ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

脳トレ

50代の若年性認知症予防の脳トレ!役に立つ健康生活クイズとは?

2018/10/28

 

誰もが60歳では、老人とは思っていません。

もちろん還暦を過ぎれば若いとは言えませんが、

「老人扱いはゴメンだ」ということです。

一般的には老人意識を持つのは、70歳を過ぎてからです。

75歳を過ぎた人でも、介護士が

「健康のためですから」といって集団ゲームなどを強要すると、

拒否反応を起こし、集会ごとに参加者は減少するそうです。

原因の多くは、幼児のするようなクイズや体操遊びだったり、

全く興味のないものや目的のわからない無意味なものを、

無理に強制するからです。

この記事では、50代の若年性認知症予防のための

健康生活や社会生活に役立つクイズ、

興味・関心の深いクイズ、

日頃納得して意識するだけでも効果のある

知能開発や探求心を刺激するようものを選びました。

ご活用いただけれな、ありがたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

自分の顔の写りは

「ハイ、ポーズ」と、いい気持ちで写真を写しました。

さて、自分の顔や姿は、カメラ写りのいい方だと思っていますか。

割合はどうなのでしょうか。

線で結んでみましょう。

 

A 普通だと思う ・   ・a 14%

B あまりよくない・   ・b 35%

C 全くよくない ・   ・c 40%

 

テレビや映画の女優さんは、

ノーメイクだと絶対に撮らせない人もいます。

また、「カメラは右側の斜め前にしてください」などと、

レンズの方向を細かく注文する人もいます。

私達も見習って、若く見られたいという心や、

お洒落心をなくさないようにしたいものです。

それが若さを保つ秘訣です。

集合写真などを撮るときは、

場所をなるべく前列の中央にします。

眩しくなり帽子を深くかぶると、

顔が影になりますから注意しましょう。

 

 

<答え>

A=c

B=b

C=a

 

 

 

危ない横断歩道の信号

 

高齢者の交通事故が増加しています。

信号を守って道路を横断しましょう。

信号は「赤・青・黄」ですが、並び方で正しいのはどれでしょうか。

 

A 赤・青・黄

B 青・黄・赤

C 黄・赤・青

 

10年前に日本の歩行者は、自動車が一台もないのに、

信号が青に変わるまで待っていました。

外国から来た留学生は、じっと立っている人を見て不思議に思ったほどです。

ところが最近は、残念ですがよく守っているとは言えなくなりました。

信号の変わる時間は、その道路の広さや交通量で違いますが、

2分も待てば変わります。

年齢が多くなると敏捷性低くなります。

わずか2分に生命を賭けるのはよしましょう。

「大丈夫だろう」と思うことは危険です。

 

 

<メモ>

スペインの電車の踏切信号は青がありません。

黄色の次は、黄色の点滅で、

歩行者に常に注意を促しています。

 

 

<答え>

 

 

 

転倒の予防

 

転倒は日常の軽い事故ですが、骨折と結びついています。

高齢者の骨折は「寝たきり」になる原因の第三位です。

では、日常生活の中で、どんなことに注意したら、

転倒予防になるでしょうか。

次の項目から8つ選んでください。

 

A 意識して足をあげて歩く

B 足に合った靴を履く

C 階段には手摺を付ける

D 段階をスロープにする

E 部屋にも手摺を付ける

F 運動して足腰を鍛える

G 両手に荷物を持たない

H 自転車は絶対に乗らない

I つまづくものを置かない

J 足にサポーターを付ける

K 介助員をいつもお願いする

L 早めに車椅子を使う

M 無理せずに杖を使う

N 時間にゆとりを持たせる

 

 

<メモ>

個人差はありますが、

歩行に神経質になりすぎることは、

かえって足腰を弱める原因になります。

危険に過剰反応することを慎みましょう。

日頃から体を鍛えて筋力をつけることが第一です。

しかし、用心だけはしましょう。

例えば荷物はリュックに背負い、

両手に持たないようにし、

転んだときに手を使えるようにします。

 

 

<答え>

A、B、C、F、G、J、M、N

 

 

 

寒い季節の運動は

健康づくりには、適度な運動を継続的にすることが大切です。

しかし、真冬の寒い日でも続けたほうがいいのでしょうか。

 

A 朝起きたときにしたほうがいい

B 朝や夕方は避けたほうがいい

C 寒い日はしないほうがいい

 

高齢者や高血圧の人は、

急に運動すると、血管が収縮するので危険です。

外で運動するときは、

温かい服装で適度にしましょう。

階段を歩く、バス停の一つ前で降りるなど、

自分にあった運動を、

お医者さんに相談して続けましょう。

 

 

<メモ>

20代の健康な学生に、

3週間ほどベットで絶対安静にしてもらいました。

学生たちの最大酸素摂取量(体力維持の基準)は、

30%も減少しました。

1%の減少は、

1歳分ほどを寿命が低下したことになり、

3週間で30歳分も年を取ったことになりました。

ビックリですね!

 

 

<答え>

 
 


スポンサーリンク






 
 

最後に

認知症の方に、

このクイズをしていただくにあたって、

大切なことは、

「ラクラクスラスラ楽しんでできる」ということです。

日々できなくなることばかりに目がいくなかで、

このクイズの中には「できること」がたくさんあります。

認知症の方が

クイズをやってみたときの「できた」という喜びと自信。

そして「すごいね」とほめられたときのうれしさ。

ご本人はもちろん、介護にあたる人たちもきっと楽しくなってきます。

「クイズをしていると楽しそう」

「笑顔が増えたみたい」

「会話が多くなった」・・・。

そんな風に感じていただけましたら、嬉しいです。

 

◆こんな記事も読まれています。

40代、50代の若年性アルツハイマー型認知症の初期症状とその進行状況は?

老人介護向けの脳トレ!頭が柔軟になるクイズとは?

老人介護向けの脳トレ!漢字で頭が活性化するクイズとは?

老人介護向けの脳トレ!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護向けの脳トレ②!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護予防の脳トレ③!役に立つ健康生活クイズとは?

老人介護向けの脳トレクイズとは?脳を活性化して健康寿命をのばしましょう!

老人介護予防の脳トレ⑤!役に立つ健康生活クイズとは?

 
 


スポンサーリンク






 
 

-脳トレ
-, , ,

スポンサーリンク