ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

腰痛・膝痛

腰痛で脊柱管狭窄症の症状とは?歩行困難やしびれが悪化したら手術も検討!

2018/09/14

 

 

 

 

長い時間を歩くのがつらく、
休み休みでないと歩けない。

この症状が出たら、
脊椎菅狭窄症の疑いがあります。

脊椎菅は背骨の後ろ側にある神経の通り道で、

脳からつながる脊髄神経(腰の部分では馬尾神経)が通っています。

この神経の通り道が狭くなり、
神経が圧迫されるとと、

腰や下肢に痛みやしびれなどの症状が出てくるのですね。

 

 

スポンサーリンク

腰痛の最も大きな原因は〇〇です!

脊椎菅狭窄症は、

圧迫される神経によって、
症状が異なりますが、

しびれや痛みが出ても、
背中を丸めて少し休むと、

脊椎菅が広がるので、症状が和らぎます。

これを医学的に「間欠跛行」といいます。

脊柱管は人によって広さが異なり、

生まれつき狭い人ほど、発症率が高くなります。

脊柱管が狭くなる最も大きな原因は加齢です。

とくに60才以上の男性で、
腰椎すべり症や変形性脊椎症の人は、
より発症しやすくなります。

背骨(脊椎)は、
つねに上体の重みがかかっているため、

年をとると少しづつ変形します。

変形が腰椎で起こった場合、
特に「腰椎症」と呼ばれます。

 


スポンサーリンク






 

サイクリングのほうが向いているって?

脊柱管狭窄症の治療は、

比較的症状が軽い場合は、
薬物療法やコルセットの装着、

温熱療法、けん引療法などを行いながら、
運動療法などのセルフケアも並行します。

腹筋をはじめ、
腰の周りの筋肉を強化する運動が有効で、

間欠跛行がある場合は、
サイクリングで有酸素運動を行います。

脊柱管狭窄症は
背中を丸めると痛みが軽くなるので、

ウォーキングより
サイクリングのほうが向いています。

これらのセルフケアで
進行を遅らせることができます。

でも、症状が進行し、
ほとんど歩けなくなったら、

しびれがひどくて
日常生活を送るのが困難になったときは、

手術の検討も必要です。

 

 

 

骨粗しょう症で圧迫骨折することも

年を重ねるにつれて
骨がもろくなる骨粗しょう症になると

骨折しやすくなります。

骨折というと、
大きなけがを想像しがちですが、

体の中ではよく小さな骨折がよく起こっています。

とくに骨粗しょう症があると、

腰椎が押しつぶされたように変形する
圧迫骨折が起こりやすくなります。

骨粗しょう症の高齢者は、

ちょっところんだだけで骨折をします。

そのまま寝たきりになってしまうこともあるので
本当に要注意です。

骨粗しょう症の予防には、

骨の強を高める必要があります。

治療は、骨代謝の調整役が主体です。

運動とカルシウムの摂取も大事ですから、

ウォーキングなど軽い運動を心がけましょう!

腰椎の圧迫骨折で手術が必要なケースはほとんどありません。

このほか、患者数は極めて少ないのですが、

腰痛を引き起こす病気の中には、
命にかかわるものもあるので、ご注意ください。

 

脊椎腫瘍

背骨(脊椎)にできる腫瘍には、

血管から起こる血管腫、
骨から起こる骨髄腫、
他の部位かの悪性腫瘍(がん)が移転したがん腫などがあります。

原因のがん治療が基本で、
病的骨折や疼痛治療については整形外科がかかわります。

 

脊髄・馬尾神経腫瘍

脊柱管のなかを通る脊髄神経や
それに続く馬尾神経にできる腫瘍で、

良性と悪性があります。

腫瘍が大きくなり、
神経を圧迫すると、
痛みやしびれが起こります。

 

椎体・椎間板炎

血液に侵入した細菌が
腰椎や椎間板に感染して起こる病気です。

腰痛の他、発熱などの症状を伴います。

細菌をとりのぞくために
抗生物質や消炎剤で治療します。

 

脊椎カリエス

結核菌は通常、肺に感染しますが、

脊椎に感染することもあります。

自覚症状は脊椎・椎間板炎に似ています。

抗結核剤などで治療します。

 

 

最後に

僕の母親も2年ほど前に

腰が痛くなって歩けなくなり、病院で手術受けました。

術後に、先生から

”普通に歩けるようになるまでは2年程度かかります”

と言われました。

2年たった今でも、
腰の痛みは大分収まっているようですが、

そのしびれが、
腰から太ももを通って、足首にまで及んできて、

今でも右足のかかとの部分に力が入りにくく、

歩いている最中によくこけかかったりすると言っています。

実際に半年前には、
転んで、手の甲を骨折しました。

まあ、加齢のせいもあり、
背骨の付け根の部分がだんだんと削られてきて、

神経が圧迫されてきて、腰痛になるのは、
程度の差こそあれ、誰にでも起こりうることです。

骨粗しょう症も同様に加齢により進行します。

でも一つだけよかったと思うは、

あまり我慢せずに腰痛が続く場合は、
専門の医師の診断を受けて、

早い目に手術なりの対応をすることだと思いました。

その決断が早ければ早いほど、
その後の症状の出方に

相当の差があると感じたからであります。

ぜひ、腰痛で悩まれている方、
とくに脊柱管狭窄症の疑いのある方は

放っておいても症状は改善しないので、
早めの行動をお勧めします。

 

◆こんな記事も読まれています

ヘルニアは痛みの原因ではない!痛みを引き起こす3つの原因とは?

血流を促進する足指の付け根もみとは?坐骨神経痛や腰痛も改善効果あり!

坐骨神経痛の痛みを解消する3つの簡単にできる運動とは?

腰痛の原因の8割以上は筋肉炎症とストレスです。その対処法とメカニズムとは?

腰痛を予防して中年女性の腰骨を強くする2つの食品の作り方とは!

 
 


スポンサーリンク






 

 

-腰痛・膝痛
-, , , ,

スポンサーリンク