ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

マナー・例文・手続き

引っ越しで固定電話の解約と契約の手続きは?立会時間や電話番号を変更しないで手続きできるの?

2019/02/17

 

 

引っ越しなどの際には固定電話も移転する必要が出てきます。

その際には、電話会社に引っ越しの手続きを行う必要があります。

この記事では、引越しで固定電話を移転する時に
必要な手続きの方法についてまとめてご紹介します。

電話の引っ越しの手続きの大まか流れは、
申込み、引っ越し、電話回線工事、開通、手続き完了となります。

 

 

スポンサーリンク

引っ越し手続きの申込み

電話の引っ越し手続きは、
電話かインターネットで申し込むことになります。

手続き申し込みは、
引っ越し日が決まったら早めに行うことが大切です。

引っ越しの手続きを申し込む前に、
電話の契約者名義、現在使用している電話番号、現住所と引っ越し先の住所、
電話の取り外し日と取り付け希望日などをあらかじめ確認しておきます。

手続きの仕方は、
電話の場合、NTTなら116にかけ、上記の情報を伝えます。

電話回線工事は予約制となりますので、
この時に工事の希望日を伝えるようにします。

電話回線工事は予約制ですので、
必ずしも希望日に工事が行われるとは限らないので、注意が必要です。

料金は現状の契約や、
引越し先の設備状況によって変わってくる場合がありますので

こちらも確認しておきましょう。

 

 

 

固定電話の手続き方法

NTT東日本、NTT西日本のホームページから手続きを行います。

『116』に電話をします。

※営業時間:午前9時から午後5時まで 土日・祝日営業(年末年始は除く)

営業時間はその都度変更となる可能性があるため、事前に確認してください。

上に2つのうち、いずれかの方法で手続きを行います。

尚、携帯電話・PHS・NTT以外の固定電話から問い合わせる場合、以下の番号となります。

NTT東日本:0120-116-000

NTT西日本:0800-2000116

※営業時間:午前9時から午後5時まで 土日・祝日営業(年末年始は除く)

営業時間はその都度変更となる可能性があるため、事前に確認してください。

 

 

手続きの際に必要となる情報

・契約者の氏名

・移転工事の希望日

・旧居の住所と新居の住所

・現在利用している電話番号

・請求書の送付先住所と電話の設置場所住所が異なる場合は、請求書送付先の住所

 

 

 

固定電話手続き手順

①移転手続きの連絡をします。その際、工事日の予約を行います。(WEBか電話)

②工事内容によっては、NTTより折り返し連絡があります。

③工事日が決定します。

④NTTよりお知らせが届きます。(通常工事日前に届きます)

⑤引越しをします。

⑥工事を行い利用開始となります。

 

 

旧居の住所地で行う固定電話手続き内容

旧居の住所地で行う、電話回線の引っ越し手続きですが、特別な手続きはありません。

ただ単に、NTTへ移転手続きの連絡を入れるだけとなります。

前項でも触れた通り、NTTへ直接連絡をするか、WEBから手続きを行いましょう。

おすすめなのは、WEBからの手続きです。

何か内容に問題があれば、
必ずNTTから折り返しの連絡があるため、心配することはありません。

また、繁忙期などの混雑する時期に重なると、
電話がなかなか繋がらず手続きが進まないことがあります。

多忙な方ほど、WEBから移転手続きを行った方が便利です。

 

 

