ベテラン主婦と会社員の知恵袋

ベテラン主婦と会社員の実体験にもとづく役に立つ情報をトコトンお伝えします!

健康の知恵

冷え性改善のレシピ3選! 血行を良くしてカラダを温める食品とは?

2018/09/15

 

冷え性の原因には、
さまざまなものが挙げられますが、

主に血行不良や貧血から
起こってくるのが多いですね。

 

特に思春期や更年期の冷え性は、
ホルモンバランスや自律神経の乱れから
毛細血管の血流が悪くなって起こると考えられています。

また、脂肪分の多い食事や
甘いもののとりすぎによっても血行は阻害され、
冷えを感じてしまうものですね。

この記事では、
カラダの血行を良くして、
冷え性を改善するためのレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

なぜ冷えは良くないのでしょうか?

体が冷えることによって代謝や血の巡りが悪くなると、

頭痛、便秘、頻尿、月経痛、むくみ、肌トラブル、イライラなど、

体全体の不調に繋がります。

逆に体温が1度上がると免疫力が上がると言われ、
病気にかかりにくい体になります。

基礎代謝も約10%もアップして、
痩せやすくなるなど良いことずくめですよ!

 

「寒邪」や「冷え」に負けないように、体の中から温めましょう。

 

 

なぜ、血行を良くすると冷え性の改善になるのか?

私たちのカラダは、
毎日摂取する飲食物の影響を受けています。

冷え性の予防には、
血行を良くしてカラダを温める食品を意識して
摂ることが重要です。

冷え性の中でも、とくに厄介なのが、
筋肉の緊張が高まったときの「悪寒戦慄」です。

悪寒戦慄とは、
あの全身の筋肉が寒さで
ガタガタ震えるときの状態です。

 

この筋肉の震えによって、
すばやく熱が生み出され、
寒さが緩和されるのです。

でも、寒さは緩和されるのですが、
熱を生み出すために、深刻な悪寒を感じやすくなります。

そこで効果的なのは、

香辛料などの辛いもの、
唐辛子やこしょうなどのスパイスは、

カラダを温めるものが多いです。

 

そのため、
香辛料などのように辛いものは、

基本的に胃腸を活性化して消化呼吸を助け、
血行を良くして代謝を活発にするという作用があります。

その血行を良くして、
代謝を活発にすることにより、

カラダが内面からポカポカと温まり、
冷え性の改善に大きな効果を発揮するのです。

 

 


スポンサーリンク






 

血行を良くしてカラダを温める食材とは!

血行を良くする食材

ショウガ
唐辛子
ニンニク
ごま
シイタケ
小松菜
ホウレン草
朝鮮人人など

 

カラダを温める食材

大根
にんじん
ごぼう
ショウガ
唐辛子
ニンニク
大葉

 

 

冷え性を改善するレシピ3選!

ゆず入り葛藤(冷えと風邪の予防に!)

材料(2人分)

①葛粉  : 小さじ1+1/2杯

②ゆず  : 1個

③はちみつ: 大さじ1杯

④水   : 1+1/2カップ

 

作り方

①ゆずの絞り汁に水を加えて、葛粉を溶き入れる。

②①を鍋に入れ、よくかき混ぜながら中火にかけ、はちみつを加える

③とろみがついて、透明になったら出来上がり。

 

 

野菜たっぷりふっくらつみれ鍋(ビタミンEで血行促進!)

材料(2人分)

①つみれ

いわし  :大3尾
長ネギ  :1本(みじん切り)
ショウガ :1斤(みじん切り)
酒、醤油、片栗粉を各大さじ1杯

②七味唐辛子:少々

③シイタケ :4個

④大根   :150g(4㎝くらい)

⑤にんじん :30g(4㎝くらい)

⑥春菊   :1/3束

⑦ビーフン :10g

⑧だし汁  :3カップ

⑨味噌   :小さじ1杯

⑩コチュジャン  :小さじ1杯

⑪酒    :大さじ2杯

⑫醤油   :小さじ1杯

 

作り方

①材料の①でつみれをつくる。

②いわしは、3枚に下ろすか手開きにしてから包丁で刻み、
長ネギとショウガを加えて叩き合わせる。

③①をボールに移し、酒、醤油、片栗粉を加えて混ぜ合わせ、
ひと口大のボウル状に丸める。

④大根は短冊切り、にんじんは千切り、シイタケは半分に切り、
春菊はざく切りにする。

⑤鍋にだし汁を入れ、味噌、コチュジャン、酒、醤油を加えて
煮立ってきたら②を入れ大根、にんじん、シイタケを加えて
4~5分煮る。

⑥⑤に春菊、ビーフンを加えてひと煮立ちさせて出来上がりです。

 

 

小松菜風の中華風ピリ辛炒め(カラダがすぐに温まる!)

