ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

カラダのヒミツ 赤血球の能力不足で起きる貧血や目の下のクマの改善方法とは!

 

 

「顔を若々しく見せる鍵は、赤血球の色と形」が今回の新常識。

全身に酸素を運ぶのが赤血球。

その赤血球ケアを怠ると、血色が悪くなり老け顔や肌荒れに。

さらに息切れ、だるさといった全身の症状につながることがわかってきた。

女性は特に赤血球の能力不足で起きる貧血に悩まされがち。

しかし赤血球の色や形を元気に復活させる極意は、実は簡単!料理の仕方や食材選びにあり!

赤血球をしなやかに元気にする最新の極意を伝える。

 

 

スポンサーリンク

今回のスペシャリスト

世界が業績を認める血液内科の研究者
順天堂大学主任教授 小松則夫さん

数々の女性を診療する臨床のスペシャリスト
血液内科医 濱木珠恵さん

赤血球の最先端の研究に取り組む循環器の専門医
九州大学教授 丸山徹さん

 

この記事では、女性特有の
赤血球の能力不足で起きる貧血改善方法や貧血とストレスの関係、

貧血による目の下のクマができる原因とその治し方などを調べてみました。

 

 

貧血が起こる原因は?

女性は生理前、
生理中に症状がひどい人だと
「鉄欠乏性貧血」になる人が多いのは
生理があるのが理由です。

食事で鉄は補うことができますが、
生理で出血が多い人は、
鉄が不足している状態になるので
立ったときにめまいが起こります。

貧血以外でも
普通に生活をしていても

貧血になりやすい人は
月経前症候群と
重なって貧血の症状が
出ている人が多いようです。

※月経前症候群は、
イライラしたり、
肌トラブル、
体がのぼせたり、
体が重くてだるい、
気分が落ち込んでしまうなど

人によって症状が出ることです。

 

貧血とストレスの関係性は?

検査をしても貧血でない人は
自律神経失調症、
低血圧の可能性があります。

「自立神経失調症」
ストレス、疲れなどがきっかけで
自律神経が崩れると心だけではなく
体の調子が悪くなります。

不安、緊張、気持ちがおちこんで
心の病気になる人もいます。

吐き気や汗をたくさんかいたり、
全身の倦怠感、頭痛、肩こり、
手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの
症状があります。

生理が始まる1~2週間は
ホルモンが変わって
自律神経のバランスが崩れやすくなるので、

めまい、ふらつきなどが起こりやすくなります。

「更年期障害」
40代~50代の女性に起きやすい症状で、
生理がこなくなり、
女性ホルモンが少しずつ減ると、

自律神経の働きが崩れて
脳の血の巡りが悪くなるので

更年期障害が起こりやすくなり、
不整脈、立ちくらみなどが起きます。

「低血糖の症状」
生理前になると
甘い物が食べたくなる人がいると思いますが、
「低血糖症状」になると

動悸、冷や汗などの症状が出る可能性があります。

お腹がすいている時、
寝る前に甘いものを食べると
時間がたってから、
低血糖になるそうです。

夜寝る前に
甘い食べ物を食べると
朝なかなか起きることができない人は、
低血糖の可能性があるので注意が必要です。

「片頭痛」
生活しているときに
片頭痛が起きやすい人は
生理前に悪くなることがあります。

めまいや立ちくらみ、
ひどい人で吐き気などの症状が出る人もいるので
注意が必要です。

 

 

目のクマができる主な原因は?

目の周りやまぶたの皮膚は、
その他の部位に比べて薄いため、

皮膚の下の毛細血管の色が透けて見えます。

睡眠不足や疲労で血行が悪くなると、
血液中の酸素が不足して血液が黒ずんでしまうため、
クマとなって目の周りや目の下にあらわれます。

クマには3つのタイプがありますが、
その種類と主な原因は次のとおりです。

 

黒クマ・・・たるみが原因

黒クマの一番の原因は「加齢」です。

加齢により目の下の皮膚がたるんで、
そのたるみの影が黒く見えてしまうんですね。

皮膚がたるむとその影響で影ができ、
目の下が黒く見えてしまいます。

また、目の周りの脂肪が生まれつき少ない方も、
目の下がくぼんでいることで影ができるため、

黒ずんで見えることがあります。

 

 

茶クマ・・・色素沈着が原因

紫外線の影響や、掻く・こするなどの刺激、
アトピーや化粧かぶれなどによる色素沈着が主な原因です。

 

 

青クマ・・・血行不良が原因

睡眠不足や長時間のデスクワークによる目の疲れ
女性の場合は月経や冷え症
ホルモンバランスの乱れも血液循環を悪くする原因となります。

 

 

 

 

クマの種類別の治し方!

黒クマの治し方

黒クマはたるみが原因ですから、
コンシーラーなどで隠すことが困難です。

そのため一時的な対処としては、
どうしても厚化粧になりがちです。

 

ですから、
なるべく根本的な解消や治療を目指していくのがいいですね。

皮膚のたるみを無くすためには、
皮膚に十分な栄養を与えてあげることが必要です。

クリニックでは目の下にヒアルロン酸などを
直接注入する治療を行うこともありますが、

目の下の非常にデリケートな部分でもあり、
躊躇される方が多いですね。

 

 

茶クマの治し方

目の下の茶グマの原因は色素沈着なので、
シミの対策と同じになります。

目立たないようにするには
コンシーラーなどで隠すこともできますが、

ただそれでは根本的な原因の解決にならないので
美白効果のあるコスメをつかうのがいいでしょう。

ただいくら美白をしても
うまく改善されないケースもあります。

それは日ごろのダメージや加齢などによって、
まぶたが皮膚痩せを起こしているケースです。

その場合は美白だけでは効果が出ず、
内側からケアしてあげることが必要になります。

皮膚に栄養とコラーゲンを与えて血行・血流を良くし、、
健康なまぶたを取り戻すためには、

まぶたに直接塗りこめる
「アイキララ」というアイクリームが効果的です。

 

 

青クマの治し方

青クマを取る方法としては
血行を促進させるマッサージやツボ押し、
また目元を暖めるなどの解消法があります。

簡単なやり方の一つが

「スプーン」を使ったマッサージ方法です。

これは暖かいお湯に入れたスプーンと、
冷たい水に浸したスプーンを交互に目の下の皮膚にあてることで、
目元の血管の拡張と収縮を促す方法になります。

こうすることで青クマの周りの血行を促進して
改善効果を得るという方法なんですね。

ただスプーンをあまり強く目元に押し付けすぎると、
こすれることによる色素沈着の原因になってしまいますので、
それほど力をいれず、優しく目元にあてるというのがいいですね。

 

 

最後に

女性に多い貧血ですが
鉄分が足りないことが原因ではなくて

ストレス
めまい、頭が痛くなったりなどの症状
出るときがあるので、

生活をしているなかで
めまいの症状が多い人は、

一度病院に行って診察をしてもらうことを
おすすめします。

私も貧血ぎみで
頭が痛くなったことが何度か続いたときに
母親と一緒に病院に行ったら、

自律神経失調症だと言われたことがあります。

バランスが崩れると
体調を崩しやすいので調子が悪いときは
体を休ませることが大切ですね。

 
 


スポンサーリンク





 
 

-健康の知恵
-, , , , ,

スポンサーリンク