ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

生活の知恵 一人暮らし

実家からはじめてのひとり暮らしで段ボールはいくついるの?その入手方法とは!

2019/03/30

 

ほとんどの人が
引っ越しをするときに
必要とする段ボール

 

荷物を詰めて運ぶために、
その調達にはひと苦労している方が
少なくありません。

 

うちでも、最近次女がひとり暮らしを始めると言い出した!

ですが一方では、その具体的な手順がわからないらしい・・・

「段ボールの購入ってどこでするの?」と困っている模様。

何かと忙しい引っ越し前には、
段ボールの準備に手間を取りたくないですよね。

 

そこで今回は、次女のためにも
引っ越しで必要な段ボールはどこで購入するのか、
ということをご紹介します。

スムーズに準備を進めるために、
是非参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

引っ越しにはどのくらいの段ボールの数が必要?

 引っ越しの段ボールは、

1人暮らしの場合には20箱、
2人暮らしの場合には50箱、
4人家族になると80~100箱

が目安になります。

いえ、もしかしたらこれだけでは
足りないかもしれません。

「そんなに要るの?」とビックリしますよね。

 

しかし実際に必要になる段ボールは、
バッグ一つで引っ越しをする以外は、

自分で思っているよりかなり多めなのです。

なぜなら家の中にある物のほとんどに、
段ボールが必要になるからです。

 

段ボールに詰めるのは、
洋服、靴、バッグ、
食器、電子レンジや
炊飯器、テレビなどがありますね。

他にも、
化粧品や装飾品などの小物、
書籍、趣味用品などがあります。

 

これにお子さんがいれば、
オモチャや文具などの細々した物がありますし、

赤ちゃんがいれば、
ベビーベッドやベビーゲートなどの
ベビー用品があります。

これらを全て詰めようと思えば、
大量の段ボールが必要になりそうな気がしませんか?

僕も20年前に今の家に引っ越してきましたが、
引っ越しの人数が4人で目安の80箱は軽く越してしまいました。

この経験からも

「引っ越しの段ボールは、 目安よりちょっと多めの準備が大切ですよ」

ということが言えます。

それにしても、
引っ越しにはこんなに大量の段ボールが必要なんて、
いったい、どこで購入すればよいのでしょう。

実は、

引っ越し業者、
ネット通販、
ホームセンターという3つの購入先がありますので、

次にご紹介しますね。

 

 

大量の段ボールは引っ越し業者で購入できる

完全な購入という形になるわけではありませんが、
引っ越し業者と契約することで
段ボールが調達できます。

多くの引っ越し業者のプランには、
最大50箱までの段ボール無料サービスがついているのですが、
このプランを利用することが購入という形になるわけですね。

ただ、このサービスには注意したい3つのことがあります。

 

後で「話が違う」というような嫌な思いをしないためにも、
これらの確認後にサービスを利用することをオススメします。

 

 

50箱以上必要になった場合は?

段ボールの箱数についてはほとんどの場合、
見積もり時に業者が
引っ越しに必要な箱数をアドバイスしてくれます。

もし業者の見積もり説明に
段ボール箱数のアドバイスが無い場合には、

こちらから聞きましょう!

 

そのうえで、
予測される必要な段ボールの箱数が50箱以上であれば、
このときに業者に相談してみることも一つの方法です。

 

条件付きで、
低価格で調達してくれる業者もありますし、
無条件で段ボールの中古品を無料で調達してくれる業者もあります。

 

 

業者によっては単身パックの場合は?

単身での引っ越しの場合には、
段ボールサービスはあるのかという、
事前の確認をしておくと、
費用の面でガッカリせずに済みますよ。

 

 

段ボールの使用後は?

段ボールの使用後には、
使用済みの箱の回収が無料の業者と
そうでない業者がありますので、

事前に条件の確認をすることが大切です。

 

 

 

 

大量の段ボールはネット通販で購入できる

 多くの種類があり、
必要になりそうな大きさを選びやすいのが特徴です。

それに自宅に段ボールが届けられますので、
持ち帰りの負担がありません。

価格はまとめ売りが多く、
段ボールの大きさや枚数によっても違いはありますが、

小さなサイズが5枚セットで
500円前後からの購入が可能です。

 

便利で価格を抑えられるため、
ネット通販を利用している人は多いようです。

 

ただネット通販の場合には、
今日注文したからといって、

明日届くかと言えば、
そうでないこともありますね。

そのため早目の注文をして、
引っ越し日に間に合うかということを
しっかり確認することが大切です。

 

また、事前に実物を見ることができませんので、
段ボールの強度には注意が必要です。

 

それに、大量の使用済みの段ボールは
自分で処理しなければなりませんので、
後で大変な思いをすることも少なくありません。

 

これらのことからネット通販での注文には、
引っ越し後の負担をいかに少なくするかということを
考えたうえでの注文が必要になります。

 

 

 

 

大量の段ボールはホームセンターで購入できる

ホームセンターでは、
実物の大きさや箱の強度を確認しながら、
必要な枚数を即購入することが可能です。

 

価格は大きさや種類により
違いがありますが、

小さな段ボール箱で1枚当たり1
00円程度からの箱が取り扱われているようです。

ただ、
ネット通販に比べると
種類に限りがありますし、
割高になります。

また、重たい段ボールを持ち帰る必要がありますし、
使用後の段ボールの処分は自分でしなければなりません。

そのため、
ホームセンターでの購入は、
荷物を詰めているときに
どうしても箱が足りないという場合に
利用する人が多いようです。

 

引っ越し用の段ボールを購入せずにもらうという方法もあり!

 段ボールの入手には、
スーパーやコンビニ、
ドラッグストアなどからもらうという方法もあります。

「引っ越しが終われば捨ててしまうものだから」と、
この方法を利用する方も少なくないようです。

私もこの方法で調達したこともありますが、
オススメはドラッグストアでしょうか。

 

様々な商品が入っていた段ボールがありますので、
スーパーやコンビニには無い大きめの箱が入手できる可能性があります。

また、
強度もなかなか満足できるものが多かったですよ。

 

ただ、
希望する大きさの箱が無い場合もありますので、
この方法だけで調達することは難しいこともあります。

 

 


スポンサーリンク






 

まとめ

 引っ越しに必要な段ボールの購入は
どこでできるかということをご紹介しましたが、

それぞれにメリットデメリットはありましたね。

そのため、なるべくそれぞれのメリットを
十分に活かした購入ができれば、
費用を抑えることもできますし、
使用後の負担も軽くなります。

引っ越しは、
精神的にも体力的にも負担がかかりますので、

段ボールの調達にはスムーズに納得できる方法で
購入できれば嬉しいですね♪

 

 

◆こんな記事も読まれています

引っ越しで手際よくできる食器の梱包の仕方や箱詰めのポイントとは

エアコン室外機の音がうるさい!その原因と自分で解決できる方法とは!!

ドラム式乾燥機の電気代はどれが一番安いの?乾燥機は洗濯機より30倍高いって?

ひとり暮らしに必要な冷蔵庫のサイズとは?購入前に確認すべき4つのポイント!

リフォームで後悔しないためのおしゃれな壁紙選びのコツとは?

 


スポンサーリンク






 

-生活の知恵, 一人暮らし
-, , , , ,

スポンサーリンク