ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

腰痛・膝痛

血流を促進する足指の付け根もみとは?坐骨神経痛や腰痛も改善効果あり!

2018/09/14

 

心臓などから押し出された血液は、

頭部や手足など、
体の端に向かって流れていき、

酸素や栄養などを
体の隅々に届ける役割をしています。

筋肉や臓器が働き、
私たちが生命を維持できているのは、

血液がちゃんと流れているからなのです。

常に健康体であるためには、
血液が全身を滞りなく流れていることが大事。

また、その逆もしかりで、
体のどこかに不快症状がある場合には、

血流を促進させることで
その症状が緩和されることも大いにあり得るのです。

この記事では、滞っていた血液が流れだす、

とっておきの”足指マッサージ”をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

足指の付け根もみとは?

足指の付け根もみとは、
簡単に言えば血流を促進させる療法です。

心臓は血液を全身に送り出すポンプであり、

心臓の近くではポンプの力も強いので、

血液はスムーズに出ていき、そして戻ってきます。

しかし、心臓から離れれば離れるほど、

ポンプの力も届きにくくなり、血流も滞りやすくなるのですね。

その影響を受けやすいのが足の指です。

心臓から一番離れているばかりか、
足先まで流れた血液は指先を折り返し地点とし、

今度は重力に逆らって心臓まで戻らなくてはなりません。

また、体の末端の血液というのは、

他の血管に比べて細くなっており、
血流が滞りやすくなっているため、

老廃物も溜りやすくなるのです。

実際に、足の付け根を触ってみてください。

コリコリとしたものがありませんか?

”足指の付け根もみ”をする際には、

まず、このコリコリをみつけることですね。

コロコリは老廃物が溜っている証拠です。

とくに親指と小指は老廃物が溜りやすく、

その分血流も悪くなっていることがよくあります。

そして次に、

コリコリをつぶすようにして足指をマッサージしていくこと。

こうすることによって、
滞っていた血流が流れ出し、

滞っていた血流が流れ出し、

溜まった老廃物も一緒に流れていくでしょう。

 

足指の血流がよくなると、足首からふくらはぎ、
さらには太ももの血流がよくなって、

最終的には全身の血流がよくなります。

それによって
さまざまな不快症状が改善されますが、

中でも効果が現れやすいのは下半身の症状です。

腰痛、坐骨神経痛などを改善された方も多数おられるので、

どうぞ、試してみてください。

 


スポンサーリンク





 

足指の付け根もみのやり方

目的

血流を促すことで溜った老廃物と発痛物質を根こそぎ排出する。

 

やり方

①いすか床に座る。

椅子や床などに座り、

足裏にハンドクリームや
ボディクリームなどを塗って

すべりをよくしておく。

 

②強めにしごく

 

ポイント

・ポイント1

溜った老廃物をしごき出し、
血液と一緒に流すイメージで行う

 

・ポイント2

できる人は人差し指、中指、薬指もしごく

 

・ポイント3

痛気持ちいいというよりは、
「痛い」くらい力を入れてOK!

 

コツ

・親指の内側と小指を力いっぱいしごく

・親指から足の甲の上半分くらいまでの部分を
力いっぱいしごいてください。

ここは老廃物が溜りやすく、コリコリがあるはずです。

 


スポンサーリンク





 

丘墟のツボとは!

目的

下肢の気血の流れをスムーズにして腰痛を改善します。

 

押し方

刺激するのは外くるぶし周辺。

この反射区には、丘墟というツボも存在しています。

左右で痛みのある側の足、もしくは両足

刺激するように心がけてください。

 

 

 

最後に

最近、中高年だけでなく

若年層にも増えてきていると言われる腰痛

慢性的な人は普段から、

急性的に痛みを感じた人はそのときに実践すれば、

さらなる効果があがりますよ。

 

◆こんな記事も読まれています

ヘルニアは痛みの原因ではない!痛みを引き起こす3つの原因とは?

腰痛で脊柱管狭窄症の症状とは?歩行困難やしびれが悪化したら手術も検討!

坐骨神経痛の痛みを解消する3つの簡単にできる運動とは?

腰痛の原因の8割以上は筋肉炎症とストレスです。その対処法とメカニズムとは?

腰痛を予防して中年女性の腰骨を強くする2つの食品の作り方とは!

 

 


スポンサーリンク





 

-腰痛・膝痛
-, , , ,

スポンサーリンク