ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

生活の知恵

ハムスター冬眠の見分け方?体が固くて動かないときはどうすればいい??

2018/09/16

 

ハムスターといえば
小さくて可愛いので他のペットと比べて
飼いやすいですよね?

夏場は動き回っていますが

寒い時期になると
あまり動かなくなるので、

寒くて亡くなってしまったのか?

それとも
ただ冬眠しているだけなのか

見分けることが難しいので
困ってしまうと思います。

この記事では、
ハムスターが冬眠する理由、
見分け方について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ハムスターが冬眠する理由は?

冬眠をする動物は
シマリス、クマなどが寒い時期になると

自分の体温を下げて眠ったように過ごすことです。

 

ハムスターはシマリス型冬眠になります。

・1.2㎏くらい食べ物を巣穴にためます。

冬眠するときは
体温を2.8~8℃まで下げて

呼吸する数は
1分で1回に減ってしまいます。

・10日に目を覚まして排泄、食べ物を食べたらまた冬眠をします。

同じことを
春の温かい時期になるまで続けるそうです。

実際にハムスターが
疑似冬眠をしていると

体が冷たくなって
固くなり死んだような状態になるので

間違えて土の中に埋めないようにしたり、
体を温めてあげることで動く可能性がありますよ。

 


スポンサーリンク





 

ハムスターが冬眠したときは?

疑似冬眠状態のときは?

タオル、温かい布団などを
ハムスターが寒くないように

ペット用のカーペット、ホッカイロを
ゲージの下に置いたり、
少しずつ体を温めることが大切です。

ハムスターの最適な温度20~22℃です。

部屋の温度が低いときは
エアコンを使って
直接ゲージに当たらないようにしましょう。

部屋が暖まると
目が覚めて鼻を動かしたり手を動かしたら、

砂糖、ハチミツをお湯でといてから
スポイトを使って様子をみながら
少しずつ飲ませましょう。

【冬眠】
・呼吸数、心拍数が減る
・エネルギー消費の節約
・眠る
・2~15日間隔で目覚める

【疑似冬眠】
・心拍数が減る
・動きが鈍くなる
・眠っているわけでは無い

 

体が冷たく固くて動かないときは?

乾いたスプーン、ティッシュなどを
鼻の近くに近づけて

ちゃんと呼吸をしているか
確認することができます。

スプーンが鼻息でくもったり、
少しでも揺れたら息をしているので
冬眠をしている可能性があります。

 

 

胸や体に触れても心臓の音を確認できないときは

動物病院で診察をしてもらいましょう。

「亡くなっているときは」

毛がボサボサしていて、
お腹がへこんだり黒くなっているときがある

でも、その状態でも生きている可能性があるので
かかりつけの病院で確認してもらうと安心しますよ。

 

 

ハムスターを冬眠させない方法は?

●窓、玄関の近くは寒さを感じやすいので
ハムスターが冬眠してしまう可能性があります。

冷たい空気は下の方にたまるので、
床から離れた場所に置くか、ハムスターが寒さを感じない場所に置くことをおすすめします。

 

●寒くてなってきたら、おがくずなどを多めにゲージにいれましょう。

ハムスターの体がみえなくなるくらいの量を入れると

ハムスターが冬眠することも少なくなりますし、外気が当たらなくなります。

 

※おがくずのかわりに綿をつかうと思いますが、
 綿が足にくっついて怪我をしたり、

 食べ物と間違えて飲み込んでしまう可能性があるので
 ハムスターが安心して過ごせる部屋にしましょう。

 

●段ボールでケージの回りを覆うと外気からハムスターを守ることができます。

ハムスターの様子がわかるように段ボールを切り取るといいですよ。

 

●壁とケージの隙間を埋めるように断熱材などを入れるとゲージが温かくなります。

  ※ハムスターが断熱材をかじらないように
   ハムスターの手が届かないようにしましょう。

 

●ケージの中で使う専用のヒーターがあります。

ヒーターは2000円くらいしますが、エアコンに比べると安いのでお得ですよ。

 

冬眠だった時の起こし方

ハムさんが疑似冬眠状態になったら、
ハッキリ言って時間との勝負です。

『ちょっと様子を見てみよう』
と思っているともう手遅れです!

早急に温めて目覚めさせましょう!

まずタオルでハムさんを包み、
ヒーターやコタツで温めながらマッサージを行います。

この時の注意点は、
ヒーターの熱風が直で当たらに様に、
コタツは真ん中ではなく、端っこで温めてあげて下さい。

焦る気持ちはわかりますが、
急激に体温が上昇すると、

ハムさんの心臓には多大な負担がかかり、
トドメになる危険があるので要注意です。

同じ理由で、
ドライヤーやお湯に浸けるなどしない様に。

温まって体が動くようになったら、
白湯(適度に冷ましたお湯)にハチミツを溶かしたものを飲ませましょう。

体力回復の効果があります。

その後、動物病院で診察を受けて下さい。

 


スポンサーリンク






 

最後に

ハムスターは少しの寒さで冬眠してしまうので
ハムスターを飼うときは

ハムスターの世話の仕方、
どんな環境がいいのか
などを

しっかり本を読むことが大切ですし、

ハムスターが固まって動かなくったら
体を温めたり、呼吸をしているのか

確認をすることが大切だと思います!

 

私もハムスターを飼ったことがありますが
寒くなって動きが鈍くなっときたときに
体を温めるとすぐ目を開けていましたが、

冬になるとじっと固まったままで
動かなくなったときは冬眠しているのかなと思い、
様子をみましたが亡くなってしまいました。

 

今ハムスターがどんな状態なのかわからないときは
すぐに動物病院に連れていくことをおすすめします!

 

◆こんな記事も読まれています

小さい茶色い蟻が室内に出た!その原因と正体、退治はどうしたらいい?

ヒアリに刺されたらどう対処すればいいの?その見分け方と応急処置とは!

赤ちゃんのダニ刺されの症状と対策!とびひで一番気をつけたいのはココ!!

サナダムシの駆除方法と効果的な薬は?乳幼児に感染させないためにはどうすればいい??

ダニ感染症の症状と予防!もしもマダニ類に咬まれたときの対処法は!!

布団の中のダニの実態はいかに?布団のダニ駆除の4つの方法とは!

 


スポンサーリンク






 

-生活の知恵
-, , ,

スポンサーリンク