ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

目の下のクマが消えない!種類別の原因とその後のケア方法を伝授します!

2018/11/08

 

目の下にできる “クマ” は、
顔色が悪く見えたり老けて見えたりするのでやっかいです。

 

元気なのに、
疲れているように見られるなんて嫌ですよね。

しかも、目の下にクマがあるだけで
見た目年齢がプラス5歳になるとも言われ、
老け顔の原因にもなります。

クマは適切なケアをすれば治すことは可能です。

ただ、

「目の下のクマ」と一口にいっても、
実は種類があります。

クマの種類によって、
治す方法も変わってきます。

この記事では、
困ったクマをすっきり退治するための方法を

クマの種類別にご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

目のクマができる主な原因は?

目の周りやまぶたの皮膚は、
その他の部位に比べて薄いため、

皮膚の下の毛細血管の色が透けて見えます。

睡眠不足や疲労で血行が悪くなると、
血液中の酸素が不足して血液が黒ずんでしまうため、
クマとなって目の周りや目の下にあらわれます。

クマには3つのタイプがありますが、
その種類と主な原因は次のとおりです。

 

黒クマ・・・たるみが原因

黒クマの一番の原因は「加齢」です。

加齢により目の下の皮膚がたるんで、
そのたるみの影が黒く見えてしまうんですね。

皮膚がたるむとその影響で影ができ、
目の下が黒く見えてしまいます。

また、目の周りの脂肪が生まれつき少ない方も、
目の下がくぼんでいることで影ができるため、

黒ずんで見えることがあります。

 

 

茶クマ・・・色素沈着が原因

紫外線の影響や、掻く・こするなどの刺激、
アトピーや化粧かぶれなどによる色素沈着が主な原因です。

 

 

青クマ・・・血行不良が原因

睡眠不足や長時間のデスクワークによる目の疲れ
女性の場合は月経や冷え症
ホルモンバランスの乱れも血液循環を悪くする原因となります。

 

 

 

 

クマの種類別の治し方!

黒クマの治し方

黒クマはたるみが原因ですから、
コンシーラーなどで隠すことが困難です。

そのため一時的な対処としては、
どうしても厚化粧になりがちです。

 

ですから、
なるべく根本的な解消や治療を目指していくのがいいですね。

皮膚のたるみを無くすためには、
皮膚に十分な栄養を与えてあげることが必要です。

クリニックでは目の下にヒアルロン酸などを
直接注入する治療を行うこともありますが、

目の下の非常にデリケートな部分でもあり、
躊躇される方が多いですね。

 

 

茶クマの治し方

目の下の茶グマの原因は色素沈着なので、
シミの対策と同じになります。

目立たないようにするには
コンシーラーなどで隠すこともできますが、

ただそれでは根本的な原因の解決にならないので
美白効果のあるコスメをつかうのがいいでしょう。

ただいくら美白をしても
うまく改善されないケースもあります。

それは日ごろのダメージや加齢などによって、
まぶたが皮膚痩せを起こしているケースです。

その場合は美白だけでは効果が出ず、
内側からケアしてあげることが必要になります。

皮膚に栄養とコラーゲンを与えて血行・血流を良くし、、
健康なまぶたを取り戻すためには、

まぶたに直接塗りこめる
「アイキララ」というアイクリームが効果的です。

 

 

青クマの治し方

青クマを取る方法としては
血行を促進させるマッサージやツボ押し、
また目元を暖めるなどの解消法があります。

簡単なやり方の一つが

「スプーン」を使ったマッサージ方法です。

これは暖かいお湯に入れたスプーンと、
冷たい水に浸したスプーンを交互に目の下の皮膚にあてることで、
目元の血管の拡張と収縮を促す方法になります。

こうすることで青クマの周りの血行を促進して
改善効果を得るという方法なんですね。

ただスプーンをあまり強く目元に押し付けすぎると、
こすれることによる色素沈着の原因になってしまいますので、
それほど力をいれず、優しく目元にあてるというのがいいですね。

 


スポンサーリンク





 

 

原因別クマの正しいケア方法

軽度のくまの場合は
毎日のケアを正しく行えば、

解消または予防することができます。

自宅でできる正しいケア方法を紹介します。

 

たるみが原因の「黒クマ」のケア

加齢などが原因で目の下にたるみができることで、
たるみの下に影ができ黒く見えるのが黒くまです。

黒クマのケア方法を紹介します。

 

バランスのいい食事を心掛ける

無理なダイエットによって
皮膚が痩せると目の下のたるみも進行するため、

バランスのいい食事で
身体の内側から健康的な肌を保ちましょう。

 

 

眼輪筋を鍛えるエクササイズを

眼輪筋(がんりんきん)とは
目の周辺にある表情筋のことで、

加齢などによって筋力が衰えると
目の下のたるみを引き起こし、

くまの原因に。

この眼輪筋を鍛えるためには、

目を大きく開いたりギュッと閉じたりの繰り返しや、
目玉を左右上下にゆっくりと回すエクササイズが効果的です。

 

