ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

健康カプセル11月18日!ゲンキの時間【頭痛・腰痛・ひざ痛が劇的に改善】

 

長引く痛みの真犯人を探せ!

今回は、腰痛・頭痛・ひざ痛など、長引く痛みの原因を突き止め、

改善してくれるペインクリニックを紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

番組内容

腰痛、頭痛、ひざ痛、など…現在、長引く痛みで悩む人は、なんと推計2000万人。

しかもその多くは原因が不明。

今回は、その謎の原因を突き止め、
長引く痛みを改善してくれるペインクリニックを紹介します。

▼腰痛・首痛に悩むヒデが体験!ペインクリニックの診察内容とは?

▼長引くひざの痛み!その原因は、睡眠前のある生活習慣にあった!

▼ドクターが語る!痛みにつながる食べ物とは?

▼長年にわたる腰痛!その原因は、身体の意外な部位にあった!

 

 

ペインクリニックとは

日本は世界有数の長寿国ですが、
国民の大半は腰痛や頭痛など何らかの痛みを抱えて日常生活を送っています。

もともと痛みは、身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を持っています。

実際、病院を受診する一番の理由は「痛み」です。

でも、警告の役割を終えた痛みがいろいろな理由で長く存在すると、
より強い痛みや新しい種類の痛みが加わり、
病気の部位の器質的異常や機能低下だけの問題だけでなく

身体的・精神的・社会的要因が複雑に関与し始め、
私たちの生活の質(Quality of life:QOL)を低下させることになります。

これが慢性痛と言われる状態です。

このような状態に陥った時はもちろんのこと、
陥りそうな時には、身体的・精神的苦痛を適切に和らげ消失させることが重要になります。

 

主な出演者

MC:三宅裕司 渡辺満里奈

ゲンキスチューデント:岡田結実

ゲンキリサーチャー:ヒデ

ドクター:北原雅樹 ほか

 

 

みどころ

MCの三宅裕司と渡辺満里奈という番組の顔に加え、

健康知識が乏しい若い生徒役・ゲンキスチューデントが登場。

疑問点を医師やMC2人にどんどん質問し、
答えを聞き出すことで、視聴者が一緒になって、健康について学べます。

 

 

みどころ2

また、身近に潜む様々な健康問題について、
「どういうこと?」と疑問に思うトピックを提示。

その疑問を解明するために、ゲンキリサーチャーが取材を進めます。

この番組ならではのアプローチで掘り下げ、
日常生活で実践できる健康情報を紹介していきます。

朝の起き抜けでも、
ワクワクしながら人体の不思議や、
役立つ健康の秘訣を知ることができる番組です!

 

 

頭痛は「頭のこり」が原因だった…?

普段生活していても頭皮のこりなんて
なかなか気づけませんよね。

でも美容院でシャンプーの際に
軽くマッサージをしてもらうと気持ちいい、
なんて経験したことありませんか?

それはマッサージによって
血行が良くなるからなんです♪

眼精疲労やデスクワークなどで体が痛いと感じるとき、
まず最初に肩や首、背中のこりに注目すると思います。

それと同じように、
実は「頭皮」もこり固まっている可能性があります。

更に頭をマッサージすると、
たるみやシワの防止にも効果があるのですよ!

 

軽くでいいので、
手の指で、眼精疲労に効果のある
「ツボ」を押してみてください!

 

思わぬ解放感とスッキリ感に包まれますよ!

 
 


スポンサーリンク





 
 

 

腰痛と足のしびれの関係とは!

