ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

銀杏中毒の症状とは!危険な一日に食べる量の目安とは?

2018/09/15

 

 

「銀杏、うまっ!」

あなたはついつい銀杏を食べ過ぎてはいませんか?

でも、銀杏は食べ過ぎると体に悪いんです。

まさか鼻血は出ていませんか?

この記事は銀杏を食べ過ぎるとどうなってしまうのか、

銀杏を何個まで食べていいのかを調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

銀杏を食べ過ぎるとどうなるの?

銀杏を食べ過ぎて中毒になった場合、
食後12時間以内に腹痛がおき、
嘔吐、下痢、めまいなどの症状が出ることがあります。

 

これは食中毒の症状と同じで、
酷いときには倒れてしまい、
呼吸困難、不整脈、痙攣などの症状をおこし、

最悪死に至るケースもあるというのです!

症状はそんなに長期間にわたっては起きず、
半数以上は1日以内に回復。長い場合でも4日間程度。

「たかが食べ過ぎで死ぬなんて嘘でしょ?」

と思うかもしれませんが、
実際に戦中戦後の食糧難の時代には、

銀杏による食中毒の事故が多く発生し、
死亡例もあったというのだから、

油断大敵です!

 

 

危険な一日に食べる量の目安とは

殻を剥いた銀杏の実

では、

そんな食べ過ぎを起こしてしまうのは、
一日に何個以上食べた場合なのでしょうか?

銀杏はこれ以上食べたらダメ!

・子供・・・7粒以上
・大人・・・40粒以上

大人が一日に40粒以上も食べることは珍しいですが、

子供が7粒以上食べるのは十分に有り得ることです。

昔は

「銀杏は自分の年齢の数より多く食べるな」

子供には強く言い聞かせていたそうですが、

それだけ子供が食べ過ぎて
中毒を起こすことが頻繁にあったのでしょう。

現在でも中毒を起こして病院にかかった人の

「7割が5歳未満の子供」というデータがありますから、

特にお子さんには注意して、
食べる量を守らせるように目を光らせたほうがいいですね。

 


スポンサーリンク





 

食べ過ぎて中毒症状が出た時の対処法

もしうっかり銀杏を食べ過ぎてしまい、

嘔吐や痙攣などの

明らかに中毒を起こしたと思われる症状が出た場合は

もうこれしかないです。

すみやかに病院へ行きましょう

自宅で出来る対処法はありませんし、
万が一という可能性も捨て切れませんので、

できるだけ早く医師の診察を受けるのがベストです。

治療法としては、
全身管理と対処療法が主体となりますが、

もっとも効果的なのは
直ちにビタミンB6製剤(ピリドキサールリン酸)を投与することです。

そのときは
「ギンナンを食べ過ぎたみたいで」

告げることをお忘れなく :^^;

 

 

 

最後に

でも、銀杏は栄養もあるのです。

タンパク質、脂質、鉄分、カリウム、
カロチン、ビタミンB1,B2とバランスの取れた食材なのですね。

中国では、
スタミナ食や薬用・漢方と言われるほど、なのです。

また、
パントテン酸が脂肪の代謝を良くし、
エネルギーに変える効果と抗酸化作用もあるので、

ダイエット効果もあるのだとか。

でも、忘れないで下さいね。

一定の量を超えて食べ過ぎると、
恐ろしい中毒症状を引き起こすことを!!

始めから何粒までにしようと制限を決めて、
カラダにとって嬉しい効果もある

銀杏を美味しく頂きましょうね♪

 

◆こんな記事も読まれています

枝豆の栄養効果とイソフラボンの効能がスゴい!でも食べ過ぎは危険の理由とは?

カスピ海ヨーグルトの効果効能と作り方!栄養素がてんこ盛りで手作りしちゃおう!!

とうもろこしの簡単なゆで方は塩にあり!ガッテン流のゆで方の3つの注意点とは

ウルトラ蒸ししょうがの効果とは!作り方も簡単でダイエット効果もスゴイ!!

コンビニで消化の良い食べ物と下痢の時の摂りたい食事とは!!

胆嚢摘出内視鏡手術で下痢になりやすい原因と対処法とは!

腹痛に吐き気や下痢の対処法!冷や汗が出た場合は要注意ですよ!

 

 


スポンサーリンク






 

 

-暮らしのトラブル

スポンサーリンク