新居で行う固定電話手続き内容

新居で行う電話回線手続きといっても、こちらも特に難しいことはありません。

パターンとしては2つ考えられます。

1つは、工事の立ち合いが必要なケース

もう1つは工事の立ち合いが不要なケースです。

まず、立ち合いが必要なケースからみていくことにしましょう。

宅内にあるモジュラージャックのところまで、

電話回線が敷設されていない場合や、
配管内に電話線が引かれていない場合は、
作業員による工事が必要となるため、必ず立ち合うことになります。

工事日は、引越しによる電話回線の移転手続きを行った後、
事前にNTTより告知されるため安心です。

尚、工事は30分から1時間30分程度で完了するため、そこまで時間を取られるようなことはありません。

工事終了後、
最後にモジュラージャックまでの試験を実施して、問題がなければ工事は完了します。

電話機を用意しておくと、その場で受発信テストが行えるため便利です。

一方、立ち合いが不要なケースですが、済ませておく手続きといっても、

前もって工事の時間帯を『午前』、『午後』で選択しておくだけです。

指定した時間帯内で、
NTTの基地局内にて工事を行います。宅内での作業は一切ありません。

万が一、電話工事後に故障等があった場合は、
『113』へ連絡して相談してください。

携帯電話・PHS・NTT以外の固定電話から発信する場合は、
『0120-444-113』です。

24時間年中無休で受け付けていますが、
故障修理の対応時間は9時から17時までとなっています。

ちなみに、旧居で使用していた電話番号宛てにかかってきた電話に対して、

新しい電話番号を3ヵ月間アナウンスをしてくれる無料サービスがあります。

移転手続きの際に申告するだけですので、
希望する場合は忘れずに手続きをしておきましょう。

 

 

手続きの際に注意したい3つのこと

NTT電話の引越手続きを行う際、注意したいことがいくつかあります。

今回は、特に注意したい3つのことについて取り上げていくことにしましょう。

 

注意点その1:早めに連絡をする

移転工事は、すべて予約制です。

そのため、早めに連絡をしておかないと、
入居後しばらく電話を使うことが出来ないケースがあります。

特に繁忙期は、希望日に予約が取れないことがあるため注意が必要です。

 

 

注意点その2:電話を取り外してから1ヶ月以内に工事を行う

移転手続きの場合、電話を取り外してから1ヶ月以内に取り付け工事を行わなければなりません。

万が一、連絡が取れないまま1ヶ月以上が経過し、
そのまま取り付け工事が出来なかった場合は、利用休止扱いとなります。

 

 

注意点その3:電話番号が変わるかどうか確認する

旧居と新居でNTTの収容局が異なる場合、電話番号は変更となります。

同一市区町村内の引越しであっても、基地局が変更となる場合、電話番号は変わるのです。

『116』へ問い合わせると、

電話番号が変わるかどうか確認できるため、

事前に問い合わせをして確認しておくことをお勧めします。

携帯電話から問い合わせる場合は、

『0120-116-000(NTT東日本)』、

『0800-2000116(NTT西日本)』にて確認してください。

 

 

引越しの固定電話移転費用は?電話番号は変わる?

電話番号は変わることがほとんど。

費用は2,000円程度!

市外局番の振られた電話番号の場合、

住むエリアが変わればもちろん番号が変わります。

それなら、同じ市内で引越しをした時には番号を変えなくて済むんでしょうか?

答えはケースバイケース。変えなくてもいい場合もあるようですが、

NTTの収容局が違うと電話番号は変わらざるを得ないんです。

同じ市内で引越しをするから固定電話の番号を変えたくない!

という人は移転手続きの時に確認をするといいですね。

固定電話の移転費用は

立会が不要の場合:2,000円程度、

必要な場合   :10,000円程度です。

引越しで物入りなときですが、頭に入れておくと慌てずに済みます。

IP電話の番号で固定電話を使っている場合は、
日本国内どこに引越しをしても番号は変わりません。

移転が必要無いということなので、もちろん費用はかかりません。

ただし電話機の設定を変える必要はあるのでお忘れなく!

電話機の設定の変え方は取扱説明書を確認してください。

また、固定電話の移転手続きは要らないものの、

プロバイダへの住所変更の手続きは必須。

それに、引越し先でのインターネット開線工事などが必要になる場合があります。

こちらも引越しが決まったら早めにプロバイダに手続きをすると安心ですね。

詳しくは自分の契約しているプロバイダのサイトを見てみましょう。

ちなみに引越しを機にプロバイダを乗り換えた場合には、

IP電話の電話番号は変わってしまいます。

引越しの時には
プロバイダの乗り換えをするとキャッシュバック、
ポイントバックといったキャンペーンの案内がよく届きますが、
IP電話の電話番号で固定電話を使っている人は要注意ですよ。

 

 

 

引越し後の電話料金はどうやって支払うの?

