ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

名医のTHE太鼓判! 転ばないカラダ!!骨筋力を若返りSP(11月12日)

2019/03/04

 

 

スポンサーリンク

50歳からの“骨筋力”アップ!

老けない体を作るSP【つかまりスクワット】…垂れ尻も改善!ハチミツが骨の老化を遅らせる!

 

番組内容

あなたと家族の健康を守ります!

★ロコモ…老けないカラダを作るには

★垂れ尻…つかまりスクワットで改善 ★転倒も防ぐ

★ハチミツ生活…骨の老化を遅らせる

 

出演者

★MC 渡部建(アンジャッシュ) 山瀬まみ

★レギュラー 児嶋一哉(アンジャッシュ) 原西孝幸(FUJIWARA) 藤本敏史(FUJIWARA)

★ゲスト 高橋克実 仁支川峰子 新田恵利 橋幸夫 ★医師 大竹真一郎 久野譜也 平柳要 丸田佳奈 森田豊

 

 

 

40歳からの膝痛にご注意!

40歳からの膝痛の原因と症状は!放置すると寝たきりにつながるかも?

日本人の多くが悩む膝痛は
放置すると寝たきりにつながる可能性もあるといわれます。

膝痛の原因として多い
変形性膝関節症でお悩みの方は、

実に日本で推定約1800万人!

この記事では
その原因として挙げられる、

40歳を過ぎたあたりからの
避けられない原因を詳しく調べてみました。

 

 

翌日まで膝痛が痛んだら?

膝痛になる要因として多いのは、

ふだん運動していない人が
急に長く歩いたり、
山登りに行ったり、
運動会で走ったりするなど、

日ごろ行わない急な負担をかけた時です。

その負担によって
膝の中で炎症が起き、痛み、腫れ、水がたまります。

そうした場合、まず大事なことは、
それ以上の負担をかけないことです。

普段から運動を続けている人は、
痛みがあっても無理に運動を続けがちです。

負担をかけたあとの痛みは、
すぐに収まる程度であれば続けても構いませんが、

翌日まで痛みが持ち越すようなときは、
3日から1週間程度、

運動を中止して、
膝や筋肉を休ませてください。

 

そして、
生活の中での必要最小限の動きにしていれば、

炎症が治まって痛みが徐々に引いてきます。

打撲などの場合に、
しばらく安静にしておくと腫れが引いていくのと同じです。

痛みが減ってきたら、
痛む前の半分程度の運動から再開してください。

多くの場合、
膝の痛みは筋肉を鍛えたり、
体重を落としたり、
無理な負担を避けたりといった

自分でできる予防・改善策を実行し、
整形外科などで薬や注射などの治療

改善することが多いものです。

 

 

40歳をすぎてから放置は危険って?

軟骨の摩耗や
骨の変化が強い場合、

O脚が強い場合や
膝がまっすぐ伸びない場合などは、

強い症状が慢性的に続き、
なかなか良くならないことも少なくないからです。

先程も少し触れましたが、
関節を包んでいる薄い膜のことを

「関節包(かんせつほう)」と言います。

関節包の内側に存在している
滑膜から分泌されているものがあります。

それが“滑液”です。

滑液は関節をスムーズに動かすための
オイルのような存在であり、

滑液の分泌量が減ってしまうと
関節を思い通りに動かすことができず、
サビついてしまいます。

 

それが痛みとなって現れるのです。
この滑液を分泌するための
能力が低下することから

膝の痛みが悪化することも
原因のひとつと考えられています。

高齢になるとどうしても体の機能が衰え、
必要な成分の吸収力が弱まってしまうので

滑液を分泌するための力もなくなってしまうのです。

 
 


スポンサーリンク




 

 

◆こんな記事も読まれています

膝痛を解消するレシピを2つ!軟膏を修復する5つの栄養素とは?

体重増加で腰痛が悪化!日常生活で膝痛を改善する7つのコツとは!!

錦織圭選手を悩ませるふくらはぎ筋膜炎をはやく完治させる治療方法は?

風邪による関節痛の原因とその症状をやわらげる改善策とは!

腰痛の原因は内臓かも?腰痛の3つのタイプと9つの内臓疾患と痛みの特徴とは!

腰痛で足のしびれ!左側または右側のしびれの原因と対処法とは

-健康の知恵
-, , , , , ,

スポンサーリンク