ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

赤ちゃんの蚊対策?蚊取り線香を使わないにはどうすればいい??

2018/11/08

 

 

もはや夏の風物詩と言ってもいい

蚊取り線香ですが、
蚊を殺すのなら、
もしかして人間にも悪いのでは?

 

と、疑問に思ったことはないですか?

特に赤ちゃんや
小さなお子さんのいるご家庭では

蚊に神経を使い、
蚊取り線香を常にたいているということも
多いかもしれません。

でも、赤ちゃんや妊婦さんが
蚊取り線香の煙を吸っても大丈夫なのでしょうか?

 

一旦、考え始めると
次から次に疑問が湧いてきますよね。

この記事では、
赤ちゃんと蚊取り線香について

その安全性から理由まで
疑問を払しょくできるよう

しっかりとお届けしていきますね!

 

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんは蚊に刺されやすい?

蚊は二酸化炭素の量や体温、
汗に含まれる成分などに反応して、
対象を選びます。

 

赤ちゃんは
大人よりも呼吸の回数が多く、
その分二酸化炭素が排出されています。

また体温も高く、
汗もたくさんかくので蚊に刺されやすいのです。

赤ちゃんのためにも、
蚊よけ対策をしっかりしましょう。

 


スポンサーリンク





 

蚊取り線香の特徴

蚊取り線香には、
ピレトリンやピレスロイド系の
殺虫成分が含まれています。

 

この2つの成分が
線香に練りこんで作られたものが

蚊取り線香と呼ばれているものです。

即効性があるのが特徴で、

またピレスロイドの場合は
安全性が高い点が注目されています。

仮に、人体へ入ってしまったとしても
ピレスロイドは素早く分解され、
短時間で体外へ排出されます。

 

 

 

蚊取り線香使用の際の注意点

蚊取り線香で注意したいのは

直接吸い込んでしまうと
目やノドの粘膜を刺激するので、

赤ちゃんの近くでは焚かない、
また焚くときは換気するようにしてください。

手の届くところに置いておくと、
間違えて食べてしまったり

使用中は触ってやけどする可能性もあるので
置く場所には注意しましょう。

 

 

 

蚊取り線香も使わない対策とは?

蚊取り器も蚊取り線香も、
やっぱり殺虫成分を使っているので、

そこが気になって使えない…!

蚊帳(かや)を使う!という手があります。

 

寝ているとき

主に寝る時の対策になってしまいますが、

布団が3枚ほどひけるような、
かなり大きな蚊帳も売っているので、
蚊取り器や蚊取り線香を使わなくても

夜、安心して寝ることができますね。
赤ちゃんが寝ている場所だけなら、

食卓で虫除けとして使う
フードカバーの大きい版のような蚊帳も売っています。

蚊帳は昔懐かしいものですが、

今は簡単に張れるものがいろいろ出ていますよ。

 

 

 

外出している時

・肌の露出を避け上着など羽織る
・蚊の寄りにくい色の服を着る
・肌が露出する部分には虫よけを塗る
・汗をかいたらこまめに拭いて、虫よけも塗り直す

蚊が活発に活動するのは

朝の5時~6時、
夕方6時~7時というデータもあるので、

その時間帯は外出を控えると良いようです。

蚊が好むのは黒っぽい色だそう。

明るい服を着て出かけるといいですね。

虫よけは塗り残しや塗りむらがないように、
まんべんなく塗りましょう。

 

 

最後に

日焼け止めを塗る時は

まず虫よけを塗って、
乾いてから日焼け止めを塗ってくださいね。

最近はワンタッチで
パッと広げることができる

お手軽な蚊帳もあるので、

そういう蚊帳を使えば、
取り付けのわずらわしさもなくなりますね。

大きめの蚊帳なら、
ハイハイ前の赤ちゃんを
その中で遊ばせてあげることもできますし、

ママの添い寝もバッチリですね♪

 

◆こんな記事も読まれています

赤ちゃんのダニ刺されの症状と対策!とびひで一番気をつけたいのはココ!!

赤ちゃんが風邪をひいたときにおすすめの離乳食は何を作ったらいいの?

赤ちゃんが風邪をひいたときの離乳食は何を食べさせればいいの??

 

 

 


スポンサーリンク





 

 

-暮らしのトラブル
-, , ,

スポンサーリンク