 

目元専用の美容液やパックでケア

皮膚が痩せてたるむのを防ぐために、

細胞を活性化して
コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する成分や、

保湿成分がたっぷり配合された化粧品でお手入れを。

 

 

シミやくすみが原因の「茶クマ」のケア

茶くまの主な原因は
色素沈着やターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れ。

茶クマの正しいケア方法を紹介します。

 

UV対策を忘れずに

日差しが厳しい日には日焼け止めや日傘の他、
帽子や大きめのサングラスなどで目元の紫外線対策を万全に。

 

 

ビタミンCをたっぷり摂取

紫外線を浴びてしまったら野菜や果物、
サプリメントなどでメラニンの生成を抑える

ビタミンCを積極的に摂りましょう。

 

 

美白コスメでのケアが大切

ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸など美白効果が
認められている成分を配合したコスメやパックでしっかりと目元ケアを。

 

 

クレンジングや洗顔は慎重に

目を強くこすったり、
化粧品がクレンジングで落としきれずに
皮膚に残ったりといった刺激も茶くまを悪化させます。
メイクを落とす際は、こすりすぎないように心掛けましょう。

マスカラを落とす際は
専用のリムーバーを含ませたコットンで、
まつげを軽く掴むようにして落とし、

アイライナーやアイシャドーは
リムーバーを含ませた綿棒を使うと良いでしょう。

 

 

目のかゆみには目薬を

目元をこすったり、
かいたりしないように注意。

目の乾きや疲れによって
つい目に手がいってしまう場合は、

こまめに目薬をさすなど工夫を。

 

 

血行不良が原因の「青クマ」のケア

目の下の薄い皮膚の下には、
毛細血管が多く集まっています。

何らかの理由で血行不良になると毛細血管でも血液が滞り、
薄い皮膚から透けて青っぽく見えます。これが青くまです。

青クマの正しいケア方法を紹介します。

 

血行不良を招く要因を取り除く

血行不良は寝不足やストレス、冷え、
運動不足、目の疲れなどによって起こりやすいため、

まずはこの原因を取り除く努力を。
またタバコは毛細血管の血行を悪くするので、
禁煙も大切です。

 

 

目が疲れた時は温めて血行を促進

500Wの電子レンジで
1分ほど温めた蒸しタオルを適度に冷まし、
両目の上に乗せて5分ほど温めましょう。

蒸気が出るアイマスクや
美顔スチーマーなどもオススメです。

 

 

目元をやさしくマッサージ

マッサージクリームで滑りを良くした上で、
中指と薬指を使ってやさしくマッサージして血行を促進させます。

強くこすりすぎると
色素沈着を起こして茶くまの原因になるため、

あくまでもやさしくがポイント。

 

 

食事で貧血を解消

貧血になると青くまが現れやすくなります。

鉄分を含んだ食品(レバー、ほうれん草、ひじきなど)を
積極的に摂るようにしましょう。

 

 

 

目のクマに効く!ツボ押し&マッサージ

目のクマに効くとされている顔のツボは、

・晴明(せいめい)
・承泣(しょうきゅう)
・太陽(たいよう)です。

 

クマが気になる方は、
スキンケアの際やメイク前などに
軽く2~3回プッシュしましょう。

ツボ押しは日中でも、
メイクの上からでも手軽に行えるのが
嬉しいポイントですが、

目の周りは皮膚が薄いのでやり過ぎは禁物です。

マッサージは、
美容液やクリームなどで指のすべりを良くしてから、

目尻の下から目頭を通って軽くこめかみあたりをプッシュ。

2~3回行うと
目の周りの血液の循環が良くなり、

クマ解消につながりますよ。

 

◆こんな記事も読まれています

眼精疲労の対処法!頭痛、肩こり、目の疲れを即効で解消する4つの方法とは?

目がかゆくて腫れる!アレルギー結膜炎の原因と対処法とは?

目のかゆみの原因!目のアレルギー症状の花粉症対策とは!!

 

 


スポンサーリンク





 

最後に

繰り返しになりますが、
目のクマには3つの種類があり、

それぞれに対処の方法が
異なるということもお話してきました。

中にはクリニックで治療をする
という方もいらっしゃいますが、

費用もかかりますし、

また目の下という非常にデリケートな部分なので
不安もつきまといますよね。

ですから、その原因を知ってもらって、

まずは、
その緊急的な治し方と、

その後のご自宅でできる
ケアをしっかり行ってもらえればと思います。

いずれのクマに関しても、
血流をよくすることによって、
健康的なまぶたを手に入れるのが一番の解決法ですね。

 

 

-暮らしのトラブル
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク