ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

腰痛・膝痛

腰痛で足のしびれ!左側または右側のしびれの原因と対処法とは

2018/09/14

 

体のどこかに痛みがあると、
痛みのある個所にのみ注目してしまいがちですが、
じつは全く違うところに原因がある場合も。

腰痛の原因は一般的な筋肉の炎症から
内臓の病気までさまざまなものがあります。

ただの腰痛だと思って放置をしていると、
それがある日突然悪化して、

治療に長い時間と
高額のお金がかかってくるということも少なくありません。

今回は腰痛や背中のしびれに関する原因や治療法をご紹介します。

腰や背中は体の要です。

もし腰の痛みや背中にしびれがある場合には
軽く考えずに早めのケアをしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

腰痛と足のしびれの関係とは!

腰のヘルニア

背骨と背骨の間にある、クッションの役割をする椎間板の変性により
腰の神経を圧迫したもの。

片側の足に起こり、太ももからあしにかけて、痛みとしびれが出ます。

とされてきましたが、
現在、世界的にはヘルニア無関係説が主流となっています。

ヘルニアあってもどうもない人もたくさんいることが証明されてきているのです。

ヘルニアの手術でしびれがなくならない人がいるのもそのためです。

 

腰部脊柱管狭窄症

背骨を通っている神経の通り道を脊柱管といいます。

その脊柱管がなんらかの原因で狭くなり、神経を圧迫しているものとされています。

歩いていると腰痛が出てきて歩けなくなり、
しばらく休むとまた歩けるようになる間欠性跛行という症状が出やすいです。

身体を前にかがめると腰が楽になり、後ろに反らすと痛みが強くなります。

 

 

 

腰椎すべり症

背骨の腰の部分が前にずれている、すべっているので神経を圧迫し
腰痛や足のしびれを出すと言われています。

成人では、同じ姿勢が続いたり長時間の立ち仕事で
痛みが強くなると言われています。

しかし、こちらも、すべりがあっても必ず痛みがあるとは限りません。

 

 

梨状筋症候群

こちらは、腰痛というより、お尻のほっぺたのとこから痛みやしびれがあります。

お尻の筋肉の緊張により神経を圧迫し
お尻からひざ裏、ふくらはぎにかけての鈍痛やしびれが出たり
座っているのがつらかったりします。

前にかがむとしびれがきつくなったり
女性の方が多いという特徴もあります。

 

坐骨神経痛という言葉が一般的に広く使われていますが、
坐骨神経痛は病名ではなく、症状を表すための総称です。

 

 

 

 

右または左の腰痛としびれの原因は?

疲れが溜まっていることや睡眠不足、ストレス解消ができていない、
さらに立ちっぱなしが多い生活している場合、
腰椎に神経の圧迫が起きて腰痛やしびれが起きることがあります。

立ち仕事をするときに、ついつい軸足に負担をかけやすくなります。

その結果偏った負荷が腰や背中にかかり右、あるいは左側の腰痛やしびれが生じます。

立ちっぱなしの仕事をするときには、
軸足だけに負担をかけるのではなく左右交互の足を使うことによって腰痛やしびれ予防になります。

 

椎間板ヘルニアが原因?

右または左の腰痛としびれがある場合、椎間板ヘルニアが原因のこともあります。

椎間板ヘルニアは、椎間板・線維輪に割れ目が入って、
内側の髄核が脱出することにより近くの神経組織を圧迫し、それが激しい痛みを生じさせます。

椎間板ヘルニアは、現在は重症化していない場合なら「自然治癒」が一般的な治療法となっています。

腰痛、しびれ、排尿障害、歩行困難などの症状がひどい場合には、手術が考えられます。

 

坐骨神経痛が原因?

右または左の腰痛としびれがある場合、坐骨神経痛が原因のこともあります。

坐骨神経痛は、
腰痛、お尻から太ももの後ろ側、ふくらはぎ、足先にかけて違和感や痛み、しびれがあらわれます。

痛みも「ピリピリした痛み」「ビビーと電気が走る感じの痛み」など、
坐骨神経痛での痛みの感じ方も人それぞれです。

腰痛やしびれ、排尿障害、歩行困難、足に力が入らない、
じっと座っていられなくなったなどの症状が続くようでしたら、
整形外科で受診することをおすすめします。

 

 

 

右腰と左腰でしびれの原因に違いは?

腰の左右どちらかにだけしびれがある場合には、左右で原因が違うことが多いそうです。

特に女性特有の不調や病気のサインになることもあるため、日頃からどんなときに、
どちらの腰がしびれや痛みを起こしやすいか見極めることも重要です。

 

右腰のしびれは婦人科系かも?

特に右腰の痛みやしびれは、内臓疾患のサインかもしれません。

この場合には「痛みが常にある状態」ということが大きな特徴です。

虫垂炎や胆のう、女性であれば卵巣の不調の可能性も考えられます。

また、腰椎椎間板ヘルニアでも右の神経を圧迫している場合には右側に痛みがおこる場合もあります。

 

 

 

左腰なら生活習慣の見直しを

慢性的に腰の左側が痛む場合には、生活習慣が影響していることが多いと言われます。

たとえば、仕事中の姿勢やストレス、体の冷えも影響しますので、
左腰が痛む場合には生活習慣の見直しをおすすめします。

また、痛みが取れない場合や
激痛が走る場合には腎臓や腸の不調も考えられますので、

痛みは放置せず病院へ行ったほうがいいでしょう。

 


スポンサーリンク






 

 

まとめ

腰痛からの足のしびれは
腰、お尻、足の筋肉の過度の緊張によるものです。

 

この過度に緊張をゆるめることで
例えヘルニアがあっても、すべりがあっても、

脊柱管が狭くなっていたとしても
痛みやしびれは取れていきます。

 

精神的な緊張も、
筋肉の緊張に直結しますので

できるだけリラックスすることも
心がけておいて下さいね。

また、ご自身の日常生活動作や生活習慣を見直すことで
改善はみられてきますし、再発も防げます。

症状が気になったらまず受診を!

いずれも、早期発見が思わぬ重症化を防ぎます。

特に坐骨神経痛は、様々な病気との関連性がある症状です。

病院で診断された後も、
医師の指示に従って継続的に医療機関を受診しましょう。

 

◆こんな記事も読まれています

膝痛を解消するレシピを2つ!軟膏を修復する5つの栄養素とは?

体重増加で腰痛が悪化!日常生活で膝痛を改善する7つのコツとは!!

風邪による関節痛の原因とその症状をやわらげる改善策とは!

腰痛の原因は内臓かも?腰痛の3つのタイプと9つの内臓疾患と痛みの特徴とは!

錦織圭選手を悩ませるふくらはぎ筋膜炎をはやく完治させる治療方法は?

 

 


スポンサーリンク





 

-腰痛・膝痛
-, , , ,

スポンサーリンク