ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

脳トレ

老人介護向けの脳トレ!頭が柔軟になるクイズとは?

2018/09/24

 

誰もが60歳では、老人とは思っていません。

もちろん還暦を過ぎれば若いとは言えませんが、

「老人扱いはゴメンだ」ということです。

一般的には老人意識を持つのは、70歳を過ぎてからです。

75歳を過ぎた人でも、介護士が

「健康のためですから」といって集団ゲームなどを強要すると、

拒否反応を起こし、集会ごとに参加者は減少するそうです。

原因の多くは、幼児のするようなクイズや体操遊びだったり、

全く興味のないものや目的のわからない無意味なものを、

無理に強制するからです。

この記事では、

健康生活や社会生活に役立つクイズ、

興味・関心の深いクイズ、

知能開発や探求心を刺激するようなクイズを選びました。

ご活用いただけれな、ありがたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

教えるときのワンポイントアドバイス①

競争しても、勝ち負けにごだわらないようにし、

負けても楽しく劣等感を感じさせないようにします。

 

●勝者だけの活動でなく、敗者も復活できるものにしましょう。

 

●失敗はリーダーが意図的にして皆の笑いを誘いましょう。

 

●障害を心配しすぎて善意の差別をしないようにしましょう。

 

 

 

教えるときのワンポイントアドバイス②

つまづきや失敗のないように、

初めは誰でもできるものから始め、段々と難度の高いものへ移します。

 

●くどくどと説明せず、やりながら方法をはっきりさせましょう!

 

●音楽や歌などは誰もが知っているものを使いましょう。

 

●1人ならできても全体ではつまづくことを考えておきましょう。

 

 

 

頭が柔軟になるクイズ

□に漢字をいれよう

中学生の問題です。

□には同じ漢字が入ります。

それは、なんという漢字でしょうか。

また、それぞれの単語を読むことができますか。

わからないときは辞書でしらべましょう。

 

<問題①>

A □形

B □帝

C □将

D 海□

E 淑□

F 天□

 

 

<ヒント>

・役者 ・天皇 ・家の主 ・貝などをとる ・品のある ・羽衣

 

 

<答え>

A おやま

B じょてい

C おかみ

D あま

E しゅくじょ

F てんにょ

 

 

<問題②>

A 面□

B □守

C 包□

D □息

E 賽□

F 椰□

 

 

<ヒント>

・顔を立てる ・世話をする ・中華料理 ・かわいい ・博打 ・南の植物

 

 

<答え>

A めんつ

B こもり

C ぱおず

D しそく

E さいころ

F やし

 

 

 

誤りやすい漢字の熟語

孫のノートを見たら、間違い漢字がありました。

どれも読み方が似ています。

正しく直してあげましょう。

 

 

<2文字>

まず2文字の漢字です。

 

A 目読→□□

B 予震→□□

C 残敗→□□

D 古郷→□□

E 来暦→□□

F 講議→□□

 

 

<答え>

A=黙読

B=余震

C=惨敗

D=故郷

E=来歴

F=講義

 

 

<3文字>

次は3文字の漢字です。

A 古事紀→□□□

B 無感心→□□□

C 金冠食→□□□

D 両成類→□□□

<答え>

A=古事記

B=無関心

C=金環食

D=両生類

 

 

<4文字>

次は4文字の漢字です。

A 短刀直入→□□□□

B 危機一発→□□□□

C 思考錯誤→□□□□

D 粉骨細身→□□□□

 

<答え>

A=単刀直入

B=危機一髪

C=試行錯誤

D=粉骨砕身

 

 

 

 

 

数字を入れましょう

□の中には、漢数字が入ります。入れてください。

また、できた言葉を読んでみましょう。

 

<問題①>

A □脚

B □夕

C □足

D □□□縄

E □朔

F □歳飴

 

 

<ヒント>

写真機・季節・怖い虫・神社・すっぱい果物・お祝い

 

 

<答え>

A=三(さんきゃく)

B=七(たなばた)

C=百(むかで)

D=七五三(しめなわ)

E=八(はっさく)

F=千(千歳飴)

 

 

<問題②>

A □舌

B □□夜

C □□雀

D □期□会

E □人□色

F □□□折り

 

 

<ヒント>

小鳥・お月様・庭の小鳥・出会い・いろいろです・折れ曲がった山路

 

 

<答え>

A=百(もず)

B=十六(いざよい)

C=四十(じじゅうから)百(むかで)

D=一、一(いちごいちえ)

E=十、十(じゅうにんといろ)

F=九十九(つづらおり)

 

 

 

二字続き漢字の組み合わせ

四文字です。同じ感じが二字ずつ並んでいます。

例題に従って考えてください。

 

例題 「三々五々」 (さんさんごご)

正しい読みを調べましょう。

 

A □□□□ (ぜぜひひ)

B □□□□ (じじこくこく)

C □□□□ (ききかいかい)

D □□□□ (へいへいぼんぼん)

E □□□□ (せいせいどうどう)

F □□□□ (ししそんそん)

G □□□□ (めいめいはくはく)

H □□□□ (けんけんごうごう)

 

 

<答え>

A=是々非々

B=時々刻々

C=奇々怪々

D=平々凡々

E=正々堂々

F=子々孫々

G=明々白々

H=喧々囂々

 

 

□に同じ漢字が入る

A □朝□夕

B □人□色

C 以□伝□

D □真□銘

E □画□賛

F □体□命

G 右□左□

H □男□女

 

 

<メモ>

言葉は使うことができると、完全に知識として定着します。

若者は語彙が少ないといわれています。

ここではお年寄りの出番です。

意味や使い方を教えてあげましょう!

 

 

<答え>

A=一(いっちょういっせき)

B=十(じゅうにんといろ)

C=心(いしんでんしん)

D=正(しょうしんしょうめい)

E=自(じがじさん)

F=絶(ぜったいぜつめい)

G=往(うおうさおう)

H=善(ぜんなんぜんにょ)

 
 
 


スポンサーリンク






 
 

最後に

認知症の方に、このクイズをしていただくにあたって、

大切なことは、「ラクラクスラスラ楽しんでできる」ということです。

日々できなくなることばかりに目がいくなかで、

このクイズの中には「できること」がたくさんあります。

認知症の方がクイズをやってみたときの「できた」という喜びと自信。

そして「すごいね」とほめられたときのうれしさ。

ご本人はもちろん、介護にあたる人たちもきっと楽しくなってきます。

「クイズをしていると楽しそう」

「笑顔が増えたみたい」

「会話が多くなった」・・・。

そんな風に感じていただけましたら、嬉しいです。

 

◆こんな記事も読まれています。

老人介護向けの脳トレクイズとは?脳を活性化して健康寿命をのばしましょう!

老人介護向けの脳トレ!漢字で頭が活性化するクイズとは?

老人介護向けの脳トレ!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護向けの脳トレ②!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護予防の脳トレ③!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護予防の脳トレ④!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護予防の脳トレ⑤!役に立つ健康生活クイズとは?

 
 


スポンサーリンク






 
 

-脳トレ
-, , , ,

スポンサーリンク