ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

マナー・例文・手続き

寸志と志の違いは?書き方や渡し方はどうすればいい?ボーナスとの意味の違いは?

2019/02/17

 

 

 

お金や品物を贈る際の表書きに
「寸志」や「志」という文字が使われているのを見たことはありませんか。

「寸志」と「志」って漢字で書くと
1字違うだけの言葉なんですけど、
その違いはご存知ですか。

間違って使ってしまうと非常識だと思われるかもしれませんよ。

この記事では、
寸志と志の違いや金額、渡し方などについてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

「寸志」の意味は?

「寸志」とは
「ほんの少しばかりの気持ちです」という意味を表わす謙譲語で、
歓送迎会など祝儀のときにお金や品物を渡すときに使われます。

「寸」という漢字には「ほんのわずか」という意味があります。

また「志」には「気持ち」という意味があります。

「粗品」などと同じで、へりくだった言い方です。

ここで気をつけなければならないのは、

「寸志」は「目上の人が目下の人に対して
好意で差し出す金品」に使うという点です。

目上の人に「寸志」を差し上げるのは非常識ということになります。

参考までに目下の者が目上の者に対して金品を渡す際には、

「寸志」と同様の意味を持ち、

目下の者が目上の者に対して使うことができる

「御礼」や「松の葉」などといった言葉を用います。

 

 

 

 

「志」の意味は?

香典返しや法事の引き出物で

よく「志」の表書きをしますので仏事のイメージが多いですが、

「志」は本来、
謝意や好意などを表すために贈る金品の全般に使います。

寸志と似ていますが、
こちらは謝意や好意で頂いた金品全般に使います。

他人をねぎらう意味が込められていて、
寸志よりも重みがあります。

今では葬儀の際の受付や手伝いをしてくれた人など

不祝儀のときに渡すものが一般的になっています。

「志」は目上、目下は関係なく、
他の人をねぎらう意味が込められていて

「ほんの少しばかりの気持ち」よりも重みがあるため、
「寸」と言う文字がなくなって単なる「志」となっています。

不祝儀のときに渡すため、
人前で渡すのははばかられますので部屋の隅などでこっそり渡すのがマナーです。

 

 

 

 

「寸志」の書き方・渡し方のマナーや金額の目安は?

のし袋には水引の上中央に「寸志」、
下中央に名前を書きます。

水引は紅白蝶結びのものを使います。

肩書きや会社名を入れる場合は
中央に書いた名前の右肩に小さく書きます。

 

なお、3名まではのし袋に連名で書くことができますので、
その場合は右側に年齢や役職が一番上の人の名前を書いて順に左に続けます。

また、4名以上になる場合は代表者の名前だけ書いて、
他の人は別紙に連名で書いたものを中に入れます。

歓送迎会・送別会などでは会費よりも多めになるように包みます。

たとえば、会費が5千円であれば、
1万円、もしくは8千円(末広がりの八)を包むといいでしょう。

会が始まる前に幹事にそっと渡します。

 

 

 

寸志をいただいたら?

歓送迎会で寸志をいただいたら、
そのことを参加している皆さんに紹介するのがマナーです。

その際に、「◯◯さんから寸志を頂戴いたしました」と
紹介してしまうと失礼にあたります。

何故なら、
皆さんは寸志はお金だということは分かっているので、
「◯◯さんから少しのお金をいただきました」と

言っているのと同じことになるからです。

その場合には、
寸志を「ご厚志(ごこうし)」や
「ご芳志(ごほうし)」に代えて代えて

「◯◯さんからご厚志を頂戴いたしました」

などと紹介するようにします。

 

 

 

会社で寸志を受け取った時の正しい対応とは?

