ベテラン主婦の知恵袋

ベテラン主婦の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

マナー・例文・手続き

単身赴任の時に住民票を移動する10個のメリットとデメリットは?

2019/02/17

 

 

単身赴任をしたときに、
必ず住民票を移動しなければならないかというと、
実はそんなことはありません。

単身赴任の期間が1年以下の場合や、
週末などに元の家に帰っている場合などは、

住民票を移すかどうかをあなたが選ぶことができます。

一言に単身赴任といっても
何年もの長い間赴任になることもありますし、
1年以内と短い期間の場合もあります。

では、その際に住民票は移したほうがいいのでしょうか?

この記事では、単身赴任の場合に住民票を移す???

メリットやデメリットを詳しく調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

住民票を移動することのメリットとデメリット

選挙権がなくなるって?

住民票を移動すると、

選挙権が3ヶ月間なくなってしまいます。

住民票を移すと、不正な投票を防ぐために

3ヶ月間は選挙に投票できなくなってしまいます。

そんなに大きなことではないかもしれませんが、

ちょっとイヤなことでもありますよね。

 

 

住宅ローン減税は?

住民票を移動すると、
住宅ローンの減税がストップすることがあります。

住宅ローン減税の条件として、
「住宅に住んでいること」というものがあります。

そのため、減税期間中に住民票を移してしまうと、

このローン減税を受けれなくなってしまうおそれがあります。

単身赴任から戻って、
ふたたびマイホームに住み始めれば、

単身赴任中のローン減税分は還付されることになりますが、
単身赴任中は減税措置がされないということは

家計を圧迫するということにつながってしまうおそれも。

 

 

住民税「均等割」の二重払い

単身赴任で住民票を移したら、
住民税が単身赴任先と家族が住む居住地の2カ所にかかる場合があります。

地方税法で「家屋敷税」というものがあり、
居住する市区町村以外に家屋敷を有する方を対象にしたものです。

持ち家に限らず賃貸契約の場合も該当します。

金額として3,000円~5,000円ほどかかります。

 

 

運転免許証のデメリット

住民票の移動をしない場合は、
免許更新のはがきが旧住所に届くことになります。

そして更新に行く場所も旧住所に近い場所になってしまうことに…。

旧住所が離れているとちょっと面倒くさいですよね。

自動車の購入も手間がかかるので、
そういった場合は住民票を移したほうが良いと言えます。

 

 

自動車関係

以下の2点の際に、手間がかかるようです。

・車庫証明

・自動車の購入

 

 

住民サービスの利用できないって?

住民票を移さないと、
区や市でやっているスポーツ施設などが使えないことも・・・。

私も利用しているのですが、
区や市でやっているスポーツジムは民間のジムよりもかなり安く、
使い勝手が非常にいいです。

しかし、住民票をちゃんと
移動していないと使うことができない可能性があります。

施設によっては、住民票を移動していなくても、
健康保険証の住所や公共料金の支払い証明書などでも大丈夫なことがあります。

 

健康保険証は住民票と関係がない

通常、普通に引越しをした場合は、住民票を移して、

健康保険証の住所も変えることになりますが、

住所が違う場合でもちゃんと発行はしてもらえます。

 

 

介護保険の料金が違う

自治体によって、
年間21,400円から71,300円と大きな差があります。

あまりにも高いところに住民票を移すと大変かも…。

 

 

印鑑証明が消えるって?

住民票を移すと、以前の印鑑証明登録は消えてしまいます。

新しい住所で新たに印鑑証明を取り直さなければいけません。

 

 

住民票移動した場合の『世帯主』の問題

世帯主であるパパが住民票を移動させると、
残った家族の誰かが世帯主になります。

普通はママかな?

心配なのが、世帯主の居場所により決定する住民税の問題です。

これは年末調整で本人が住民票の住所を記入するれば問題ありません。

万が一住民票がない、
単身赴任先の住所を書いた場合は、
色々と確認される可能性がありますが、

最終的に二重に発生することはなく精査されます。

 

 

単身赴任時に住民票を移すことは法律で義務付けられているの?

では、法律的に単身赴任時に
住民票を移さなければならないという規定はあるのでしょうか?

実際にそのようは法律はありません。

一応単身赴任の際には
単身赴任の期間が1年以下の場合、

週末や季節ごとに元の家に帰ってくる。
(生活の本拠地が元の家にある)

このような場合には特に住民票を移す必要はありません。

大概の単身赴任の場合には
元の家が生活の拠点になっていると思いますので、

特に住民票を移さなければならないということにはならないのです。

 

 

 

最後に

単身赴任だと住民票を移動しない人が多い。

多くの人が単身赴任の場合は、住民票を移動しないようです。

パスポートの申請は、
会社に「居所申請申出書」を書いてもらうことで
住民票を移してなくても取得することができます。

とはいえ、まったく元の家に帰らず、
長い期間単身赴任をするような場合は

住民票を移動しておいたほうが良いでしょう。

単身赴任を長期間行う場合、
住民票もうつさなければならないと考える人も多いと思います。

しかし、
特に会社からの規定もなく自分自身の必要性も感じなければ、
総合的に考えても住民票はうつす必要はないと思いますよ。

 

 

◆こんな記事も読まれています

結婚式の友人スピーチ!失敗しない7つのポイントと文例まとめ!!

母の日のメッセージカード文例!カーネーションに手紙を添えて母に感謝を贈ろう!!【36例文】

入学祝いメッセージ!小学・中学・高校・大学の言葉や祝電の文例とは!

喪中はがきの返事の書き方と文例!お供えの品も送る場合はどうすればいいの?

例文でみる「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方とは!

新入社員の入社式挨拶のポイント3つ、重要キーワード4つと挨拶例文8つをご紹介!!

卒園式ので謝辞!2つの例文であなただけの感動する謝辞の書き方とは!!

結婚式の新郎スピーチ!感謝が伝わる謝辞の書き方と5つのアドバイス!!

暑中見舞いの時候の挨拶とその例文!先生と恩師、上司やお客様にはどう書けばいいの??

香典の郵送方法は?手紙に使う例文は?注意すべきことやお返し不要の場合は?

 
 


スポンサーリンク






 
 

-マナー・例文・手続き
-, , , , , , ,

スポンサーリンク