ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

暮らしのトラブル

下剤の副作用で下痢や腹痛になるって?頑固な便秘にはコレが効く!

2018/12/15

 

 

何日も便が出ない・・・。

少ししか出なくてすっきりしない・・・。

辛い便秘に悩まされている人は、多いですよね。

便秘が長く続くほど、体に大きな負担がかかってしまいます。

でも、便秘薬(下剤)を飲むのに抵抗が…。

そう考える人の多くは、便秘薬による腹痛や下痢が心配なのでは?

では、便秘の薬で、こうした副作用が出る原因は何なのでしょうか?

この記事では、腹痛や下痢のリスクを減らす対処法もご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

下剤で下痢や腹痛が起きるのはなぜ?!

では、下剤で下痢や腹痛が起きてしまうのはどういうことでしょうか?

下剤は、大きく2種類に分けられます。

それは、刺激性のもの機械的なものです。

 

 

刺激性のものとは

刺激性のものは、主に大腸を刺激して排便を促すものです。

生薬のものが多く、安全なイメージがあるかもしれません。

アロエ、センナ、大黄などがそうですね。

また、ピサコジルやラキソベロンなどもあります。

これらの刺激はたいへん強いです。

刺激性の便秘薬や下剤のほうが下痢や腹痛になりやすいでしょう。

 

 

機械的なものとは

機械的なものは、便の水分を増やして、排便しやすくするものです。

マグネシウムやバルコゾルなどがこれに当たります。

便の水分量が増え過ぎると下痢になるでしょう。

合う合わないがあるでしょうけど、私には合いませんでした。

しかし、どうしても便秘薬や下剤を使い続けたいという人は、
こちらを選んだ方が良いでしょう。

 

なぜかといと、
刺激性の便秘薬や下剤は使い続けると危険が伴うからなんです。

 

 

 

下剤乱用からくる副作用

摂食障害の人に多い下剤乱用

下剤乱用をしている人はほとんどが“摂食障害”の疑いがあります。

摂食障害とは、
精神疾患のひとつであり、
拒食症・過食症が挙げられます。

 

食事を当たり前のように
1日3食とることがなくなり、

体が細くなってしまう拒食症
一気に食べてしまい太ってしまう過食症

この2つを繰り返していくことになるのです。

つまり、普通の人がしている食事とは違い、
大きくその日によって偏ってしまうことになるでしょう。

 

これは、「ダイエット」が主な原因と言われています。

痩せなければならないというストレスから拒食症になり、
その反動として過食症を引き起こしてしまう人が多いのです。

 

体重を下剤でコントロールするようになれば要注意。

 

摂食障害を起こしていると自覚し、
下剤を使わないように意識づけをしていかなければなりません。

 

 

健康に悪い副作用がたくさんある

便を溜め込んでいる方が健康に悪い!

下剤を使った方が良いのでは…と思っている人が多いですが、
下剤乱用による副作用の方が非常に健康に悪いです。

 

どのような副作用があるのかというと、以下の症状が挙げられます。

・腹痛
・痙攣
・便秘の悪化
・動悸や不整脈
・むくみ

以上の5つの症状は下剤乱用の副作用として有名です。

 

下剤を飲むとすぐに腹痛がやってくる人も多いのですが、
下剤乱用からくる腹痛は痙攣を伴うことがほとんどですね。

 

痛みとともに体がブルブル痙攣しはじめるのであれば
腸の動きが異常になっている証拠となります。

 

下剤を頻繁に使い、腸に刺激を与えすぎてしまうと
便秘がさらに悪化してしまうことも…。

 

過剰な下剤の摂取が逆効果になってしまうこともあり、
腸内環境を整えてくれる善玉菌も流れてしまうのです。

 

また、カリウムも排出される恐れがあるので
全身のだるさや心臓への負担から動機や不整脈も起こしてしまうでしょう。

 

女性に多いむくみの原因となる可能性もあります。

このように、
下剤乱用からくる副作用は
健康に悪いものばかりです。

 

間違った使い方は悪影響を及ぼしてしまうことを
しっかり知っておかなければなりません。

 


スポンサーリンク





 

便秘解消にもっといいのは?!

とにかく、今すぐ出したいなら、
他の方法は浣腸くらいしかないと思います。

だからといって、
便秘薬や下剤を使い続けるのは不安ですよね。

また繰り返しますし。

 

確かに、
便秘薬や下剤は、
辛い時から解放してくれます。

 

でも、また同じ辛さがやってきますよね。

そんな時、
ヨーグルトを始めた私はあることに気づきます。

それは、「タンパク質と脂肪が入ってる!」

これでは、悪玉菌がさらに増えるのでは?

と思った私が調べて、出した答えは乳酸菌サプリです。

実は、私はサプリを飲んだことがなく、抵抗がありました。

でも、始めてみると続けやすいのです。

持ち運べるからいつでも飲めます。

 

乳酸菌は善玉菌なんです。

ですから、悪玉菌を退治します。

また、腸の働きや動きを活発にしてくれるのです。

さらに、腐敗物を減らします

即効性は期待できませんが、腸にやさしい解消法です。

また、私が続けたのは、
お風呂で簡単な、

お腹マッサージ(お腹をグルグルさするだけ)と簡単なストレッチ。

 

 

そして、乳酸菌サプリです。あとは、

なるべく歩くことを意識したくらいです。

それで、便秘にはならないようになりました。

でも、即効性はありません。

大事なことは、続けることですね。

あなたが続けられる方法で便秘を治しましょう。

 

 

 

まとめ

慢性的な便秘により
自然に排便することが難しい日が続いている場合は、

何らかの病気が潜んでいる可能性もありますから、
1度は必ず医師に相談するべきです。

 

その際に便秘薬を処方してもらうのも良いかもしれません。

これまでの症状をしっかり説明し、
より自分に適切な薬を選んでもらいましょう。

 

◆こんな記事も読まれています

コンビニで消化の良い食べ物と下痢の時の摂りたい食事とは!!

胆嚢摘出内視鏡手術で下痢になりやすい原因と対処法とは!

腹痛に吐き気や下痢の対処法!冷や汗が出た場合は要注意ですよ!

サナダムシの駆除方法と効果的な薬は?乳幼児に感染させないためにはどうすればいい??

妊娠の兆候や初期症状で現れる16個の特徴と注意点を詳しくチェック!

 
 


スポンサーリンク






 
 

-暮らしのトラブル
-, , , ,

スポンサーリンク