材料(2人分)

①小松菜  :200g

②長ネギ  :5㎝

③ショウガ :1斤(みじん切り)

④ニンニク :1斤

⑤鶏レバー :200g

⑥油、大さじ:1+1/2杯

⑦塩    :少々

⑧豆板醤  :小サジ1杯

⑨酒    :小サジ1杯

⑩醤油   :大ザジ1杯

 

作り方

①小松菜は根本から切り落とし、5㎝ずつの長さに切る。

②鶏レバーは、冷水に5分ほど浸して血やよごれを落とし、
しっかりと水気を拭き取ってからひと口大に切る。

③フライパンに油大サジ1/2を熱し、
小松菜の茎を炒めて塩をふりかける。

④フライパンに残りの油を入れ、長ネギ、ショウガ、ニンニクを炒める。
香りが出たら鶏レバーを加え、色が変わったら豆板醤を入れてさらに炒め、
酒と醤油を加える。
4~5分煮る。

⑤鶏レバーに火が通ったら③と小松菜の葉を加えて
サッと炒め合わせて出来上がり。

 

 

 

薬膳ドリンクで冷えとり!

しょうが紅茶

紅茶にしょうがを入れるだけでも薬膳ドリンクです。

紅茶は茶葉を発酵させているので体を温める作用があります。

しょうが好きな方はお好みの量を入れてください。

しょうがパウダーやスライス、すりおろしたしょうがでも構いません。

甘みが欲しい時は、

「はちみつ」を足すと風邪や肌の乾燥予防に、

「黒糖」は冷えからくる月経痛などに効果的ですよ。

 

 

甘酒シナモンドリンク

甘酒を温めて、シナモンスティックか、
シナモンパウダーをお好みの量入れるだけ。

こちらも簡単薬膳ドリンクですが、
体を温めるには抜群です!

甘酒は「飲む点滴」とよばれるほど
栄養価が高く、美肌にも良いと言われているほか、

腸内環境も整えてくれます。

そこにスパイシーな香りのシナモンで、
さらに温活力をアップ!

寒い日に作ってホッと温まってください。

 

 

 

○○の仕方しだいで冷え性対策ができるって?

例えば、冷房強くて
カラダが冷えすぎている時などに、

5秒くらいかけてゆっくりと
鼻から肺いっぱいに空気を吸い、

15秒くらいかけて
口から細く長く吐き続けると

副交感神経が興奮してきて、

血流が増し、手足が暖かく感じてきます。

 

一方、逆に浅くて速い呼吸を繰り返していると、

今度はカラダを温める媒体である血液も
熱が奪われることで消耗するので、

適当にカロリー補給しないとい、

次第にカラダ全体まで冷えてしまうことになります。

 

ストレスの多いです現代社会では、
浅くて速い呼吸をする人が増えてきているので、

つねに適度な栄養補給を心がけていることが大切です。

 
 


スポンサーリンク






 

最後に

胃腸の丈夫な人は冷え性になりにくいのですね!

なぜなら、

私たちの熱生産の6割が筋肉で行われていて、
そのカロリー源は食事から吸収された糖分であるからです。

胃腸が不調だと、
痩せてきて熱放射も高まり、
冷えやすくなるので、

胃腸を健康に保つことは
冷え性に改善にも繋がるのですね♪

 

 

◆こんな記事も読まれています

冷え性を改善する食べ物と飲み物やスパイスは何?効果的に体を温めるモノとは!

ウルトラ蒸ししょうがの効果とは!作り方も簡単でダイエット効果もスゴイ!!

枝豆の栄養効果とイソフラボンの効能がスゴい!でも食べ過ぎは危険の理由とは?

カスピ海ヨーグルトの効果効能と作り方!栄養素がてんこ盛りで手作りしちゃおう!!

とうもろこしの簡単なゆで方は塩にあり!ガッテン流のゆで方の3つの注意点とは

 
 


スポンサーリンク






 
 

-健康の知恵

スポンサーリンク