ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

めまいとふらつきで起きれない?吐き気や耳鳴り、難聴が同時起こると危険ですよ!

2018/09/15

不快な症状が起きれば、
どれも少なからず不安になるものですが、

とくに、めまい・ふらつき

「命にかかわるような病気があるのでは」

という疑問がさらに不安を大きくします。

僕も20歳のときに、
夏の暑い日に突然目の前が回って、

天井の木目が突然回りだして、
起き上がれなくなった経験があります。

耳鼻咽頭科の医師の診断は、
「メニエール病の入口」ということでした。

でも、このめまい・ふらつきは、
医師にとっても原因が限定できないことが
多いようです。

この記事では、僕の実体験を踏まえて
めまいやふらつきの原因と怖さをお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

朝、起きれませんでした!

めまいやふらつきは、
目の前がグルグル回るように感じられる
「回転性めまい」と、

カラダがフワフワするような
「浮動性めまい」

大きくタイプが分けられます。

回転性めまいを起こす病気としてよく知られている

「メニエール病は、
朝、目が覚めると、
突然目の前がグルグルと回って、

吐き気がして起き上がれないというように、
症状は大変に強烈です。

通常は、2~3日で治ってしまいますが、
また数年立つと起こるという特徴があります。

僕の場合も、
20歳の夏にメニエールを経験してから、

その2年後に
就職して生活環境がかわるとともに、

その入社合宿(1泊2日に六甲山)のときの

早朝マラソンの際に、
いきなりの立ちくらみで、
マラソンどころではなく大変でした。

すこし、横になっていると
症状は収まってきたのですが、

1時間くらいは立ち上がれませんでした:^^;

ホントに、そのときは
回りも人たちもびっくりしたでしょうが、

僕もいきなりの出来事で”トホホ”でした。

 

 

 

吐き気や耳鳴り、難聴が同時に起こります!

なぜ、めまいが起こるのでしょうか?

そのメカニズムですが、
耳の奥、内耳の中のリンパ管に水がたまって

平衡感覚を司る耳の器官を圧迫するために
めまいが起こる、と言われています。

めまいのほかに、
吐き気や耳鳴り、難聴が同時に起こり、

発作を繰り返しながら、
難聴が悪化していくのが
典型的なメニエール病ですね。

 

僕の場合も朝起きて
大好きなピザトーストを食べた直後に発病し、

何度吐いたかわからないくらい吐いて、
お腹が本当に空っぽになってしまったのを覚えています。

その際、トイレまでは這っていったのですよ。

だって、立てないのですから・・・。

一般的な症状は、
難聴を訴えない、めまいだけの方が多いようですが。

多くはそういう場合であっても、
「メニエール病」と呼んでしまっています。

 


スポンサーリンク






 

めまいが起きた場合の対処方法は?

めまいやふらつきが起きた場合は、

脳出血ではないか、重い脳梗塞はないか、
それだけは病院で検査を受けてもらいたいです。

でも、立ち上がれないのに、
どうやって、病院までいけばいいんだよう、

って言われてしまいそうです。

そうですよね、
回りに家族とかがおられる場合はいいですが、

ひとり暮らしの人などは、
立ち上がれないのですから、
ひとりで歩いて病院まで行けないですよね。

僕も場合もまさにそれで、
まだ学生でボロアパートでひとり暮らしをしていて、

目の前で、天井がグルグル回っているのですよ。

本当に動けないのですよ!

僕は当時付き合っていた彼女に電話して、
アパートまで来てもらって、

本当に肩を貸してもらいながら、

必死の思い出で、
駅前の耳鼻咽頭科までたどり着いたことを覚えています。

その彼女は、
今では僕の嫁になってくれたのですが、
そのときの大変さを今でもたまに言われたりします。

”あんたを医者まで連れていくの、どんなに大変だったか!”


っと、大阪弁で(笑い)

僕の話はまあ、
それくらいのしておきますが、
本当に病院での検査をオススメします。

 

 

めまいやふらつきの原因は何?