腰のヘルニア

背骨と背骨の間にある、クッションの役割をする椎間板の変性により
腰の神経を圧迫したもの。

片側の足に起こり、太ももからあしにかけて、痛みとしびれが出ます。

とされてきましたが、
現在、世界的にはヘルニア無関係説が主流となっています。

ヘルニアあってもどうもない人もたくさんいることが証明されてきているのです。

ヘルニアの手術でしびれがなくならない人がいるのもそのためです。

 

腰部脊柱管狭窄症

背骨を通っている神経の通り道を脊柱管といいます。

その脊柱管がなんらかの原因で狭くなり、神経を圧迫しているものとされています。

歩いていると腰痛が出てきて歩けなくなり、
しばらく休むとまた歩けるようになる間欠性跛行という症状が出やすいです。

身体を前にかがめると腰が楽になり、後ろに反らすと痛みが強くなります。

 

 

 

腰椎すべり症

背骨の腰の部分が前にずれている、すべっているので神経を圧迫し
腰痛や足のしびれを出すと言われています。

成人では、同じ姿勢が続いたり長時間の立ち仕事で
痛みが強くなると言われています。

しかし、こちらも、すべりがあっても必ず痛みがあるとは限りません。

 

 

梨状筋症候群

こちらは、腰痛というより、お尻のほっぺたのとこから痛みやしびれがあります。

お尻の筋肉の緊張により神経を圧迫し
お尻からひざ裏、ふくらはぎにかけての鈍痛やしびれが出たり
座っているのがつらかったりします。

前にかがむとしびれがきつくなったり
女性の方が多いという特徴もあります。

 

坐骨神経痛という言葉が一般的に広く使われていますが、
坐骨神経痛は病名ではなく、症状を表すための総称です。

 

 

 

 

40歳をすぎてから膝痛放置は危険って?

軟骨の摩耗や
骨の変化が強い場合、

O脚が強い場合や
膝がまっすぐ伸びない場合などは、

強い症状が慢性的に続き、
なかなか良くならないことも少なくないからです。

先程も少し触れましたが、
関節を包んでいる薄い膜のことを

「関節包(かんせつほう)」と言います。

関節包の内側に存在している
滑膜から分泌されているものがあります。

それが“滑液”です。

滑液は関節をスムーズに動かすための
オイルのような存在であり、

滑液の分泌量が減ってしまうと
関節を思い通りに動かすことができず、
サビついてしまいます。

 

それが痛みとなって現れるのです。
この滑液を分泌するための
能力が低下することから

膝の痛みが悪化することも
原因のひとつと考えられています。

高齢になるとどうしても体の機能が衰え、
必要な成分の吸収力が弱まってしまうので

滑液を分泌するための力もなくなってしまうのです。

 

 

膝にみられる症状一覧!

膝に痛みが走るだけでなく、
さまざまな症状が現れるのでチェックしておきましょう。

・動かしたときにひっかかり感がある

・突然動かなくときがある

・膝がぐらつく、力が入らない

・動かすたびに「コキッ」と音がなる

・非常に硬いコブができる

・膝以外の関節が同時に痛む

・発熱や寒気がある

どのような症状が起きたのかによって
膝の痛みからくる病名も変わります。
例えば高齢者で多いのが

“変形性膝関節症”ですが、

これは階段を上り下りするときや動かすときに
痛みが伴うことが症状として挙げられます。

また、
風邪のような症状が痛みとともに起こる場合は

骨が炎症しているおそれがあるため

“化膿性関節炎”が考えられるでしょう。

膝の痛みが出た場合は
ほかに気になる症状がないかどうか確認してください。

もし気になるようでしたら
すぐに病院に診せ、症状について詳しく伝えましょう。

 

 

腰痛の原因は内臓かも?腰痛の3つのタイプと9つの内臓疾患と痛みの特徴とは!

腰痛で足のしびれ!左側または右側のしびれの原因と対処法とは

膝痛を解消するレシピを2つ!軟膏を修復する5つの栄養素とは?

体重増加で腰痛が悪化!日常生活で膝痛を改善する7つのコツとは!!

錦織圭選手を悩ませるふくらはぎ筋膜炎をはやく完治させる治療方法は?

風邪による関節痛の原因とその症状をやわらげる改善策とは!

 

-健康の知恵
-, , , ,

スポンサーリンク