ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

マナー・例文・手続き

家庭訪問のマナー!先生の座る場所や挨拶の仕方、聞くべきこと5選とは?

2019/05/03

 

 

家庭訪問は、
まだ新学期が始まって間もない春のころに行なわれます。

先生が子供の家を訪れ、
親と直接話をすることで
先生が子供をより深く理解し、

家庭の雰囲気や教育方針を
把握するのが主な目的です。

 

また、子供が、
どんな場所を通って学校に通っているのか、
どんな雰囲気の場所に住んでいるのか、

近くに危険な場所などはないのかを
確認する意味もあります。

これらのことは子供を把握する上で
今後役に立つ可能性があります。

では、具体的に
先生をどのようにお迎えするのがよいのか、を
解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

先生を出迎える時は、子供と一緒に!

 

 

ベテランの先生でも初めて訪問する家は、
少なからず緊張するものだそうです。

経験の浅い若い先生では、なおのこと。

先生の緊張をほぐすためにも
子供と一緒に玄関で出迎えて、

リビングまで先生を
子供に案内をさせるのがベストです。

子供に先生を案内させている間に保護者は、
お茶とお菓子の準備をするという裏技もオススメです。

 

 

玄関先で話す場合のマナーとは?

最近では、
玄関先で話すことを前提にしている学校も多いようです。

家庭訪問の通知書などに
「玄関先で」などと書いてある場合は、
あえて部屋まで通すことをしなくてもよいでしょう。

では玄関先で話す場合は
どんなことに注意をしたらよいのでしょうか?

 

立ったまま話す?座ることをすすめる?

玄関先の場合、まず気になるのはこの点でしょう。

一戸建てのように
靴脱ぎ場と廊下の部分に段差があり、

廊下部分に腰掛けることができるタイプの玄関ならば、
座布団を用意し座ってもらうのが無難です。

 

マンションではどうなの?

しかしマンションでは、
靴脱ぎ場と廊下部分の段差がなく
フラットなのが一般的です。

この場合は立ったまま話してもよいと思います。

玄関で、と断りがある場合は、
部屋の中まで先生を通すことは
めったにないと思っておいてよいでしょう。

しかし話の流れからどうしても、
部屋に上がる場合や、先生から

「ちょっとトイレをお借りしてもよろしいでしょうか?」と
言われることもないとはいえません。

リビングの整理整頓と
トイレの掃除は最低限しておくのが無難です。

 


スポンサーリンク




部屋に上がってもらう場合のマナー

学校のほうで「玄関先で」という指定が特にない場合は、
やはり部屋に上がることをおすすめするのがマナー

先生によってはそれでも、
「いえ、玄関先でけっこうです」という場合もありますが、

部屋に上がってもらうことを前提に
準備をしておいたほうがよいでしょう。

見苦しくない程度に整理整頓する

当然のことですが、

お客さんを迎えるに
ふさわしい状態に整えておきます。

といってもほこり一つないくらいに、
きれいにする必要はありません。

普段の雰囲気で見苦しくない程度に
整えておけばよいと思います。

先生は入り口の奥の上座に座る

先生には上座に座ってもらいます。

基本的には入り口から遠い席が上座、
入り口から近い席が下座になります。

先生にどの席に座ってもらうか、
あらかじめ決めておき、

部屋に入ったらその場所に
案内するのがスムーズです。

お茶やお菓子はあらかじめ席に用意する

家庭訪問の時間は、
1家庭あたり10~20分です。

あいさつから始まり子供の学校での様子、
家庭での様子など様々な話をすることを考えると
決して長い時間ではありません。

先生が席に着いてから
キッチンにお茶の用意をしに行くとすると

かなりの時間のロスになってしまいます。

家庭訪問の本分である対話をするために
お茶やお菓子はあらかじめ席に用意しておきましょう。

 

先生との接し方はどうすれいい?

さあ、家庭訪問の本分である対話が始まりました。

先生との接し方をどのようにするかで、
内容が変わってくる可能性もありますので、
おさえておくべき大事なポイントです。

 

話す内容は?質問する事は?

話す内容に決まりはありません。

家庭訪問は、先生にとっては、
家の場所を確認する程度のものです。

型どおりの挨拶をして、
「一年間宜しくお願い致します」
という気持ちを伝えれば充分です。

「学校で(授業中・休み時間)の様子はどうですか」
などが定番の質問ですが、

特に聞きたい事が無い場合は、
先生にお任せしても構いません。

家庭訪問の時間は短いので、
どうしても聞いておきたい事がある場合は、
メモしておいて先に聞いてしまいましょう。

 

家庭訪問で聞きたいこと5選

でも、家庭訪問は、
普段の生活では知ることができない、

子供の学校生活を知る良いチャンスです。

だから、質問したい場合は、
話題を考えておきましょう。

 

生活態度

・忘れ物はあるか。
・先生に対しての態度や言動など。
・先生やクラスメートに挨拶がしっかりできているか。
・日直やクラスの係など、個人に与えられた役割をしっかりこなせているか。

 

授業中の様子

・授業に集中できているか。
・先生の話をしっかり聞くことができているか。
・隣、前後のお友達と私語で盛り上がっていないか。

 

休み時間の様子

・外で元気よく遊んでいるか。
・教室でお友達と遊んでいるか。
・図書館は利用しているか。
・友達とどんな遊びをしているか。

 

給食の様子

・どのぐらいのペースで給食を食べ進めているか。
・残してはいないか。
・おかわりはしているか。
・食事中に気になるクセとかはないか。

 

お友達との関係性

・お友達との目立ったトラブルはないか。
・お友達に対して、手を出したり、言葉遣いで気になることはないか。

小学校と家庭では、環境が違います。

なので、
子供がその環境に応じた顔を持つことは、
珍しくありません。

家では甘えん坊な子が
クラスではみんなを引っ張り、
リーダーシップを発揮する。

また、家ではしっかりしているのに、
学校では気後れして友達の影に隠れがちなど、
親も知らない子供の一面を知ることもあります。

 

くだけすぎず敬語を使う

先生にはあくまで丁寧に接しましょう。

場合によっては、
自分より年齢が若い先生が
担任ということもあり得ますが、
この場合ももちろん敬語を使います。

いくら若くても、
わが子を指導してくれている立場なのですから、
敬意を持って接するようにしましょう。


スポンサーリンク




最後に

子供のためになる
有意義な家庭訪問にしましょう!

初めての場合は、
戸惑うことも多いでしょうが、

基本的なマナーをおさえておけば、
安心して迎えることができますね。

堅苦しく考えず、
子供のためにも有意義となる

家庭訪問の時間を
過ごしていただけたらと思います。

 

-マナー・例文・手続き
-, , , , , ,

スポンサーリンク