上司や目上の方からの好意で「寸志」を受け取った時、
急で対応が曖昧になってしまうこともありますが、

お礼の言葉を述べるのは
基本的なマナーですのでしっかりとお礼を伝えましょう。

そのお礼の言葉は決まっており、
「御志(おこころざし)をいただきまして有難うございます」と述べましょう。

「寸志を有難うございます」とは言ってはいけません。注意してください。

また、参加者に寸志を頂いた旨を報告することも忘れてはいけません。

主賓の紹介と共に伝えることが一番スマートなやり方です。

寸志を「ご厚志」や「ご芳志」と言い換えて
「この場を借りて報告させていただきます」と伝えましょう。

お返しとして
それでは、この寸志のお返しはどのようにすればよいのでしょうか。

上司や主賓は、お礼(ご厚志)の気持ちを返してほしい、

と望んで寸志を渡している訳ではありませんが、

ビジネスマナーとして、
もらったらお返しが必要になることを忘れてはいけません。

 

一番は受け取る際に感謝の意をしっかりと伝えることが大切ですので、
先程紹介したお礼の言葉を正しく使いましょう。

その後は会社によって
何かお礼のお菓子を用意したり、
お礼状を書いたりすることもあります。

会社や地域によって違うので前例があればそれに従って対応しましょう。

 

 

 

「志」の書き方・渡し方のマナーや金額の目安は?

「志」は弔事の際の不祝儀(ぶしゅうぎ)袋や、
のしの付いていない掛け紙の表書きとして使います。

「志」は宗派に関係なく使うことができます。

黒白結び切りの水引の上中央に「志」と書き、
下中央に送り主の名前を書きます。

名前のところには〇〇家、
または苗字だけを書くのが一般的ですが、

喪主のフルネームを書くこともあります。

葬儀の際の受付や手伝いをしてくれた人などに

「志」として包む金額の相場は2千円から1万円、
多くても3万円ほどです。

「僅かばかりではございますが、お納めください」というニュアンスで使います。

また、香典返しは直接相手に渡す場合と郵送で送る場合があります。

直接渡す場合は掛け紙を包装紙の上(外掛け)にし、

郵送で送る場合は中に掛ける(内掛け)のが一般的なようです。

郵送で送る場合は破れる可能性がありますので

包装紙の中に掛けるようにしています。

なお、香典返しの金額は香典の3分の1から半分程度が一般的です。

お通夜やご葬儀の当日に香典返しを渡す場合、

金額に関係なく全員に同じ品物をお渡しします。

頂いた香典が高額な場合、後日改めて品物を贈ることが一般的です。

 

 

 

 

寸志とボーナスの違いは?

ボーナスとは日本語で賞与のことを指します。

寸志とは目上の人が
ほんの少しだけという意味で渡す少額のお金のことです。

ですからボーナスと寸志は全く違うものとして理解していいでしょう。

金額も明らかに違いますが、
どこからがボーナスかという明確な境目はありません。

ボーナスの金額は会社によって
給料○ヶ月分と決まっているところがほとんどですので、

確認しておきましょう。

 

 

まとめ

繰り返しになるのですが、

寸志は「少しばかりの気持ちです」という意味の謙譲語で、
目上の人が目下の人に好意で差し出す金品に使います。

志は「感謝の意を示すために渡す金品」で、不祝儀のときに使います。

「寸志」は目下の人に使う言葉で、
目上の人には使わない、というのがポイントですね。

戴いた金品に対しては、
「ご厚志」や「お心遣い」「お志」と言い換えます。

間違って使うひとも多いので、気をつけて使い分けましょう。

 

◆こんな記事も読まれています

入学祝いメッセージ!小学・中学・高校・大学の言葉や祝電の文例とは!

喪中はがきの返事の書き方と文例!お供えの品も送る場合はどうすればいいの?

例文でみる「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方とは!

新入社員の入社式挨拶のポイント3つ、重要キーワード4つと挨拶例文8つをご紹介!!

卒園式ので謝辞!2つの例文であなただけの感動する謝辞の書き方とは!!

結婚式の新郎スピーチ!感謝が伝わる謝辞の書き方と5つのアドバイス!!

暑中見舞いの時候の挨拶とその例文!先生と恩師、上司やお客様にはどう書けばいいの??

香典の郵送方法は?手紙に使う例文は?注意すべきことやお返し不要の場合は?

新入社員の歓迎会での4つの挨拶例文!ポイントは笑顔と感謝の気持ちをこめて

卒園式ので謝辞!2つの例文であなただけの感動する謝辞の書き方とは!!

卒業文集贈る言葉!小学校から大学生まで今すぐ使えるメッセージとポイント

母の日のメッセージカード文例!カーネーションに手紙を添えて感動を贈ろう!!

 

 


スポンサーリンク






 

-マナー・例文・手続き
-, , ,

スポンサーリンク