ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

生活の知恵

退職願いと退職届けはここが違う!その意味合いや書き方、提出方法を徹底伝授

2018/09/16

退職の決意も固く、
退職のための書類を書き上げて直属の上司に提出して、

上司のコンセサンスを得てさぁ後始末だ……と思いきや、
気が変わって残留することになり上司に平謝り、
という状況も少なくないかと思います。

しかし、この「退職のための書類」である
「退職届」「退職願」には、実は大きな違いがあるのです。

この違いを知らなければ、
あなたの退職撤回が受け入れられなくなることもあるのです。

スポンサーリンク

退職願と退職届の大きな違い

退職のための手続きを解説しているサイトや書籍でも、
「退職届でも退職願でもかまわない」というように、
退職届と退職願の違いに触れていないことがしばしば見受けられます。

しかし、実際には退職届と退職願には大きな違いがあります。

この違いを知らなければ、
退職を撤回する際に大変なトラブルに見舞われることも充分ありえるのです。

退職願と退職届の性質の違い

読んで字のごとく、

退職願は「退職を願い出る書類」であるのに対し、
退職届は「退職を届け出る書類」です。

つまり、
退職願は「○月×日に退職したいと思います」という願書で、
退職届は「○月×日に退職いたします」という書類なのです。

この性質の違いは言語上のものではなく、正式な書面としてのものです。

退職願いには出来て退職届には出来ないこと

では、この性質の違いは一体どのような違いになって現れるのでしょうか?

それは前述したような、退職の意思を撤回する際に現れてきます。

退職の意思を撤回できるのは
「退職願」だけで、

「退職届」では退職を撤回できないのです。

つまり、
「退職願」は「退職を希望していることを表明する」もので、
「退職届」は「退職への強固な意志を表明する」ものなのです。

<退職願が向いているシーン>

・少しでも波風を立てずに退職交渉を進めたい場合
・退職を念頭に置きながら企業と交渉を行いたい場合
・待遇や処遇が改善されれば残っても良いと考えている場合

<退職届が向いているシーン>

・退職願では引き止められてしまいそうな場合
・何を言われても退職の意志を曲げるつもりがない場合
・既に会社側と退職交渉がまとまっている場合

 


スポンサーリンク






 

辞表と退職願・退職届の関係とは

テレビドラマなどでは、
「辞表」を上司に提出することが多いですが、
この場合の辞表は退職願または退職届に相当します。

つまり、「辞表」として書くのが退職願か退職届で、
退職願や退職届に「辞表」と書いて提出するのは
間違っているのです。

「辞表」を出すのは、
取締役などの会社運営に関わる重役や公務員
なのです。


 

退職願・退職届の書き方とは

求職活動する際には、
履歴書や職務経歴書を書式に従って
書かなければならないように、

退職する際にも書式に従って
退職願や退職届を書かなければなりません。

履歴書は、文具店などで購入できる専用の用紙がありますが、
退職願・退職届の場合はどうすればいいのでしょうか?

退職願・退職届は便箋で充分

実際のところ、退職願や退職届は専用の用紙は必要ありません。

文具店で売っているような便箋で充分です。

筆記用具は、
正式な書類として扱われるので
黒いボールペンを使わなければなりません。

万年筆などでも構いません。

つまり「日付などの文面を消しゴムで消せない筆記用具」を使う必要があります。

 

退職願と退職届の書式

基本的に退職願と退職届は、同じ書式で書いてしまって構いません。

退職願・退職届は縦書きが基本になります。

まず、一番右の行には「退職願」または「退職届」とやや大きめに書きます。

二行目には下の方に、書き出しとなる「私事」または「私儀」と書きます。

一行ほどあけたら、いよいよ本文です。

退職願の場合は、

「このたび一身上の都合により、来る平成○○年△月××日をもって退職いたしたく、
 ここにお願い申し上げます。」と三行ほどに渡って書き込みます。

 

退職届の場合は、「揺ぎ無い退職の決意」を表すためにも断定形で書きます。

なので、退職届の本文は

「このたび一身上の都合により、来る平成○○年△月××日をもって退職いたします」となります。

本文に続いては、

「退職願・退職届を提出する日付」、

「自分の所属」「自分の名前」をそれぞれ改行して書き、

自分の名前の下に判を押します。自分の名前はやや下方に書きます。

一行空けて、「会社の正式名称」「社長の名前」を書きます。

このとき、社長の名前は自分の名前より上に来るように書きましょう。

 
 


