ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

いびきの原因といびきが引き起こす恐い病気!普段からできる7つの解消法!!

2019/04/01

 

 

いびきは、その殆どは自覚症状がなく、
身内など周囲の人から「いびきをかいていた」と指摘されて初めて気付くものですよね。

それがもし恋人だったとしたら、
あとで聞かされてすっごい恥ずかしいものですし、
いびきを聞かれるのが怖くて眠れなくなる・・なんてこともあるかも知れません。

でも、いびきは単に一緒に寝る人の睡眠を邪魔するものだけではありません。

いびきを放置しておくと、
周囲への迷惑は勿論のこと、
本人にとっても思わぬ病気の進行に繋がってしまいます。

そのため、いびきをかいていることがわかったら、
まずはその原因をしっかりと突き止めておくことがとても大切です。

そこでこの記事では、いびきについて詳しく調べてみました。

いびきの原因や解消法や治療法など、

自分自身がいびきをかいている方は勿論ですが、
周囲にいびきをかく人がいる方にも是非参考にして頂けたらと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

いびきの原因は?

いびきは、主に次のようなことが原因で起こると言われています。

 

気道が狭くなっている

気道とは口や鼻から取り込んだ空気が、肺に達するまでの通り道のことを言います。

この気道が狭くなると、その分空気が通る面積が狭くなるため、音が出やすくなってしまいます。

口を開けて息を吐いても音は鳴りませんが、口を窄めて息を吐くと音が出ますよね?

それと同じ原理です。

気道が狭くなってしまう原因としては、

・肥満によって脂肪が喉に付いてしまっている
・顎が小さい、
・舌や口蓋垂(のどちんこ)、扁桃腺、咽頭扁桃(アデノイド)が大きい
・口で呼吸をしている

などが考えられます。

 

 

鼻に原因があるもの

アレルギーや風邪などの疾患によって鼻が詰まっている場合、
鼻で呼吸するのが苦しいため口呼吸になってしまうことから気道が塞がりやすくなり、いびきをかきやすくなります。

 

 

飲酒によるもの

アルコールは、体内に水分を溜めてしまうことから、
むくみやすくなり、気道が狭くなっていびきをかきやすくなってしまいます。

 

 

ストレスによるもの

精神的、肉体的にひどく疲れている時は、
睡眠によって疲労を回復しようとする働きが強くなるため、睡眠が深くなる傾向にあります。

そうすると、舌や喉の緊張が弛みやすくなって、いびきをかくことがあります。

 

 

加齢によるもの

高齢者になると、口の筋肉が衰えてくるため舌や粘膜が気道を塞ぎ、いびきをかきやすくなります。

 


スポンサーリンク





 

いびきが引き起こす恐~い病気とは!

睡眠時無呼吸症候群

いびきには2種類あり、1つは単純性いびき

これは鼻づまりや疲労などによる一時的ないびきで、いびきの原因を解消することで、いびきも改善されます。

もう1つは慢性的にいびきがあり、一緒に寝ている人の睡眠を阻害するほどの大きないびき。

このようないびきは、睡眠時無呼吸を伴うことが多く、
放置していると症状はどんどん悪化して、様々な合併症を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群とは
、睡眠中の呼吸停止(無呼吸)や止まりかけの状態(低呼吸)が、
一晩のうちに何度も繰り返される病気のことを言います。

呼吸が停止するたびに脳が短時間覚醒するために、
眠りが浅くなり、様々な症状を引き起こします。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状は、寝ている間だけに生じるものではありません。

下記に、代表的な症状を紹介しますので、ご自身に当てはまるものがないか、確認してみてくださいね。

<寝ている間の症状>
・いびき
・いびきが突然止まり、その後大きな呼吸と共にいびきが再開される
・呼吸停止
・呼吸の乱れや息苦しさ
・むせる
・寝汗
・夜に何度も目が覚める

 

 

<起床時の症状>
・口の渇き
・ズキズキするような頭痛
・寝た気がしない
・目覚めがすっきりしない
・疲労感

 

 

<日中の症状>
・四六時中、強い眠気を感じる
・だるさや倦怠感、疲労感を常に感じている
・集中力が持続しない

いかがでしたでしょうか。

上記の項目に当てはまるものが多いほど、
無呼吸症候群である可能性が高くなります。

心当たりのある人は、一度病院で相談するようにしてみてくださいね。

 

