ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

名医のTHE太鼓判! 股関節を柔らかくするストレッチ方法とは!!

2019/03/04

 

今回はお医者さんが実際にやっている健康法を次々と紹介していき、
果たして本当に効果があるのかを検証!

風邪・髪・便秘・口臭・血糖値・肩こり・腰痛・冷え性…
誰もが気になるテーマの数々を、
「名医の健康法が正しいのか」という前代未聞の切り口で紹介!

今回は、

股関節を柔らかくするストレッチ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

股関節を柔らかくするストレッチ方法!猫背や腰痛にも効果がありますよ!!

”股関節のストレッチは腰痛にも効果的”

上半身の体重の全てが腰にかかっている、
その腰から足がついているのが股関節。

股関節をほぐすと、
腰痛予防や骨盤の矯正にもなるそうです。

お産のときにも良いので、
妊婦さんにもオススメです。

 

関節が柔らかくなれば、
体を痛めて病院で湿布をもらうことも減るかも。

「学生時代は柔らかかったけど、今ではガチガチ…」

そんなあなた、
ヨガや整形外科に行くより気軽にできる方法で、
もう一度やわらかいカラダを目指してみませんか?

 

 

股関節とはどんなとこ?

股関節ってよく考えてみると、
とても大切な場所なのです。

いや考えなくてもそうですよね。
だって脚と身体がくっついているところですもの。

脚は、歩く、走るだけではなく・・・

 

しゃがむ、座る、起き上がる、ジャンプをする。

とっても複雑な動きを行います。
その関節がすべて股関節です。

しかも、身体の中で一番大きな関節でもあります。

当然一番大きな筋肉がついている関節です。

 

 

カラダを柔らかくしたい!

カラダが柔らかいことのメリット

体が柔らかいことのメリットには、

・基礎代謝が上がり、血行が促進される
・疲労回復に効果がある
・肩こり・腰痛の改善
・運動時のケガ予防
・心身の老化防止

 

と体にさまざまな良い効果をもたらしてくれるのです。

カラダを柔らかくしておくことは
本当にさまざまな効果をもたらしてくれます。

健康的な身体作りができますね。

では、股関節に注目して行きましょう。

 

体で最も大きな関節『股関節』

股関節は、人の関節の中で最も大きい部位なのです。

骨盤の左右にあり、胴体と両足をつなげている部分です。

自身の体重を支え、体の曲げ伸ばし、
脚を前後左右に動かしたりとあらゆる動作の中心となります。

そんな動きに万能な股関節ですから、
この関節が硬くなってしまっていると
日常に支障をきたす症状の要因ともなってしまうのです。

 

 

股関節を柔らかくすることで起こる嬉しい効果

股関節の周りにはたくさんの筋肉がついているのです。

股関節が柔らかいとより多くに筋肉が鍛えられ、
下半身痩せ、美脚に繋がるということ。

 

また、股関節はリンパが集中しているために
老廃物が溜まりやすいところでもあります。

股関節が硬いとリンパの流れも滞り、
老廃物が詰まって
むくみ・冷え、セルライトの原因になってしまいます。

股関節を柔らかくするとリンパの流れも促進されて、
ストレッチをすれば下半身もスッキリすることができるため、
美脚効果を期待することができるのです。

股関節は、身体でいちばん大きな役目を担う関節!

人間の身体の中で最も大きな関節。それが股関節です。

股関節は骨盤の左右に位置し、胴体と両足を繋いでいます。

二足歩行する人間の全体重を支え、
身体の曲げ伸ばしなど動作の中心を担っています。

足が前後左右に動かせるのも、股関節のおかげです。

 

 

股関節が固いことによるデメリットとは?

俗にいう「股関節が固い」状態とは、
骨の継ぎ目に問題があるわけではなく、
股関節周りの筋肉が固まっているということ。

 

筋肉の一部分が固い状態で過ごしていると、
周辺の筋肉に負担がかかります。

その負担をかばおうとして、
ねじれたり、傾いたりと、
身体は歪んだ姿勢をとってしまうのです。

自分では気づきにくい、姿勢の歪み。

 

放置しておくと不自然な位置に筋肉が固定され、
その負担をかばって更に歪んだ姿勢へと変化していく……。

こんな悪循環に陥ってしまいます。

とくに股関節は、上半身の体重を全て下半身へ伝える関節。

ここが固いと身体全体が歪みます。分かりやすいのは以下のような症状です。

・猫背
・反り腰
・ストレートネック
・無意識に脚を組む癖がつく
・足をひきずるように歩くなど。

 

これらは姿勢の悪さだけでなく、

・腰痛
・肩こり
・頭痛
・関節の痛みなどの原因となります。

 

「まっすぐ立っているつもりなのに鏡を見ると傾いている」

「椅子に座って数分経つと、居心地が悪くてじっとしていられない」

 

心当たりのある方は、
股関節や骨盤に問題があるかもしれません。

ストレッチで徐々にやわらかく、
動かしやすくしていきましょう。

 

 

 

内転筋・大殿筋のストレッチ

骨盤矯正、下半身のむくみ、ヒップアップに効果的ですよ!

【やり方】

①両足裏を合わせ、ひざを開いて座る。

②背筋を伸ばしたまま、頭を遠くの床に置くように前に倒れる。

(息を吐きながら、状態を前に倒す。骨盤から倒すイメージ)

③これを10回。10回目には出来る限り倒した状態で10秒キープ。

 

注意点としては、
②の状態を全屈させるときに背中が丸まってしまわないように!

これを続けると、いつの間にか床にべったりつくようになりますよ?

 

 

 

 

ストレッチは1日3回、毎日続けると効果的

股関節ストレッチは1日3回程度、
こまめにおこなうとよいです。

身体をほぐしやすいタイミング、

たとえば、

・朝起きたとき、体操代わりに
・入浴後、身体が温まっているときに
・就寝前、リラックスタイムも兼ねて

などに行うのがオススメです。

また、股関節ストレッチは少しずつでも毎日続けることが大事です。

長年かけて固まってしまった関節は
急に柔らかくすることはできません。

 

毎日の積み重ねで、
徐々に身体が柔らかくなり、
動きが軽くなっていくのを感じてください。

簡単な股関節ストレッチで、
今日からあなたもスッキリ元気になりましょう!

 

 

最後に

カラダの柔軟は、
健康を保つのに役立つということがお分かり頂けたと思います。

股関節を柔らかくするためには、
ストレッチを習慣にすることで
徐々に柔らかくなっていく事を実感できるはずです。

お風呂の前や後にストレッチをすることで
すこしずつ柔軟性が高まるので、是非やってみてくださいね。

 
 


スポンサーリンク





 

◆こんな記事も読まれています

産後ダイエットに効果的!骨盤矯正のメリットとおススメの運動は!!

妊娠の兆候や初期症状で現れる16個の特徴と注意点を詳しくチェック!

妊娠中の便秘解消でスッキリ!妊婦におススメの運動はコレ!!

ロタウイルスの予防接種の効果!費用は助成金制度を利用できるの?

赤ちゃんが風邪をひいたときにおすすめの離乳食は何を作ったらいいの?

-健康の知恵
-,

スポンサーリンク