引越し後、電話料金の支払い方法に悩む方が多いようです。

しかし、難しく考える必要はありません。

電話料金の支払い方法は、

『口座振替』、『クレジットカード』、『請求書(払い込み票)』しかないため、

それぞれの対処法さえ抑えておけば問題ないからです。

ちなみに、電話を引越した後の料金支払い方法に関しては、以下通りとなります。参考にしてください。

 

支払い方法

口座振替

同エリア内(NTT東日本エリア⇒NTT東日本エリア、NTT西日本エリア⇒NTT西日本エリア)での移転の場合、

口座振替を継続することができます。

移転手続き時に申告してください。

 

クレジットカード

『口座振替』の場合と同様、同エリア内での移転の場合、クレジットカード払いを継続することができます。

移転手続き時に申告してください。

 

請求書(払込票):支払い期限の10日前までに、請求書と利用料金内訳書が郵送されます。

尚、移転工事が完了した後も、1回から2回程度以前の電話番号で請求書が発行されることがあるようです。

※NTT東日本エリアからNTT西日本エリアへの引越しのように、
エリアが変更となる場合、他社の電話サービスを利用する場合、

他社サービスからNTT東日本・NTT西日本へ切り替える場合、
口座振替・クレジットカード払いの申込手続きが改めて必要となります。

 

電話番号が変更になるケース

引越で電話番号が変更になるケースは、大きく分けると2パターンに分かれます。

それぞれのパターンについて詳しく見ていくことにしましょう。

パターンその1:NTT基地局が変わる場合

引越しに伴い、NTTが定めている収容局が変更となる場合、電話番号は変更されます。

事前に問い合わせて引越先の情報を伝えると、電話番号が変更となるか確認が可能です。

 

パターンその2:エリアが変更となったり他社回線を利用する場合

たとえば、NTT東日本エリアからNTT西日本エリアへ引越しをする場合、

またはその逆の場合、
NTT東日本・西日本から他社の電話回線へ切り替える場合は、電話番号が変更となります。

最近は、ナンバーポータビリティーを利用して、
電話番号を継続使用できるケースが増えてきましたが、

すべての方が該当するわけではありません。

詳細は、事前に問い合わせて確認しましょう。

尚、電話番号の変更に関する問い合わせ先は、
NTT東日本・西日本共に『116』宛てとなります。

携帯電話からの発信となる場合は、

『0120-116-000(NTT東日本)』、

『0800-2000116(NTT西日本)』にて確認してください。

 

 

知り合いに新しい電話番号を伝える方法

知り合いにあらかじめ新しい電話番号を伝えておけば良いのですが、

伝えるのが遅れたり忘れていたりすることもあります。

そのようなとき、知り合いが以前使っていた電話番号にかけてくることも考えられます。

NTTには、
その際に「新しい電話番号」をアナウンスしてくれるサービスがあります。

このサービスを利用すれば、
知らずに電話をかけてきた知人に新しい電話番号を伝えることができます。

このサービスは3ヵ月無料なので、申し込んでおくことをおすすめします。

 

 

最後に

ここまでの説明で、
固定電話の引越し手続きについて理解できたかと思います。

スマートフォンや携帯だけで生活している人もたくさんいますが、
それでも「固定電話が欠かせない」という人もいるはずです。

手続きに少し手間はかかりますが、
早めに済ませておけば新居でもすぐに固定電話を使えます。

さらに、インターネット込みのお得なプランなどもたくさん用意されています。

引越しのタイミングで、最適なプランを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

◆こんな記事も読まれています

結婚式の友人スピーチ!失敗しない7つのポイントと文例まとめ!!

母の日のメッセージカード文例!カーネーションに手紙を添えて母に感謝を贈ろう!!【36例文】

入学祝いメッセージ!小学・中学・高校・大学の言葉や祝電の文例とは!

喪中はがきの返事の書き方と文例!お供えの品も送る場合はどうすればいいの?

例文でみる「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方とは!

新入社員の入社式挨拶のポイント3つ、重要キーワード4つと挨拶例文8つをご紹介!!

卒園式ので謝辞!2つの例文であなただけの感動する謝辞の書き方とは!!

結婚式の新郎スピーチ!感謝が伝わる謝辞の書き方と5つのアドバイス!!

暑中見舞いの時候の挨拶とその例文!先生と恩師、上司やお客様にはどう書けばいいの??

香典の郵送方法は?手紙に使う例文は?注意すべきことやお返し不要の場合は?

 
 


スポンサーリンク






 

-マナー・例文・手続き
-, , , , , ,

スポンサーリンク