 

 

CPAP療法

「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、

「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」と呼ばれます。

閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として
現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。

CPAP療法の原理は、
寝ている間の無呼吸を防ぐために
気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。

 

CPAP装置からエアチューブを伝い、
鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

「鼻にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかも知れませんが、

医療機関で適切に設定された機器を使い、
鼻マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイントです。

そのため、医療機関に一泊入院して治療に適した
機器設定を行う(タイトレーション)場合もあります。

治療は毎日のことなので、使い方でわからないことがあれば

コツをつかめるようになるまで
主治医や医療機関のスタッフに相談してみると良いでしょう。

 

 

 

普段から出来るいびき7つの解消法

自分がいびきをかいていることを自覚したら、
周囲の人への迷惑を避けるためにも解消するよう努力する必要があります。

では、いびきの改善にはどのような方法があるのでしょうか。

 

枕を変えてみる

高さの高い枕を使っていると、あごを引く体勢で寝てしまうことから、
気道が狭くなりいびきをかきやすくなります。

枕の高さを少し低いものに変えるか、思い切って枕を外して寝てみましょう。

 

 

横向きに寝る

仰向けに寝る癖のある方もいびきをかきやすいと言われているので、
そのような場合は横向きで寝てみましょう。

 

 

寝室の湿度を保つ

いびきをかくと口呼吸になります。

のどが乾燥したり、ホコリが侵入したりして炎症の原因になります。

炎症すると、気道が狭くなるので、さらにいびきをかきやすくなります。

乾燥する季節は、寝室に加湿器をつけましょう。

 

 

鼻で呼吸をする

口呼吸をすると、喉が乾きやすくなっていびきが発生します。

寝ている時はなかなか意識するのは難しいですが、
日頃から口呼吸になっていないかチェックをして、
できるだけ鼻呼吸になるように直してみましょう。

 

 

肥満を解消する

脂肪は喉や首周りにもつきますので、
太っている場合は当然それだけ気道が塞がりやすくなり、
いびきをかきやすくなってしまいます。

 

 

アルコールを止める

アルコールは体内に水分を溜めてむくみを起こすだけではなく、
筋肉を弛緩させる作用もあることから、
気道が塞がれ、舌が喉の奥の方へ落ちやすくなってしまいます。

 

 

たばこを止める

たばこに含まれる有害物質が、気道を傷付けることで炎症を起こし、
腫れることで空気の通り道が狭くなっていびきをかきやすくなると言われています。

 

 

睡眠薬を止める

睡眠薬にも筋肉を弛緩させる作用があるため、
いびきによって眠りが浅いからと言って睡眠薬を服用すると、
それが返っていびきを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

 

いびき体操を行う

いびき体操は、かなり効果があります。

口の中の筋肉を鍛えるので小顔効果もあります。

まずは、顎をいためない程度にほどほどに行いましょう。

 

◆こんな記事も読まれています

痛風に良い食べ物!尿の酸性化を防ぐにはなぜにアルカリ性食品が良いの?

枝豆の栄養効果とイソフラボンの効能がスゴい!でも食べ過ぎは危険の理由とは?

不眠症にメラトニンとセロトニン!紫外線の意外な効用とは!!

9月病や秋バテによる体調不良?心の症状と体の症状の原因と対処法とは!

あがり症を克服するために極度の緊張を解消する2つの対処法とは!!

 


スポンサーリンク





 

 

まとめ

いびきは、自分に悪い影響を与えるだけではなく、
周囲の人の睡眠妨害となるリスクも非常に大きい症状です。

 

セルフケアを行ってもなかなか改善しない時は、
思い切って病院を受診してみてくださいね。

最近は効果の高い治療法もありますから、
自分で考えていた以上の効果を得ることが出来るはずですよ。

また、いびきを放置して悪化してしまうと、
睡眠時無呼吸症候群を発症してしまうリスクが増加します。

睡眠時無呼吸症候群は、
日常生活にも支障をきたす疾患ですから、

出来れば発症前に、
いびきをきちんと治療するようにしてください。

 

-暮らしのトラブル
-, , , , ,

スポンサーリンク