいつまでもお幸せに♪

 

◆こんな記事も読まれています

日本で国際結婚する手続きと書類!外国籍の人と結婚する2つの方法とは?

チャイルドシートの着用は何歳まで?使わなかった場合の罰則や罰金はあるの??

出産内祝いの相場金額やその時期はいつ?お返しの品は何がいいの??

会話のネタが続くための11つの方法と話し上手な15のコツを教えます!!

葬儀の供花の相場とは?供花におすすめの花は??

 


スポンサーリンク






 

-生活の知恵
-, , ,

スポンサーリンク