スポンサーリンク






 

退職願・退職届を出すときは

きれいに書き上げた退職願や退職届は、
便箋のまま提出するわけには行きません。

三つ折りにして、封筒に収めて提出しましょう。

封筒の表側には大きく「退職願」または「退職届」と書き、
裏側には自分の所属する部署と自分の名前を書き込みます。

退職願・退職届を封筒に収めたら糊付けして、上司に提出しましょう。


 

どんな場合も退職理由は「一身上の都合で」

退職願・退職届には、
明確な退職理由(たとえば「人間関係」や「待遇への不満」など)を書く必要はありません。

意を決して書いた場合も企業側から
「『一身上の都合で』として書き直して欲しい」と言われることも。

いかなる理由であれ、自分の意志で退職する場合は、
「一身上の都合」と書きましょう。

 

 

合意解約(退職願)と自主退職(退職届)の違い

繰り返しになるのですが、少し切り口を変えてみると

労働者が合意解約の意思表示を行った場合

つまり退職「願」を会社に提出した場合、
会社の代表者や人事部長など権限のある人が
それに合意した時点で効力が発生します。

つまり、退職願の提出は合意解約の「申込み」に過ぎず、
会社の責任者の承諾によって合意解約が「成立」するまでは、
労働者は合意解約の意思表示を撤回できるのです。

労働者が自主退職の意思表示を行った場合

つまり退職「届」を会社に提出した場合、
会社の代表者や人事部長など
権限のある人に到達した時点で効力が発生します。

この「効力が発生する」というのは、
もうその時点で撤回ができなくなるということを意味します。

この場合、民法の規定により、
原則として意思表示から2週間で
辞職の効果が発生します(民法627条1項)。

これはつまり、どんなに慰留されたり、
または「考えておく」などと言わたりして
いつまでも会社が退職を認めてくれない場合であっても、
2週間経てば会社を辞めることができる、ということです。

この違いを端的に表現するのならば、

自主退職は「会社が何と言おうとオレは絶対に会社を辞める!」という勢いがある一方、

合意解約は「会社がいいと言うならオレはこの会社を辞めよう。」と

円満な退職を実現しようという気持ちがある、という違いになります。

なお、退職の意思は固まっているけど、
穏便に済ませようと思ってとりあえず退職届を提出したが、
会社の慰留がしつこくていつまでも承諾してくれない、

という場合でも、2週間経てば
上の自主退職と同様の効果が発生します。

 

 

まとめ

会社を辞める時の退職届と退職願の違いと
注意点と出すタイミングについて書いていきました。

会社を辞めるのは物凄く大変なエネルギーを使う事ですが
自分が色々考えて出した結論です。

まして初めて会社を辞める時はわからない事だらけですからね。

まずはしっかりと退職届と退職願の違いを知って正しく書いていき
それをしっかりと自分の手で直属の上司に渡していきましょう。

辞める理由は必ず聞かれますがバカ正直に全て本当の事をいう必要は
ないので自分にとって都合のいい理由でも大丈夫ですよ。

全く関係のない大きな嘘をついてしまって後で自分が困ることが
ないように注意はしてくださいね。

そして自分が会社を辞めたいという気持ちをしっかりと伝えて退職届を
受け取ってもらってください。

僕も退職しているので渡すまでは、
物凄くドキドキしたり言いづらかったりしますが

そこはこれからの新しい自分に対しての
大事な一歩なので頑張ってくださいね。

 

◆こんな記事も読まれています

父親に定年退職のプレゼント?お祝いの相場と60代が喜ぶ贈り物10選とは!

入学祝いメッセージ!小学・中学・高校・大学の言葉や祝電の文例とは!

異動・転勤・退職者へのメッセージ例文集!上司・先輩・同僚・部下・後輩への書き方のコツとは!

納涼会と暑気払いとの違い?案内状の例文や送る時期はいつがいいの?

初盆のお供え物のマナー!金額の相場と送るタイミングはいつがいいの?

残暑見舞いの書き方のビジネスマナーは?英語での書き方や気をつけたいことは?

 


スポンサーリンク






 

-生活の知恵
-, ,

スポンサーリンク