ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

眼圧が高いときの症状と原因!眼圧が正常でも緑内障になるて?

2018/09/15

 

 

眼圧が高くなることで発症する緑内障が進行すると、
強い眼痛や頭痛、嘔吐などが現れます。

この際、適切な処置が遅れると最悪の場合、
失明に至ることもあるので注意が必要です。

この記事では眼圧が上昇した時に
どのような症状が現れるのかをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

眼圧が高い時の症状とは?視野が狭まる ~ 失明の恐怖!

眼圧が少しくらい高くなったところで、
明らかな自覚症状というのはありません。

ただ眼圧の上昇は緑内障という病気に繋がる可能性があります。

 

緑内障というのは眼圧が高くなることにより、
目の奥の神経が圧迫され傷ついて視野が欠けてしまう病気のことです。

最悪失明にもなり得る恐ろしい病気です。

 

眼圧の数値は20程度までは正常とされますが、
この数値より急激に上がったりすると
頭痛や吐き気といった自覚症状がでることがあります。

眼圧が上がったからといって
必ず神経に傷ができるわけではありませんので、
全て緑内障になるわけではありません。

 

 

 

眼圧が上がる原因とは?

眼球内には絶えず房水が循環していて、
それはつねに一定量に保たれています。

これは毛様体による房水の量を調節する機能のおかげなのですが、
これがなんらかの原因で異常をきたしてしまうと、
房水の量が増えてしまい眼圧が上がってしまうのです。

風船でいえば空気がパンパンの状態になってしまった状態です。

この何らかの原因としては、
アルコールや肥満、姿勢、加齢など様々な要因が考えられます。

眼圧が上がった場合は病院にて眼圧を下げる点滴をして対処します。

 

 

 

自覚症状がない緑内障

緑内障はほとんど自覚症状を感じず、
知らぬ間に症状が進行しています。

 

初めは何の異変も感じず、
通常通り生活していても、
やがてゆっくりと視界が狭まっていったり、
視界の一部に暗く見えない場所が出来たりします。

そうしてゆっくりと進行してきた症状は
本人にも気づかれることなく重度の症状となり、
やがて発病した本人が気づいたときには
かなり悪化した状態だったりします。

 

視野欠損だけではなく、
視力の低下や最悪失明という可能性もあります。

 

急性の緑内障であれば、
原因となる眼圧が急上昇したことにより、
頭痛や眼痛、充血や吐き気などを催します。

 


スポンサーリンク





 

眼圧が正常でも緑内障になる?

日本人には眼圧が正常でも緑内障になる、
正常眼圧緑内障が多いといわれています。

なぜ眼圧が正常なのに、緑内障になるのでしょうか?

それは次の理由からです。

 

・眼圧が1日のうちで高い時がある。

・人によって正常眼圧が異なるため、正常眼圧内でも神経を圧迫して傷つけてしまう。

 

 

 

 

眼圧を下げるために、生活習慣でできること!

規則正しい生活をする

いきなり直球がきましたね。

こう言われれば
「はい、わかりました!」と言うしかありません。

「それが出来ないから困っているんだ」と言う人もたくさんいると思います。

その場合は、完璧を目指さずに、
出来ることをちょっとずつでもいいので変えてみましょう。

その積み重ねが5年、10年後に違いとなって現れてきますから。

中年以降、「目が痛い!」とならないためにも :^^:

 

 

適度な運動をする

運動も生活習慣から
心身を改善するために有効な方法ですよね。

「そんな暇はない!」と言う方は、
エスカレーターを階段にするとか、
一駅分歩くとか工夫してみて下さい。

いくら忙しくても、
5分か10分早く寝る、
または早く起きるくらいは可能ですよね。

 

 

ストレスをためない

眼球内の房水に限らず、
体の循環障害を引き起こす原因はストレスだと言われています。

 

ストレスをためないで、
いられたらそれはハッピーかもしれませんが、

仕事や家事をしていれば
誰だってストレスがたまるものですよね。

なので、
自分なりのストレス解消法を見つけて、
適度に発散するようにしましょう。

って、それができれば苦労はすませんよね!

 

アルコールを控える

アルコールによる利尿作用は、
いわゆるドロドロ血液の原因になります。

これも循環障害の原因となってしまうので、
アルコールの過剰摂取は控えましょう。

また、
カフェインも交感神経を昂ぶらせてしまうので、
飲み過ぎには気をつけて下さいね。

 

 

目を酷使しない

目の酷使は交感神経を昂ぶらせる理由となるので、
やはり控えた方がよいでしょう。

 

パソコンやスマホの見すぎ、
またコンタクトで目が疲れた時には、
目頭を濡れたハンカチなどで一時的に冷やしてあげましょう。

そして、家に帰ったらお風呂に入るなどして体を温め、
血液の循環を促して目の栄養状態を高めてあげましょう。

そうすることによって目の疲労回復にもつながります。

 

目薬は飲み薬などに比べると
服差王が少ないと言われていますが、
それでも全く副作用がない訳ではありません。

特に緑内障の眼薬は
副作用が多いことが分かっているので注意が必要です。

必ず医師と相談して使用するようにして下さいね。

 

 

 

早期発見のために定期的な眼圧検査をしよう!

眼圧が高い状態のままでいると、
視神経は圧迫され、緑内障を発症する可能性を高めてしまいます。

緑内障は、昔ほどではないものの、
失明する原因の第1位の病気として、その患者数を増やしています。

目の疲労が続いているなど
目に違和感を抱えている場合や、

生活習慣が乱れがちな場合には、
万が一のことも考えて検査を受けておくことをお勧めします。

年に1度の健康診断でも検査される項目のため、
健康診断を必ず受けるようにしておけば安心ですね。

僕もこの2018年11月の健康診断で、
眼圧検査をオプションで予定しています。

緑内障は放おっておくと本当に恐いです。

大切なのは、「早期発見」です。

けっして放置はしないようにしてくださいね。

 

◆こんな記事も読まれています

眼精疲労の対処法!頭痛、肩こり、目の疲れを即効で解消する4つの方法とは?

カラコンの安全な使用方法と選び方!知っておくべきカラコンに潜む危険性とは?

カラコンを眼科で買う3つのメリットと人気のカラコン8種類をご紹介!

 


スポンサーリンク






 

-暮らしのトラブル
-, , , , , ,

スポンサーリンク