めまいやふらつきの生活上の注意点は、

脳卒中の予防、つまり
血圧や血糖値に注意して動脈硬化を防ぎ、

メニエール病の原因ともいわれるストレスを溜めないことですね。

また、立ち上がるときに
めまいが起こるという人は、

起立性低血圧症、わかりやすくいうと、

学校の講堂などで長時間立ったままのときに、
倒れる人がでてきたりという、アレです。

良性発作性頭位めまい、これも言い換えれば、

耳の中で平衡感覚を保つ器官である耳石
あるべき場所からはがれおちたために起こる病気です。

この良性発作性頭位めまいが考えられますが、

この場合は”ゆっくり立ち上がる”ということを意識してください。

経験者は語るです。

でも、現実はゆっくりでも立ち上げれないことのあるのですが :^^;

もちろん、この場合も、
病名を自分では決めつけずに、

繰り返しになりますが、
まずは脳の検査をうけて、

脳に異常がない場合は
耳鼻咽頭科の診断を受けることが大切です。

ここで、
めまいやふらつきをまねく原因をまとめますと、

①起立性低血圧症(脳貧血・自律神経の乱れ)・・・脳梗塞・脳出血

②良性発作性頭位めまい症・・・メニエール不全型メニエール病

なんだか、よくわかりにいですよね。

わかりやく言うと
脳梗塞や脳出血の可能性があるので、まずは、

脳神経外科などで脳の断層画像(CTT)や

磁気共鳴画像法(MRI)を一刻も早く受診してください。

それで、脳に以上がない場合は、

耳鼻咽頭化で”耳奥”を調べてください、ということです。

 
 


スポンサーリンク






 

 

耳鳴り・難聴を放置すると・・・

耳鳴りと難聴は、
いわば親戚関係のようなもので、

耳鳴りのある人の約80%以上は
難聴を併発していると言われています。

耳は、外部の音や言葉を
振動としてチャッチするアンテナの役割を担っており、

その振動を受信機にあたる
脳が認識することによって、

初めて「聞こえる」という仕組みになっています。

耳というアンテナの働きが悪くなれば、
脳の受信機の感度も当然わるくなります。

すると、画像に砂嵐が起こる如く
キーンとかシャーとかいう耳鳴りが聞こえるのです。

もうひとつ、
慢性のしびれや痛みが原因で起こる耳鳴りもあります。

これは、体のどこかに急激な痛みやしびれを感じていたものの、

さほど気にならなかったためにに
ジワジワと続く慢性の痛みやしびれを放置、

それが2~3年続いたあたりから出始める耳鳴りで、

めまいを伴う場合もあるようです。

 

 

 

 

自宅でできるめまいの予防法とは!

①善玉コレステロールを増やす食生活を心がけ、
 やわらかな血管と良好な血流を保つ。

②こまめに水分補給する。

③消化吸収力の弱い人は
 不足しがちなヘム鉄をビタミンCと一緒に摂取する。

④15時以降は、炭水化物ダイエットを実施する。

④体幹を鍛えるコアマッスルトレーニングやストレッチ体操を心がける。

⑤保湿クリームを付けた手で
 耳全体を持ち上げるようにマッサージを行う。

 

 

 

最後に

何度も僕の場合で恐縮なのですが、
僕はメニエール病を発病して、

一度だけ、
仕事のストレスが原因で、

そのときのストレスは
今でも鮮明に覚えていますが、

5年程度、下痢が続いたくらいに激烈で、
そのストレスのせいで、

ある朝僕の顔はそれこそ、

”アンパンマン”みたいにむくんでしまいました。

というか、

”パンパンに腫れ上げっていた”という方がいいのかもしれません。

まず、朝起きてすぐのことで、
僕より、僕の顔を最初に見た嫁がびっくりして、

”何、その顔”って絶句されました。

すぐに僕は脳梗塞を疑って、
近く(羽曳野市)の脳梗塞に強い病院にいって
CTスキャンを取ってもらいました。

幸い、その僕の脳の断層画像をみても

特に異常はなく、
その病院で昼くらいまで安静にしていたら、

顔のむくみも徐々に取れてきました。

でも、その日は1日中、
顔がむくんだままでしたよ!

その時の顔の写真がありますが、

本当に今となっては
”思わず笑ってしまうくらい不細工”です。

本人はそのときは必死だったのですが:^^;

すみせん、僕の話ばっかりで
すこし、こっ恥ずかしいですが・・・。

で、最後に僕が言いたいのは、

朝起きたときに目が回ったり、
顔がひどくむくんだりするというのは、

脳に重大な病気が隠されている可能性があるので、

まずはすぐにでも
脳神経外科を受診してくださいということです。

本当に怖い病気が潜んでいるかもしれないからですよ!

 

◆こんな記事も読まれています

突然のめまいや冷や汗、腹痛は恐ろしい病気が潜んでいることも?

めまい、耳鳴りや難聴を解消する血液サラサラ食材11選

9月病や秋バテによる体調不良?心の症状と体の症状の原因と対処法とは!

耳鳴りの主な原因と症状?突然のキーンという耳鳴りは重大な病気の可能性も・・・

自律神経失調症とは?症状や治療法は?うつ病や更年期障害への対処とは!!

 

 


スポンサーリンク






 

-健康の知恵
-, , , , ,

スポンサーリンク